鈴鹿シティマラソン!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

鈴鹿シティマラソン

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

鈴鹿シティマラソンは三重鈴鹿市にあるF-1やバイクの8時間耐久レースなどで有名な鈴鹿サーキットにある国際レーシングコースを走ることができるイベントです。
 
 
F1日本グランプリの鈴鹿サーキット国際レーシングコース、名レーサー達が走った道と同じ道を走ることができる絶好のチャンスです。

 
 

鈴鹿シティマラソンの楽しみ方・見どころは?

鈴鹿市民でなくても参加ができ、子供から大人まで一緒にがんばることができるイベントになっております。

毎年12月に開催されるマラソン大会で、各コース定員がありますが、参加賞として鈴鹿の伝統産業である伊勢型紙の伊勢型紙文様を高級ジャガード織りにて表現した高級タオルと鈴鹿市イメージキャッチコピー缶バッチがプレゼントされます。
 
 

デザインは当日のお楽しみらしいです。

また、協賛会社からの提供品が当たるプレゼント抽選会が行われます。
 
 

鈴鹿のマスコットキャラクターであるベルディちゃんも応援にかけつけてくれます。

定員は7,500人で(10.0km2,500人、5.6km2,500人、2.0km2,500人)となっています。
 
 

さらに、車イスでも参加できます。

車いす競技については定員を設けていません。生活用車イス、競技用車イス共に参加することができます。(表彰等)各部門別に1位~3位に賞状とトロフィー授与されます。
 
 

また、完走者全員に完走証を出してくれそうです。

荷物も無料で預かってくれ、安心です。

競技後には

競技後には鈴鹿回生病院協力の専門医等によるスポーツに関する無料相談コーナーでスポーツと循環器・血液・消化器・運動器・呼吸器・女性・心理・トレーニング・コンディショニング・水分補給相談会がGPスクエア内で開催されておりこの機会に、それぞれのスペシャリストに相談することができます。

マラソン以外にも

レーシングコースに隣接しているのは、遊園地モートピアがあり、小さい子どもから乗り物に乗って遊ぶことができます。

室内の乗り物もあり、寒くても大丈夫です。
 
 
また、F-1レースをイメージした乗り物もたくさんあり、幅広い年齢が楽しむことができます。また園内にはお土産やさんも充実しており、三重名物、鈴鹿名物を買うことができます。もちろんホテルも隣接しており、遠方からの方も宿泊することも可能です。
 
 

オススメはバイキング形式のそらたべよというレストランで季節に応じた食材を使って幅広い料理が提供されています。

広い店内で、小さな子どものための離乳食も用意されておりゆっくりと食事を楽しむことができます。また、ボーリング場の横に天然温泉もあり、日帰りで温泉のみも、楽しむことができて、マラソンの疲れをゆっくりと癒してから帰宅することができます。
 
 

露天風呂もあり、広くて疲れを癒すには絶好のスポットだと思います。

鈴鹿サーキットには他にも飲食店、フードコートがたくさんあり、至るところにレースを味わうことができるスポットがあります。

駐車場もたくさん完備されており安心です。

Sponsored Link

鈴鹿シティマラソンの開催場所と開催時期、日程

開催場所:
三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット

開催時期:
2018年12月16日

Sponsored Link

鈴鹿シティマラソンへのアクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:
近鉄白子駅から直通バス、伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅から徒歩10分ほどです。

鈴鹿サーキットの駐車場1000台ほどはあります。

Sponsored Link

鈴鹿シティマラソンの混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

子供の参加も大丈夫です。ベビーカーも、坂がありますが大丈夫です。

Sponsored Link

まとめ

めったにない、国際レーシングコースを走ることができるチャンスです。
 
 

帰りにはバイキングレストランのそらたべよでお腹いっぱいになり隣接の温泉施設でゆっくりと体を休めていくことも大丈夫です。

寒い季節なので、遊園地の利用者も少ないので、宿泊することも可能です。ホテルもF1使用になっている部屋があります。

 
 

有名なレーサーたちが走った鈴鹿サーキットの国際レーシングコースを思い切り走ることができるめったにないイベントです。