マンネリ化したたこ焼きレシピ!変わり種で一層美味しくなる!!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

大人も子供も大好きなたこ焼きですが、いつも同じタコと生地の組み合わせ。

だんだんと飽きてくることはありませんか?
 
 
美味しくてもずっと同じものを食べていると、味に変化が欲しくなってきますよね。
 
 
今回は、「いつもと少し違う変わり種のたこ焼きが食べてみたい」というような方に
ぴったりのたこ焼きレシピと、食べ方をご紹介したいと思います。
 
 

困ったときのたこ焼きレシピ!人気ランキングを見てみよう!

焼きレシピ

たこ焼きといえば丸い生地の中にタコが入ったものを思い浮かべますが、いつも
あの組み合わせだと飽きてきてしまいますよね。
 
 
たこ焼きは中に入れるものを工夫すれば簡単にアレンジができて、何倍もたこ焼きを
楽しくすることができるんです。
 
 
人気のたこ焼きレシピをいくつかご紹介します。

タコ
たこ焼きの定番で名前にも入っている本来の食べ方であるタコです。
やはりこれが老若男女問わず誰からも人気で愛されているたこ焼きの形ですね。
たこ焼きをする際にはなくてはならない必須の具材です。
ウインナー
タコが苦手な方がたこ焼きをするときには、メジャーな具材のようです。
タコが苦手な方、お子様に特に人気がありますが、タコが好きな方でもたこ焼きを
するときにはウインナーを用意するという方も少なくありません。
キムチ
変わり種のキムチです。
生地の中からシャキシャキとしたキムチと辛い汁が出てきて、いつものたこ焼きとは
違ったおいしさを楽しむことができます。
辛いものが好きな方にはぜひ試してもらいたい具材です。
お餅
小さくカットしたお餅を入れてもとてもおいしいです。
お正月などに余ってしまったお餅の在庫処分にもなります。
タコやウインナーと一緒に入れてもいいですね。
チーズ
こちらは他の具材にプラスして食べる食べ方がおすすめです。
味をマイルドにしてくれて、上記でも紹介したタコ、ウインナー、キムチ、お餅、
どの食材との組み合わせでも味を引き立ててくれますよ。
チョコ
こちらはデザート感覚でいただける具材です。
アツアツの生地の中でチョコが溶けて、まるでお菓子のようになります。
たこ焼きのあとのデザートとして作ってもよし、普段の間食として作っても
おいしいですよ。
お子様が喜ぶレシピですね。
 
 

Sponsored Link

たこ焼きレシピ!大阪府民の選ぶおすすめな食べ方とは!?

大阪府民の選ぶおすすめ

たこ焼きといえば、ソースとマヨネーズで食べるのが主流ですよね。
しかし、本場の大阪のたこ焼きの食べ方はこれだけではありません。
 
 
まず、ソースの次にメジャーでもある塩で食べる方法。

これはお店でも見かけることのある味です。
ふわふわの生地に少しだけ塩をかけることで、たこ焼き本来の味を楽しむことができます。
 
 
意外ですが、ポン酢もたこ焼きにはぴったりです。
生地の中に味が染み込み、中のタコとも相性ばっちりです。
 
 
ポン酢の中に七味を少し入れても、アクセントになってとてもおいしいですよ。
 
 
だし汁とたこ焼きの組み合わせも食べ方。

アツアツの出汁にたこ焼きをくぐらせて、たっぷりと出汁を吸い込んだたこ焼きは
絶品です。
 
 
こんなにたくさんの食べ方を知っているので、大阪府民はたこ焼きのマンネリ知らず
なんですね。

 
 

Sponsored Link

まとめ

たこ焼きにはたくさんのアレンジ方法があり、実際にはマンネリ知らずの料理なんです。

中に入れる食材を変えるだけで全然違った味になり、チョコレートなどのデザートにも
なってしまうんです。
 
 
ソース以外にも塩やポン酢など、食べ方もたくさん。

ご紹介した以外の食材や食べ方でも、自分で合いそうなものを探して試してみるのも
楽しそうですね。
 
 
たこ焼きはアレンジ次第で、自分好みの最高のたこ焼きを作ることができます。
ぜひみなさんも、様々なたこ焼きアレンジを楽しんでください。