日焼け止めは飲む時代?今話題の飲用する日焼け止めの効果とは

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

夏が終わってもまだまだ暑いですね。

毎朝子どもの支度や、洗濯、片付けなど、バタバタして子どもを保育園に送っていきます。

しかし、外に出てから、
「あっ!日焼け止め塗るの忘れてた!」
と、自分のことは疎かになり、今年の猛暑、酷暑ですっかり肌が黒くなってしまいました。

日焼け止めクリームだと忘れてしまうので、スプレーにしてみたりと小さな足掻きをしていました。

が!飲む日焼け止めがあると知って驚きました。

本当に日焼け止めの効果があるのか、効果があるなら日焼け止めを忘れてしまう私にピッタリだ!と思いました。

しかし、サプリメントを飲むと聞くと、体に害はないのか心配になりますよね。肌を守るのに、飲むというのもピンときません。

飲む日焼け止めには、
☆紫外線を浴びると発生する活性酸素(日焼けやシミの原因)を増えすぎないようにコントロールして、日焼けを防止をする成分

☆メラニンの生成を抑えたり、新陳代謝を活発にしてメラニンを体外に排出させて、以前の日焼けによってすでにできてしまったシミ・くすみを改善する抗酸化作用の高い成分
などが入っています。

サプリメントを飲むだけで、日焼け防止になったり、シミ・くすみの改善ができるなら嬉しいですよね。

飲む日焼け止めの多くは外出する30分前に飲むことがポイントです。

1回の服用で、だいたい4〜5時間ほど効果が続くそうです。(種類によって効き目が1日続くものもあるそうなので、説明書をきちんとご確認ください)

最近増えてる飲む日焼け止めは肌に優しいの?

飲む日焼け止めのいいところはわかりましたが、今までの塗る日焼け止めとどちらが肌にはいいのでしょうか。

肌に塗る日焼け止めには、「紫外線散乱剤」といった鉱物由来の物質が入っています。

この紫外線散乱剤が、紫外線を反射させて肌に届かないようにすることで、肌を紫外線から守っているのです。

しかし、これらの物質が肌に負担を掛けてしまいます。

なので、飲む日焼け止めは、サプリメントを飲むことによって内側から日焼けしないように働きかけるので、直接肌を痛めることがなく優しいのです。

敏感肌の方も安心して服用できますね。

また肌だけではなく、塗る日焼け止めではカバー出来ない目に入る紫外線や、頭皮にも効果があります。

そして、1年通して多い少ないはありますが、毎日紫外線は降り注いでいるので、1年中ケアが必要です。

そして飲む日焼け止めを毎日コツコツ飲み続けると、次第に紫外線に強い体にもなっていきます。

朝サプリメントを飲むだけでいいので、朝忙しい人には便利ですよね。

Sponsored Link

塗る日焼け止めと合わせて使う場合の順番や方法とは

日常生活では、飲む日焼け止めだけで基本的には日焼け止めクリームは塗らなくても大丈夫だそうです。

夏の海や標高の高い山など紫外線の強い場所に出かける時には、塗る日焼け止めと合わせて使った方が確実に日焼けせずに済むと思います。

飲む日焼け止め+塗る日焼け止めで、内側からも外側からも日焼け防止対策をしましょう!

初めは、
「サプリメントを飲むだけで日焼け対策になるのかな?」

と疑心暗鬼でしたが、体の中から日焼けをする根本的な問題を解決することがわかり、試してみたくなりました。

日焼け止めを塗るのを忘れても焦らなくていいし、何度も付け直さなくてもいいと思うと心に余裕ができますね。

いろいろな飲む日焼け止めが販売されているので、自分に合ったサプリメントを見つけることができると思います。

ただすぐに結果が出るものでもなく、長い期間飲んで成果が現れるものなので、気長にサプリメントを飲み続ける覚悟が必要なのかもしれません。