いろいろ使える物価が優秀なお豆腐を使って時短レシピ!?絹がおすすめ

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

低カロリーで、タンパク質も豊富な食材の豆腐ですが、今回はレシピを中心にお話しして行きます。

豆腐レシピは、電子レンジ活用で、水切りが簡単に

一口に、豆腐の水切りと言っても、料理によって水切りの仕方が違い、電子レンジを活用すれば、しっかりと、水切りが出来ます。

軽く水を切る場合

お豆腐をザルに乗せ、そのまま10分~20分程置いておく。

冷奴や、鍋物、煮物に適した水切りの方法です。

しっかり水切りする場合

お豆腐をクッキングペーパーで包み、ザルに乗せ上に重し(水を入れたバットやまな板など)を乗せる。

そのまま、20~30分程置いておく。

十分に水を切る場合

ボールを下に置いて、その上にゆでてざっとほぐしたお豆腐をザルに入れて乗せる。

10~20分の短時間ですが、わりとしっかりと水切りできる。

お豆腐の形をくずして、料理に使う場合に便利。

急いで水切りする場合

肝心の、電子レンジを使う方法ですが、豆腐1丁(約300㎏)をクッキングペーパー2~3枚で挟んだ後、耐熱皿に乗せます。

そのまま、3~4分電子レンジで加熱します。

レンジの時間ですが、機種によって違ったりするので、調節して下さい。

Sponsored Link

気になるカロリーも押さえて、豆腐を使った簡単レシピダイエット

豆腐は、ダイエット効果にいい事は知られていますが、美味しく調理して、食べたいですよね。

ここでは、豆腐を使った簡単なレシピをご紹介します。

まずは、ひじきや納豆を使った爆弾丼を紹介します。

納豆は中性脂肪、ひじきは痛風、ほうれん草は貧血の予防に効果的な食材なので、是非お勧めしたい一品です。

材料

豆腐150g

納豆1パック

ひじき煮

ほうれん草

たくあん少々

明太子少々

豆腐のたれ1

作り方

1,ひじき煮を作る

2,ほうれん草を煮る

3,具を混ぜて豆腐にかけて完成

コツ・ポイント

明太子は七味や梅ぼしでも代用出来、たくあんは他の漬け物でも、大丈夫です。

次に、納豆絹ごし豆腐ダイエットメニューをご紹介します。

材料

納豆1パック

絹ごし豆腐小1パック

マヨネーズお好みで

青のりや小ネギ、からし(お好みで)

作り方

納豆を大きめの深いお皿に入れ
絹ごし豆腐、納豆の送付のタレを入れ混ぜ、好みで、青のりや、小ネギ、からしを加えるだけです。

ポイント

味が薄い場合マヨネーズがオススメ。

大さじ2杯がかなり美味しく、カロリーが気になる方は控えめにすると良いでしょう。

Sponsored Link

木綿豆腐と絹豆腐の違い

絹ごし豆腐と木綿豆腐は含まれる水分量の違いにより、食感や味わいが異なるため、それぞれの個性を生かした使い分けをします。

食感と味わい

絹ごし豆腐は、豆乳とにがりを容器に入れて固めたもので、水分を多く含んでおり、なめらかな舌触りです。

一方、木綿豆腐はこの固まった豆腐を布を敷いた容器に入れ、圧力を加えて水分を抜いたもので、しっかりとした食感とより濃厚な豆腐の味わいがあります。

適した料理

木綿豆腐はくずれにくいので、ゴーヤチャンプルや、ステーキ等の炒めたり焼いたりする料理に向いています。

ツルリとなめらかな口あたりの絹ごし豆腐は生で食べる冷奴や、サラダ料理におすすめです。

カロリーについては、100グラム当たり72kcal一丁(300グラム)216カロリーの木綿豆腐に対して、絹ごし豆腐は、100グラム当たり56kcal一丁(300グラム)168カロリーなので、絹ごし豆腐の方がダイエットには、適しています。

同じ豆腐なのに、どうして違うのでしょうか?

原因は、水分量の少なさにあり、木綿豆腐は、製造過程で豆腐に含まれている水分をぎゅっと絞ります。

その為、当然ですが水分量は少なくなり、その他の栄養素は増える結果となります。

まとめ

今回は、豆腐についてお話しして来ましたが、豆腐はダイエット効果以外にも老化防止や、血圧を下げる効果もあるので、積極的に取り入れたい食材だと感じました。