江戸川区善養寺お餅つき大会!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

江戸川区善養寺お餅つき大会

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

江戸川区東小岩にある善養寺という影向の松で有名なお寺の一角で行われるお餅つき大会があります。

きなこもち、いそべ餅、あんこ餅、と誰でも無料でお餅が食べられますよ。

つきたてのお餅は美味しいですね。

 
 

○○の楽しみ方・見どころは?

みどころ
つきたてのお餅を食べれるところがとてもよいです。
杵をつかって目の前でつくお餅は迫力があり、より一層美味しさを引き立ててくれます。
 
 
お餅は割り箸で食べる形になります。
小さいお子さん用のフォークやスプーンの用意は毎年ありません。
 
 
持ち帰りたい場合は、スーパーのレジ袋に入れてもらえますので、持ち帰ることも可能です。
小さなお子様からお年寄りまで、幅広い世代の方々が毎年参加されています。
 
 
地域の交流の機会として参加なさるのもよい機会かもしれません。

人気のお餅はきなこもちです。
数に限りがあるため、特にきなこもちは早めに並ばれることをオススメします。

近隣情報

お餅つき大会会場の善養寺のお隣は江戸川病院という地元では有名な総合病院です。
江戸川病院の院内は、廊下に絵画が飾ってあったり、天井に絵が描いてあったりなど、病院とは思えないようなつくりとなっています。
 
 
逆にそれが病気で気力が下がっている患者の気持ちも切り替えてくれる材料になっているようです。
その取り組みが話題となり、テレビ取材などで何度が取り上げられていることもありました。
 
 
また、江戸川病院の理事の中には、ノーベル物理学賞を受賞された小柴先生がいらっしゃいます。
小柴先生がノーベル物理学賞を受賞されたときには、病院内に垂れ幕がかかりお祝いされていました。
 
 
病院内にはカフェスペースなどもあるため、お見舞いの人などが休憩で利用することもできます。
もしも時間があれば江戸川病院に立ち寄ることもオススメします。
 
 
きっと病院らしくない院内にとても驚かれるとともに、新たな発見もあるかもしれません。
総合病院なので外来患者さんや入院患者さんもたくさんいらっしゃいます。
 
 
もし立ち寄られる場合は、マナーを守ってお立ち寄りください。
奇抜な絵画や天井は一見の価値があると思います。

 
 

Sponsored Link

開催場所と開催時期、日程

開催場所:
東京都江戸川区東小岩2丁目 
善養寺

開催時期:

毎年12月上旬の土曜日午前中に開催

 
 

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:

JR小岩駅から徒歩15分
京成江戸川駅から徒歩15分
JR小岩駅からバスで7〜8分江戸川病院前下車徒歩5分

近くに有料駐車場はありませんので、
公共機関を使ってお越しください。

 
 

Sponsored Link

混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

施設に、屋根はなくベンチなどは数に限りがあるので座れない場合もあります。

お餅つき大会の関係車両以外は、お寺の駐車場の使用できません。
駐輪場は止められます。
 
 
公共交通機関をご利用いただくか、近隣のコインパーキングをご利用ください。
ベビーカーで利用できます。
 
 
ただ、境内の中は土ですので、スムーズにベビーカーが押せるかはわかりません。
境内内には屋根になるようなところがありませんので、日差しが気になる方は帽子必須です。
 
 
善養寺の影向の松はテレビで取材をされたりなどした地元ではかなり有名な観光名所となっています。
お餅つき大会のついでに、松をみて帰るのもとてもオススメです。
 
 
松を見るエリアは石畳みとなっていますので、ベビーカーや車椅子の方は気をつけてください。
杖を使って歩く方も、ガタガタしているのでお気をつけください。
 
 

老若男女問わず誰でも参加できます。地元住民でなくとも並べばお餅が食べられます

Sponsored Link

まとめ

つきたてのお餅が食べれるのがとても嬉しいです。

美味しいですし、目の前でお餅をつく姿をみるのは、小さいお子さんなどは喜んでいます。
 
 
お餅の大きさがそんなに大きくないため、お腹がいっぱいになるのも抑えられ、いろいろな味を味わうことも可能です。
 
 
毎年きなこもちが大人気です。
早めに並ぶことをオススメします。
 
 
お年寄りから小さなお子様まで、幅広い方々が毎年ご参加されています。
地域交流の機会と捉えて参加なさるのもいいかもしれません。