脅威の損害をもたらす台風!対策を始めるなら窓から始めるべき!?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今年の台風は毎週のようにやって来ています。

その中でも威力の強い大型の台風もいくつか日本を直撃しました。

私の住む街でも木が何本も倒れたり、屋根が飛んだり、ベランダの壁が飛んだり停電にもなっていました。

そして体験してわかったのが、本当に怖かったのは風でした。

今の家の窓は二重窓でとってもしっかりしてますが、鍵をしめても窓ガラスがガタガタ揺れる体験は初めてだったのでとても怖かったです。

うちにはシャッターが付いていたので窓がわれたら終わりだと思いシャッターを閉めました。

そして、台風対策で1番は窓だと思いました。

窓ガラスがわれたら、ガラスの破片は雨風と共に家の中に入ってきます。

ガラス片が当たっても危ないし、床にも飛び散り、さらに危険です。

そして雨で床は濡れ、雨に当たった電化製品は壊れてしまいます。

皆さんの家が必ずしもシャッター付きとは限りません。なので窓ガラスの台風対策教えます!!

台風が来たときの窓ガラス対策で重要なこと

風の力のみでガラスがわれてしまうことは、少ない事です。

なので、ほとんどが台風で飛んできた物がガラスにぶつかりわれるケースです。

強風で飛んできたものは小さなものでも威力はすごいです。

なのでその小さなものでもガラスはわれてしまうことがあります。

飛んできたものがガラスに当たらないように対策をしましょう。

まず台風が来る前にやっておく事は家の周りやベランダに置いてあるものを中に入れましょう。

雨戸やシャッターがない方におすすめなのは防風ネットです。

沖縄では台風が多いのにもかかわらず、シャッターなどがある家が少ないです。

そこで皆んなが台風対策でやるのが防風ネットです。

ガラスが万が一われたとき飛び散らないようにフィルムやP-カットテープや台風防災用テープなどを窓に貼っておくといいです。

ガムテープだと剥がすときにくっついたりするので気をつけて下さい。

Sponsored Link

実は台風対策が必要なのはコッチ?うちのカーポートは大丈夫?!?

カーポートは本体が壊れないようにあえて飛ぶようにできています。

本体が壊れるとまた莫大な費用がかかりますが、カーポートの屋根は場合によっては、飛んでもその屋根をまた使える事があるようです。

ただ、ご近所の方に迷惑をかけるような事があってはこまりますよね‥。

なのでカーポートも台風対策が必要になってきます。

屋根は針金などで本体としっかり固定し、本体もロープなどで建物や重りに固定しましょう。

カーポートは風に強いものも出ています。

そして風速何メートルまで耐えられます。と記載もされているので、今一度何メートルまで耐えられるか確認しておくといいですね。

台風対策は防ぐだけじゃない!停電に備えて太陽光の活用を!

停電になって太陽光パネルがあると確かに便利かもしれませんが、メリットだけではありません。

-メリット-
停電時に太陽が出て入れば電気が少し使える。

夏は涼しく、冬はあったかい。

電気代が安くなる。

電気も蓄電できる。

-デメリット-
太陽が出ていないと使えない。

費用が高い。

電気備蓄を買うと更にお金がかかる。

などがあります。

確かに太陽光パネルをつけると電気代は減りますが、それまでの費用がかかります。

太陽光パネルは日中の太陽の出ているときじゃないと使えません。なので夜は使えません。

そして最大1500wまでしか使えません。

なので、各部屋の電気はつきません。

蓄電池をつけると停電の時には安心ですが、更にお金もかかります。

夏に涼しいのは日中の太陽光パネルが日光を遮ることで室温が下がります。

冬は朝晩太陽光パネルが放射冷却を抑制することで室温が下がりにくくなります。

などなどありますが、本当に停電に備えたい方は太陽光発電と蓄電池セットでつけるのが1番おススメです。ただ費用が高いのが悩みどころですね。