AGA治療

AGAが低年齢化している?その原因とは!【若ハゲに注意】

投稿日:

「まだ若いから大丈夫」

AGAや薄毛・ハゲというのは加齢と共にやってくると思っていませんか?
実は薄毛の兆候は10代から現れてくるんです。

さらに、30代になると薄毛が顕著に現れ、薄毛治療が本格的に必要となってきます。
若いうちから対策をしっかりしておくと30代、40代になっても健康的な頭皮を維持することができます。
しかし、まだ若いからと疎かにしてしまっているとあっという間に薄毛に悩まされる未来がやってくるでしょう。

今回はそんな若年層にも増えてきている薄毛・AGAの原因を徹底解説していきます。

752624b50c05b0fee8828d3190e8084e s

AGAになりやすい年齢ってあるの?

一般的に薄毛が気になり始める年齢は30歳前後と言われています。
しかし、薄毛の兆候に気づきはじめるのは20代前半からとも言われているため、AGAや薄毛は20代前半から進行しているものと考えられます。

そもそもAGAは成人男性みられる薄毛の症状。
年齢にかかわらず成人男性であれば、全ての人が薄毛になる可能性があるんです。

若い人がAGAになる原因とは

では、何故若い人がAGAになってしまうのでしょうか。
それは若い人ならではの理由と原因が隠れています。

ここからは若い人がAGAになる原因について解説していきます。

環境の変化

20代といえば、新社会人になる節目。
学生から社会人になることで、今までとは違った環境の変化から知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまう人が多くいます。

さらに、30代に向かうに連れて結婚などでライフスタイルが変化する人が増えてくるのもこの年代。
気づかぬストレスが原因でAGAや薄毛になってしまっていると考えられます。

仕事のストレス

  • 仕事で上手く行かない
  • 上司と反りが合わない
  • 職場に不満がある

若い人にとって仕事のストレスとはいうのはとても大きな問題です。
このストレスが溜まりに溜まった結果、髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

飲酒・喫煙

成人を迎えると解禁されるお酒にタバコ。
適度なお酒は健康に良いとされていますが、タバコに関しては百害あって一利なし。
お酒も適度な量を越してしまうと毒になってしまいます。

タバコやお酒が髪の毛に影響することもよく知られています。
何事もほどほどにするようにしましょう。

早めの対策がAGAを食い止める。

会社のストレスや環境の変化は致し方ない部分があります。
しかし、そのまま放置してしまっていては薄毛は進行するばかり。

早め早めに育毛剤などで頭皮のダメージをケアしてあげる事が重要となってきます。
若いからまだはやい!と思わずに、早めに育毛剤などを使用して頭皮をケアしてあげましょう。

無添加無香料のチャップアップなら、使用していることを周囲に気づかる心配もなく、豊富な有効成分が髪の毛を元気にしてくれます。
さらに頭皮の保湿効果まであるため、普段のヘアケアと合わせて使用することで、今まで以上に力強い髪の毛へと育てることも可能です。

  • 最近ストレスがヤバイ
  • 将来が心配

そんな風に思い始めたらまずはチャップアップをお試しください。

-AGA治療

Copyright© チャップアップの効果は?抜け毛防止と増毛活動実践記! , 2017 All Rights Reserved.