時候の挨拶で12月中旬に使いたい言葉は?冬休みの始まりですね!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

12月中旬(11~20日)になると、学校も短縮授業になり、終業式を迎えます。

年末がいよいよ近づいていきたと実感しますね。

年末年始の地域のイベントや役員などの案内文書、学校関係ではPTAから冬休みに向けての案内文書などを書くこともあります。

そんな時にすぐに使える、時候の挨拶を紹介します。

例文もついているので、すぐに使えますよ。

お歳暮の送り状やお礼状など、個人の手紙のやり取りにも使える例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

12月中旬の時候の挨拶のコツ

一般的に中旬は11~20日頃です。

しかし時候の挨拶で季節感を出すときには、二十四節気を基準に考える方法もあります。

12月7日が「大雪」、12月22日頃が「冬至」です。

ざっくりと7日から22日までを中旬と捉えてみましょう。そう考えて時候の挨拶の言葉を選ぶと季節感が出ます。

12月中旬の季節を表す言葉には、「霜寒」「寒気」「激寒」「初雪」があります。

その他に12月を通じて使える言葉として、「師走」「暮れ」などもありますね。

22日の冬至に近くなったころには、「短日」なども季節を感じられていい言葉です。

Sponsored Link

文書に使える時候の挨拶

町内会や保護者会などで文書を作る時に便利な時候の挨拶は、「季節の言葉」+「~の候」「~のみぎり」といった使い方です。

紹介した季節の言葉を当てはめるだけで作れるので、案外簡単です。

例文1:書き出し
「寒気の候、○○自治会の皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じ上げます」
「初雪のみぎり、皆様におかれましてはご壮健のこととお慶び申し上げます」

 

もう少しカジュアルな書き出しにしたい場合は、同じように季節の言葉を使って少し話ことばに近づけてみましょう。
 
「寒気がますます身にしみる頃となりましたが、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます」
 
ちょっとしたアレンジですが、最初の例文よりもグッとカジュアルな書き出しになりましたね。

Sponsored Link

目上の人宛への丁寧な時候の挨拶

習い事の先生や恩師など、目上の方にお歳暮を贈る時もありますね。

品物だけでなく添え状の時候の挨拶にも相手に合せた言葉を選んで使いましょう。

文書の項で紹介した例文なら、そのまま目上の方への手紙に使用しても大丈夫です。

その他にも、使いやすい例文を紹介します。

例文1:書き出し

「師走を迎え何かと気忙しい日々をお過ごしのことと存じます。先生もますますご健勝のこととお慶び申し上げます」

「冬至が近づき寒さがいよいよ厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか」

例文2:結び

「初雪が降り年末に向け厳しい寒さが続きそうです、どうぞお体ご自愛ください」
「霜寒のみぎり、どうぞお体ご自愛いただき、良い新年をお迎えになりますようお祈り申し上げます」

結びの時候の挨拶に付け加えて、相手の体調を気遣う言葉を添えてみましょう。

とても素敵な結びの文章になりますよ。

Sponsored Link

お歳暮の添え状などで使える時候の挨拶

遠方に住む双方の両親や親せき、仕事関係でお世話になった方など、お歳暮を贈りたい人もいますよね。

親しい人にはカジュアルな時候の挨拶でも構いません。本文とバランスを取るようにしましょう。

例文1:書き出し

「暮れも押し迫って忙しい日々をお過ごしでしょうが、風邪など引かずにお過ごしでしょうか」
「日が短くなり夕方がせわしなく感じる日々ですが、いかがお過ごしですか?」

例文2:結び

「寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください」
「今年は年内に初雪が降りそうですね。風邪など引かないようお気を付け下さいね。」

Sponsored Link

まとめ

12月中旬は冬真っ盛り。

寒さも厳しく、さらに年の瀬も迫ってきて、なにかと気ぜわしく感じる季節です。

そんな季節だからこそ、季節を感じる言葉を上手に取り入れて、手紙に表現しましょう。

何気ない一言でホッと感じてもらえるといいですね。

時候の挨拶だからと言って、堅苦しく考える必要はありません。

子どもの幼稚園の様子や学校の様子を取り入れた時候の挨拶でも大丈夫です。

季節に合った生活感が表現できていれば、必ずしも辞書に載っている言葉を使わなくてはいけない、なんてことはありません。

紹介した例文を参考にして、自由にアレンジができます。

あなたが感じた季節感を素直に表現して、素敵な時候の挨拶を作ってくださいね。