にいがた冬食の陣「当日座」!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

にいがた冬食の陣「当日座」

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

にいがた冬の食の陣ではいくつかの会場であたたかいお鍋や新潟県内のご当地グルメを食べることが出来ます。

新潟といっても糸魚川や柏崎などいろんな場所のご当地グルメがあって、普段は行く機会もないし食べるチャンスもないのでこの毎年の食の陣で新潟を満喫する最高のチャンスだと思います。
 
 

にいがた冬食の陣「当日座」の楽しみ方・見どころは?

みどころは新潟と言えばお酒ですが毎年酒の陣というのも3月にあって新潟の美味しいお酒が勢ぞろいして県外から沢山の方々がいらっしゃるお祭りもやるのですが、それには敵わないですが多少のお酒は取り扱っているのでお酒好きな方は美味しいご飯も食べながらお酒も飲んで、新潟の2月の寒い時期を満喫出来るかと思います。
 
 

私は今は新潟を出てしまって千葉に住んでいるのですが、それでもこの時期になると新潟らしい寒さを感じながら暖かいものを食べに行きたくなります。

 
 
私が今まで行って食の陣で食べたもののおすすめは、柏崎の鯛茶漬けです。

鯛がとってもふっくら柔らかくていいお出汁も出ているお茶漬けで、初めて食べるおいしさでした。
 
 
新潟は2月にどさっと雪が積もりますし、一番寒いとも言えるであろうこの時期にみんな外にあまり出たがらないとは思いますが、このイベントは新潟中のいろんな方や県外からもとっても沢山のお客さんがいらっしゃいます。
 
 
楽しみ方といえばもちろん暖かいものを寒い所で食べるという冬ならではの味わい方だと思います。

 
 
古町や万代シティやふるさと村では食べる場所の椅子と机を出してもらってあるのですが、その場所もすぐに埋まってしまいますのでもし空いてる場所を見つけたなら先に確保しておいた方が良いかと思います。
 
 
みんな目を光らせて場所取りをしているので、ふら〜っと場所を立つのは油断大敵です。
 
 
新潟と言ったらやはり米どころなので、米に関するイベントや美味しい食べ物も出てます。県外の方とかは新潟を満喫するにはもってこいのイベントです。

歩いていると外国の方もいらっしゃるので、いろんな方に幅広く楽しめるイベントとなっているなと思っています。

なんと言っても万代や古町であれば観光客の方でも来やすい場所にあるので、そして交通の便も良いのでお酒が飲めてポカポカになれるというのも魅力的な点です。
 
 
このようなイベントには新潟のご当地アイドルやスペシャルゲストが来てくれる時があるので、そのアイドル目的でいらっしゃる方も沢山いるくらいです。

新潟市の人にとっては毎年寒い時期には欠かせないイベントだと思います。

Sponsored Link

開催場所と開催時期や日程

開催場所:
新潟県新潟市古町やふるさと村や万代シティ

開催時期と日程:
2018年2月10日11日12日の3日間

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

古町や万代シティは有料駐車場であれば何件かパーキングがあります。
ふるさと村は広い駐車場がありますので車で行けます。
 
 
古町も万代シティも新潟駅からバスが出ています。
ふるさと村は道の駅なのでタクシーで行くのが
無難だと思います。

Sponsored Link

混雑具合 来場者数など 子供やお年寄りと行って大丈夫?

万代シティや古町は人が沢山いて子供と行くと迷子になったら見つけられない可能性もあります。

年配の方も足が悪い方だと少し心配ですが、ふるさと村であれば広いスペースでやっているのでまだ良いかと思います。

Sponsored Link

まとめ

新潟は北海道ほどではないですが雪国ですので、2月は雪が降っていてとても寒い時期になります。
 
 
そんな時の暖まるイベント、冬の食の陣という事で寒い所で暖かいお鍋や新潟のいろんなご当地グルメを食べて、かつお酒も楽しみながら暖まれるという魅力的なイベントに沢山の方々にいってもらえたらいいなと思いました。