時候の挨拶で12月上旬の季節の言葉は?お歳暮の添え状の例文も!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

カレンダーがとうとう最後の一枚になりました。

師匠も走る師走。

12月に入ったというだけで、なにかと気ぜわしく感じます。

12月は一年の締めくくりの月です。

家庭でも会社でも、手紙を出す機会が増えてきますね。

12月上旬(1~10日)までにするべき事、NO1はお歳暮の手配です。

今年一年お世話になった方に贈る商品を選びましょう。

その際には、添え状をつけると丁寧です。

またお歳暮をいただいたときには、お礼状を書きますね。

そんな時に使える時候の挨拶を確認しましょう。

その他にも、町内会や保護者会などで、年末の行事の案内やお手紙を書く場合もあります。

そんな12月上旬に使える季節の言葉と時候の挨拶の例文を紹介します。

12月上旬の時候の挨拶

12月7日頃には、二十四節気の一つ「大雪」があります。文字通り大雪が降り始めるような寒い季節ということです。

本格的な冬のスタートを意識しましょう。

「大雪」の他にも、「初冬」「季冬」なども12月上旬に使える言葉です。

南北に長い日本列島ですから、すでに寒さ厳しい東北地方などでは、「厳寒」という言葉もふさわしいかもしれません。気候に応じて使っていきましょう。

12月を通して使える言葉には、「師走」「寒冷」などがあります。

その他にも冬を表す「木枯らし」「冬将軍」などもいいですね。季節感のある言葉を使うことで、冬の寒さがよく表現できます。

Sponsored Link

お歳暮の添え状の時候の挨拶

恩師や会社関係の付き合い、遠方の両親や親せきなど、結婚するとお歳暮のやり取りがいろいろと増えますね。

本来なら相手のご自宅に訪問してお渡しするお歳暮ですが、最近は百貨店などから宅配便で送ることの方が多いです。

便利な宅配便ですが、品物だけ送りつけるのやや失礼ですよ。せめて添え状をつけて、きちんと挨拶をしましょう。

例文を紹介しますので、参考にしてください。時候の挨拶などの言葉が出てきやすくなるので、まずはご覧ください。

親しい人宛の時候の挨拶

例文1:書き出し
「寒さが本格的になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか」
「師走に入り早くも街がクリスマス一色に変わりましたね。お変わりなくお過ごしでしょうか」

12月に入ると、どの地方でも寒さが増してきます。
クリスマスの気分も盛り上がってくるので、季節感を出すのも簡単ですね。

自分が冬を感じる言葉を探して、オリジナルな表現を作ってみましょう。

例文2:結び

「寒さ厳しき折、どうぞご自愛ください」

寒くなって体調を崩す人が増えてきます。手紙の最後に相手の体調を気遣う言葉を添えるといいですね。

Sponsored Link

かしこまった相手に送る時候の挨拶

自分や子どもの習い事の先生、会社関係のお付き合いの方など、目上の方に送る手紙にはやや改まった時候の挨拶を使いましょう。

正式な手紙の書き方を意識して文章を書くようにすれば、うまくいきます。

例文1:書き出し

「寒冷の候、○○様におかれましてはますますご壮健のことと存じます」
「初冬のみぎり、○○さんにおかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます」
「師走を迎え何かと気忙しい日々をお過ごしのことと存じます」
「年の瀬を迎え寒さが一段と厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか」

例文2:結び
「季冬の候、どうぞお体ご自愛ください」
「大雪を迎え日に日に寒さが増しております、くれぐれもご自愛いただき、良い新年をお迎えになりますようお祈り申し上げます」

Sponsored Link

文書を書く時の時候の挨拶

自治会やPTAなどで文書を作る時、書き始めの時候の挨拶は「季節の言葉」+「~の候」「~のみぎり」を使うと無難にまとまります。

例文1:書き出し

「大雪の候、○○自治会の皆様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます」
「本格的な冬将軍が到来しておりますが、保護者会の皆様におかれましてはご壮健のことと存じます」

文字を増やしてみると、親しみを感じさせる文章になりますね。

Sponsored Link

まとめ

12月上旬(1~10日)の手紙には、「大雪」「激寒」「師走」などの言葉が基本となります。

でも親しい人に送る手紙には、もっと自由に言葉を組み合わせてみましょう。

例えば、街のイルミネーションや歳末のバーゲンなどの日常生活、鍋などの冬の食べ物を使った挨拶もあなたらしさを表現できて素敵ですね。

手紙には時候の挨拶が必要、と堅苦しく考えなくても大丈夫です。

12月上旬の時候の挨拶には、「年末が近づいてきました」「寒さが厳しくなってきましたね」といった、あなたが感じる季節感を表現した言葉を使うこともできます。

お歳暮を贈る時にも同じように使えるので、ぜひ参考にしてください。

慌ただし師走を元気に乗り切りましょう。