AGA治療

今すぐに禁煙しよう!薄毛になる原因はタバコにあった!

投稿日:

喫煙者にとって肩身の狭い社会になってきた。そんな声が囁かれるようになってきた昨今。
たばこ税は増えるのに、髪の毛は減る一方の悩んでいませんか?
そんな方は今すぐ禁煙をはじめましょう。

実はタバコが薄毛の原因になっているからです。
タバコは体に悪いと分かっていても、髪にも悪いというのを知らなかったという方はきっと多いはずです。
今回はタバコが薄毛の原因になる理由を徹底解説いたします。

薄毛の原因はタバコにあった!

D8619596658f90d0000c8c5d9e29c216 s

タバコが髪にあたえる影響とは

タバコには200を超える有害物質が含まれており、

  • 血管を収縮させる
  • 髪の毛の生成に必要なビタミンを破壊する
  • 肝臓機能を低下させる
  • 男性ホルモンを分泌させる

といったように育毛に限らず体全体に様々な悪影響があります。

血管が収縮されるとどうなる?

タバコに含まれる有害物質の中で一番有名なのが「ニコチン」です。
このニコチンには血管を収縮させる作用があるため、体全体の血行を悪化させる原因となります。

もちろん頭皮へと栄養を送る血管も収縮されてしまうため、どれだけ栄養満点の食事をとっていたとしても髪の毛まで上手く行き届かなくなってしまいます。

ビタミンが破壊されるとどうなる?

タバコを吸うことによってビタミン類を大量に消費・破壊する事をご存じの方も多いかと思います。
育毛において、ビタミンはとても大切な栄養素の一つです。
ビタミン類は髪の毛が生成される際にとても大切な栄養だからこそ、喫煙によって消費されてしまうことは、育毛の妨げになるといっても過言ではありません。

肝臓機能が低下するとどうなる?

タバコの有害物質によって肝臓が悪くなってしまうと、栄養素がうまく作られなくなってしまい、髪の毛まで栄養が行き届かなくなってしまいます。
更に肝臓は一度悪くなってしまうと、治すことがとてもむずかしい臓器としても知られています。
日常的にタバコを吸っている方は、育毛のためだけではなく健康のためにも禁煙を始めることをおすすめします。

男性ホルモンが分泌されるとどうなるの?

男性ホルモンが分泌されるとAGA・薄毛の原因でもあるDHT(ジヒドロテストロン)の分泌を増加させます。
このことが原因で、薄毛が進行してしまうのです。

男性ホルモンとDHTが結びつきやすいかは人によってことなりますが、タバコを喫煙することでDHTが増加すればそれだけ薄毛の原因になる可能性も上がってしまうということ。
髪の毛の薄さが気になり始めたら喫煙は控えた方が良いでしょう。

喫煙は育毛の敵。

  • 髪の毛が最近薄くなってきた
  • 少しでも育毛効果を高めたい!

もし喫煙者の中でこう思っている方がいれば、今直ぐ禁煙をはじめましょう。
タバコは百害あって一利なしです。

-AGA治療

Copyright© チャップアップの効果は?抜け毛防止と増毛活動実践記! , 2017 All Rights Reserved.