時候の挨拶で12月下旬にふさわしい言葉!年末から大晦日の季節感とは?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

12月下旬(21~31日)ともなると、年末も押し迫って気持ちも慌ただしくなりますね。

そんな時に時候の挨拶が必要な手紙を書くこともあります。

お歳暮のお礼状がまだ残っている、などの個人的なお付き合いの手紙を書く場合もあります。

さらに新年の準備のお知らせなどの町内会むけの文書もあります。

そんな時に使うのにふさわしい、12月下旬の季節を表現する言葉を集めました。

どんな言葉が年末にふさわしいのか、時候の挨拶に使える言葉を、例文と共に紹介します。

12月下旬の時候の挨拶のポイント

12月下旬はだいだい21日を過ぎてからのことです。

二十四節気の一つ「冬至」(12月22日頃)を目安にしてもいいですね。

22日以降は「冬至」「年末」「歳末」「歳晩」「忙月」など、年の終わりを連想させる言葉がつかえます。

その他にも、「短日」「年の瀬」「暮れ」なども12月下旬にはふさわしい言葉ですね。

Sponsored Link

お歳暮の添え状やお礼状に使える時候の挨拶

ちょっと遅くなりましたが、お歳暮を贈る時の添え状やお礼状に使える例文を紹介します。

例文1:書き出し
「年の瀬がいよいよ押し迫ってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか」
「冬至を過ぎ日の入りの早さに年末を実感する頃となりました。お風邪などひいていないでしょうか」
「クリスマスも過ぎ、いよいよ今年も残りわずかとなりましたね。いかがお過ごしでしょうか」

12月下旬では、先に紹介した気候の言葉以外にも、「クリスマス」「福袋」「年末ジャンボ」などイベントを表す言葉も使えます。

気候の言葉に比べて、やや砕けた印象になるので、送る相手によって使い分けましょう。

生活の中で実感する12月下旬のイベントや、旬の食べ物などを参考にして言葉を探してみましょう。

12月下旬にピッタリの挨拶ができます。

個人宛の手紙には、季節の言葉を使った挨拶文を作ると同時に、本文の文体とのバランスも考えて文章を組みたてましょう。

例文2:むすび

「師走も残すところ数日となりました、お体に気をつけてよい新年を迎えられますようお祈りいたします」
「寒さが厳しい年越しとなりそうですが、お体ご自愛ください」

個人宛の手紙につかう場合は、「季節の言葉」に「相手の体調を気遣う言葉」をつけるといいですね。

Sponsored Link

自治会などの文書に使える時候の挨拶

自治会や保護者会、同好会などの文書を作る機会もありますね。

苦手だけれども、順番が回ってきて作らなければいけない場合もあります。

文書の書き出しの時候の挨拶で便利なのは、「季節の漢字二文字」+「~の候」「~のみぎり」の形式です。

最初に紹介した季節の言葉に付け加えると、簡単に時候の挨拶が作れます。

例文1:書き出し

「冬至の候、○○自治会の皆様におかれましてはますますご壮健のこととお慶び申し上げます」
「歳晩のみぎり、皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしのことと存じます」
「いよいよ師走も残すところわずかとなりましたが、皆様ご壮健のことと存じ上げます」

季節の言葉を使って、もう少し長めの文章を作ると、ややカジュアルな印象になります。

個人宛でも恩師や仕事でお世話になっている人などのかしこまった相手にも使うことができます。

相手や状況によって、上手に使い分けていきたいですね。

Sponsored Link

時候の挨拶は案外簡単です

比較的定型文を使うことが多い文書の挨拶ですが、この言葉を使わなくてはいけない!などの決まりはありません。

個人宛の手紙のように、季節の言葉を使って話し言葉に近い感覚で文章を作ると、あなたらしさが出ます。

「こんな季節ですが、いかがおすごしですか?」

というのが手紙で伝えたい挨拶の気持ちなので、この点をおさえていれば時候の挨拶はOKです。

上で紹介した言葉以外にも、季節感のあるイベント、食べ物や草花などいろいろなものが挨拶に使えます。

地元のイベント等でも、相手との会話のきっかけになるような言葉を探してみるのも楽しいですね。

Sponsored Link

まとめ

12月下旬(21~31日)は、今年一年の締めくくりです。

無事に年を越せたことは、どんな人にとっても嬉しいことですね。無事年が越せることを感謝することも大切です。

季節を改めて感じることでそんな思いがさらに湧き上がってきます。季節の移り変わりを感じる感性は豊かな人生の証です。

簡単に連絡が取れる現代ですが、時候の挨拶は大切にしていきたいですね。

来年も良い年になりますように、お祈り申し上げます。