廊下のワックス剥離しちゃうとめちゃ大変…剥離の防ぎ方とは

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

はじめに
たまにはまじめにフローリングの床を雑巾でふいてみよう。
そう思って廊下を雑巾がけしていたら、
ふと目に入った水滴みたいな白い跡。
 
 
あれ、何だろう?
水にぬらした雑巾でこすってみても全然取れない…
 
 

調べてみたらフローリングの床にかけてあった
ワックスが部分的に剥がれた跡なんだって。
知らなかった。
 
 
そして一度できちゃうと、白くなった部分だけ
ワックスをかけなおすわけにはいかないっていうのも
初めて知った。
正直ショック。
 
 
どうにかして直したいけど
いったん部屋、もしくは廊下全体のワックスを剥がしてから
色んな道具を使ってワックスをかけなおすしかないとか、
考えただけでめんどくさい。
 
 
業者さんに頼んだら万単位のお金が必要っていうのも
正直わずらわしいな。
 
 
知ってたらはじめからカーペットか何かを敷いて
廊下に水がこぼれたままにならないようにしてたのに…

というかカーペットを敷いてしまえば
これ以上ワックスが剥がれるのも防げるし、
それどころか、もうできてしまった剥がれも隠せるかもしれない!

そうだ、廊下用カーペットを探してみよう!

廊下に合ったカーペットを切り売りしてるって本当?

そもそも廊下に敷く用のカーペットなんてあるの?
 
 
実はあるんです!
 
 
廊下に敷けるような幅の狭いカーペットは
各地の家具屋さんでも販売しています。
 
 
また、スマホやパソコンを使って
インターネットで検索すれば
10cm単位で廊下用カーペットを販売している通販サイトも
たくさんヒットします。
 
 
値段もプチプラなものから
高級路線のものまでたくさんあるので、
探すのはちょっと大変かもしれませんが
予算に合ったカーペットがきっと見つかるはずです。
 
 
種類もすぐに思い浮かぶようなごく普通のものだけでなく、
 家で洗濯ができるもの
 防音タイプ
 すべり止め付き
 暑さ対策用
 寒さ対策用
 水をはじくもの
 燃えにくいもの
 汚れ対策済み
 防虫効果があるもの
 防菌加工
 消臭加工
 床暖房・ホットカーペット対応
など、いろいろな機能を持ち合わせたものが
たくさん見つかります。
 
 
また、色、柄、素材や毛の長さも本当にたくさんの種類があります。
 
 
だから、殺風景になりがちな廊下も
カーペットを使って変化をつけることができるんです。
 
 
これなら子ども連れでも
シニアがいる家でも
ペットを飼っていても
ひとりぐらしでも
気に入ったカーペットが選べますね。

Sponsored Link

お手頃でもいい感じ!お値段以上なニトリのカーペット

インターネットで色々調べてみたけど
色々と種類が多すぎて選べない。
実物を見てから買いたい。
できたら安いのがいい。
 
 
そんな場合はおなじみのニトリで
廊下用カーペットを探してみるのはいかがでしょうか?
 
 
お店に行くと色、素材、柄、毛足の長さも様々な
数十種類のカーペットが実際に展示されているので、
お店で手触りや雰囲気を確認することができます。
 
 
やっぱり実物を見て、さわるからこそ
初めてわかることってありますもんね。
 
 
それに実物を見ることで
実際に自分の家に置いた時のイメージも
ありありとわいてくると思います。
 
 
もちろんわからないことがあったら
店員さんと相談しながら選べるのも心強いですよね。
 
 

そしてカーペットの種類によっては自分が欲しいサイズのものを
オーダーできるサービスもやっています。
 
 
2000円程度で切った端がほつれてこないように
加工してくれるサービスもありますよ。
 
 
これなら
買ってサイズが合わない、
端っこがほつれてきて汚い、
といった失敗を避けることができますね。
 
 
もちろん値段もリーズナブル。
まさにお、値段以上!ってところでしょうか。

Sponsored Link

まとめ

自分の家の廊下でワックスが剥がれたところを見つけてしまった…
その時はちょっとショックを受けたかもしれません。

でもカーペットで廊下を飾ってしまえば、
ワックスの剥がれも隠せるし、
そのうえ廊下を飾るという新たな楽しみが見つかるはずです。

落ちこまずにぜひ試してみてくださいね。