ストレートパーマと矯正縮毛の違いと理由をまるごと解説!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

生まれつきのくせ毛は、女性にとって大敵ですよね。

毎朝ストレートアイロンなどでまっすぐにするのも手間だし、雨の日や湿気の
多い日にはせっかく時間をかけてまっすぐにした髪の毛もうねってしまいます。
 
 
梅雨の時期なんかは外に出るのもおっくうになってしまいますね。
そんなくせ毛をまっすぐにしてくれるのが、矯正縮毛です。
 
 
これは美容院で行うので費用はかかってしまいますが、一度かければ持続するので、毎朝のアイロンの手間が必要ありません。
 
 
朝に余裕ができるのは嬉しいですよね。

今回は、そんな矯正縮毛の値段の違いや施術時間などについて、詳しくご紹介したいと思います。
 
 

矯正縮毛は前髪だけなら値段もリーズナブル?

矯正縮毛は前髪だけ

矯正縮毛とは、うねった髪に熱を加えてまっすぐにし、ストレートパーマなどとは違い、半永久的に持続させることができます。
 
 
矯正縮毛は多くの場合は髪全体にかけ、そのお値段は15,000~30,000円ほど。

美容院によって値段も変わりますが、やはり都会の東京の方は地方に比べて値段が高くなる傾向にあるようです。
 
 
しかし、このお値段は少し高く感じる人も多く、また、前髪のセットだけがどうしてもうまくいかないので、前髪だけを矯正縮毛したいという方もいらっしゃいます。
 
 
もちろん、そんな場合は前髪だけでも矯正縮毛はすることができます。

縮毛をする範囲が狭い分、髪全体の値段よりも安くなり、多くの場所では1万円以下で矯正縮毛を受けることができます。

これくらいの値段だと、アルバイトの学生でも受けることができるのではないでしょうか。
 
 
矯正縮毛は一度かけると半永久的に持続しますので、定期的に直しにいく必要もありません。

前髪だけの時のように、後ろ髪だけの矯正縮毛もできますので、お金がたまったり、必要だと感じるようになれば、残りの後ろ髪の矯正縮毛もする、というのもひとつの手ですね。
 
 
しかし、矯正縮毛は一度かけるととることはなかなか難しく、パーマもかかりにくくなります。

髪が生え変わるまで待たないといけないので、後ろ髪も矯正縮毛をする場合は、じっくり検討してから行うようにした方がいいですよ。
 
 

Sponsored Link

矯正縮毛の治療時間ってどれくらいなの?

矯正縮毛の治療時間

矯正縮毛は、熱を当てて髪をまっすぐに固定しなければならないので、すぐにできるわけではありません。
 
 

ほとんどの美容院で、カットやブローの時間も含め、だいたい2~3時間ほどはかかるようです。

前髪だけだと短くて少ない分時間も短くなると思いますが、そこまで大きく変わるということはないでしょう。
 
 

普通のカットに比べると時間はかかっていますが、パーマやカラーと比べるとかかる時間はあまり変わらないようです。
 
 

時間に余裕がない時は矯正縮毛はできませんが、毎朝のセットにかかる時間のことを考えると、美容院での2、3時間なんてあっという間ですよね。
 
 

どこかで時間を作って、矯正縮毛をかけに行く価値は大いにあると思います。
 
 

Sponsored Link

まとめ

矯正縮毛はストレートアイロンなどと同じように熱を使って髪をまっすぐにしますが、アイロンとは違い、かけた部分は半永久的にまっすぐに持続することができます。
 
 

コストは髪全体で15,000~30,000円ほどで、地域によっても大きく変わります。

前髪だけの場合は値段も1万円以下とリーズナブルになりますので、とりあえず最初は前髪だけで様子見をするのもいいですね。
 
 

施術時間はだいたい2~3時間ほどかかり、パーマ、カラーなどとほとんど変わりません。

しつこいくせ毛のセットを劇的に楽にしてくれる矯正縮毛。
 
 

朝の時間に余裕ができると、心にも余裕ができます。

ぜひみなさんも、矯正縮毛で髪のセットを楽にし、まっすぐストレートな髪を手に入れましましょう。