2019年も大学駅伝が熱い!注目の強豪校とスター選手を一挙紹介

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

毎年大学駅伝は注目されています。

それは年々増しており、年始は往路と復路それぞれテレビ局が独占中継を組むほどです。

居並ぶ多くの面白い番組そっち抜けで大学駅伝にはまる人が続出しています。

なぜ毎年大学駅伝は注目されるの!?

大学駅伝が注目される理由としては2点挙げられます。

1点目はマラソンの人気が年々上昇していることに因ります。

東京や大阪など有名どころのマラソンはもちろん多くの都市で開催されるマラソンはすぐに抽選になるほど人気を博しています。

日本人の平均寿命が上がると共に健康志向が人々の間で強まっています。

いつまでも若々しい体でいるためには適度な運動が必要になります。

マラソンはすぐに始められて誰でも走るという動作がし易いので、人気のスポーツになっています。

特別な道具を用いず今有る物で手軽に出来る点もメリットです。

大学駅伝はマラソンのエキスパートと言える人が走っているので、自身の走りと比較して参考にする人が多いのです。

2つ目は大学駅伝で起こるドラマです。

人は頑張っている努力が報われたときに最も感動します。

大学駅伝はたとえその学校の卒業生でなくとも走りを自分自身に重ね合わせることが出来るので、ゴールした瞬間感動を覚えます。

このため、大学駅伝は年始のビッグコンテンツたり得るのです。

Sponsored Link

大学駅伝の毎年上位入賞の強豪校をおさらい

いの一番に挙げられる強豪校はやはり早稲田大学です。

圧倒的な実績を誇っており、常に3位以内にいるので、ライバル校として位置づける他大学がほとんどです。

他の追随を許さぬほどの部員数を誇っており、レギュラーメンバーに選ばれるまでが死闘です。

大学内での競争が激しすぎるので、本番でも余裕を持って自分の走りに専念できるのです。

インタビューを見ていても早稲田大学の選手は堂々としており、ついさっき走っていた選手にマイクを向けても自分の走りを冷静に分析してくれます。

次は今年も優勝筆頭候補に挙げられる青山学院大学です。

なんと言っても近年の成績がずば抜けており、他大学の成績が可愛く見えるくらいの強さです。

往路と復路のどちらも強いのが特徴で、弱点がありません。

どの区間を走るランナーにも指導者の指導が骨の髄まで浸透しており、メンタルが非常に強いです。

自分自身に勝つことが出来るので他人の走りに惑わされることがありません。

もちろんチームのタイムに関して冷静に判断することが出来るので、手のつけようがないほどです。

よほどのことが無い限り次も優勝するでしょう。指導者の指導も生徒の自主性を促す効率の良いものなのでしばらくは天下が続きそうです。

強豪校だけじゃない!今年注目の学校と選手とは?

2019年注目の学校と選手ですが、P.M.ワンブィが所属する日本大です。

この選手は長距離が得意で優秀な成績をたたき出しています。

長距離に適しているので心拍数に余裕があります。

箱根は区間によってはアップダウンが激しい難所を走るコースがありますが、この選手をその区間にあてることによって、他の選手の個性を十分活かして作戦を練ることが出来ます。

適材適所のメンバー配置が出来る日本大は次の箱根駅伝では台風の目になること間違いないでしょう。

大エースがいることでチームの一体感が高まるのも上位入賞できるチームの特徴です。

L.キサイサが所属する桜美林大学は一気に並み居る強豪をごぼう抜きする可能性を大いに秘めています。

前述の日本大の大エースを日本インカレ長距離において余裕を持って抑えた上での1位を獲得するほどの強者です。

時間的にも圧勝と言って過言ではありません。

確かに上位校ほどの実力は大学レベルではまだありませんが、箱根駅伝に向けて猛特訓しており、シードを獲得できる可能性は大いにあります。

超大エースがいることでチームのレベルがアップすること間違い無しです。

L.キサイサ選手をコーチとして仰ぐことで、誰もが理想の走りが出来る分台風の目になります。

Sponsored Link

大学三大駅伝の見どころを知ってもっと駅伝を楽しもう

大学三大駅伝の見所は走る場所によって選手や大学の得意不得意が見受けられることです。

このため、青山学院大学と言えども全力を出し切らなければ優勝できない可能性が大いにあります。

コースが違うだけで多くの選手はそのコースに適した走りをしなければなりません。

一方で敢えてそれをせず最も難しいコース用の筋肉をつけた上で、他のコースは気合いで乗り切るという作戦をとる大学もあります。

大学それぞれで作戦が違うので上手い具合にはまったときほど楽しいことはありません。

一方で、一筋縄ではいかないという裏返しになります。

優勝候補が一つボタンを掛け違えただけであっという間に上位から転落することはザラに見られるからでえす。

それほど駅伝は過酷でだからこそ見る者の心を打ちます。

テレビでミカンを食べながらこたつに入ってのんびりと観戦するのも良いですが、外に出て実際に走っている様子を体感することも楽しむコツです。

他のスポーツと異なり、駅伝ルートにさえいれば、観戦料はただです。

選手をかなり近い距離で応援することが出来るので、大学の仲間と示し合わせて後輩にエールを送るのもまた醍醐味と言えます。

いろんな楽しみ方がある大学三大駅伝はより有名になります。