隣人トラブル!安全解決できる騒音対策!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ご近所付き合いは、その地域で快適に暮らすためにも重要なことですが、そんな
ご近所付き合いにはトラブルがつきもの。
 
 
その中でも多いのが、騒音問題です。

一軒家なさまだしも、アパートやマンションの場合、隣の部屋なので、音が
ダイレクトに響いてきますよね。
 
 
夜間にでも騒音を出されたら、まともに眠れなくなることもあります。

しかし、できるだけご近所さんとの仲は悪くしたくはありませんよね。

今回は、そんな隣人との騒音トラブルをできるだけ安全に解決するために、
とるべき対策方法などをご紹介したいと思います。
 
 

隣人の部屋から騒音!通報の前に取るべき行動とは?

隣人の部屋から騒音

ご近所トラブルの中でも多い騒音被害。

最終手段として、通報して騒音をやめさせるという方法もありますが、これは
できるだけしたくはない人がほとんどのはず。
 
 
すぐに引っ越す予定でもない限り、ご近所さんとのわだかまりを作ってしまうと、
居心地が悪くなってしまいます。
 
 
通報する前に、いくつかできる対策方法があるので、試してみましょう。

一番トラブルが起きることなく解決できる方法は、騒音をやめさせるのではなく、
自分が聞こえないようにする方法。
 
 
そう、耳栓です。

夜間騒音で眠れない、ということだけが気になるような場合なら、これで多くは
解決するのではないでしょうか。
 
 
騒音をやめさせることで解決する方法としては、まずは警察ではなく、管理会社や
大家さんに注意してもらうという方法があります。
 
 
直接伝えるのは気がひけてしまったり、面倒なことになりたくない、というような
方にはとてもおすすめです。
 
 
住人から苦情か届いている、と管理会社や大家さんに注意してもらうことで
騒音を自覚して、おとなしくなってくれるでしょう。
 
 
その際には注意した人の名前を相手に伝えることはほとんどありませんが、不安な方は
最初に名前は伏せてほしいと伝えておくといいですね。
 
 
直接的な方法として、自分で注意をする、という方法もあります。

後々トラブルになってしまうこともありますが、本人から注意されることで、
管理会社や大家さんよりも効果があるかもしれません。
 
 
直接だと相手の言い分も聞けるので、何かどうしようもない事情があるなどの
話を聞けると和解もしやすくなります。
 
 
騒音トラブルで通報するのは、自分でできる対策方法を試してみても解決しなかった
最終手段としてとっておきましょう。

 
 

Sponsored Link

隣人からの騒音被害!手紙での注意は危険?

騒音被害

自分が注意するのに口頭での注意ではなく、匿名として手紙で注意するという方法も
あります。

たしかに、手紙だと自分が出したと書かなければわかりませんし、注意を人任せに
するのは不安だという方にはぴったりかもしれません。
 
 
しかし、メリットばかりということもないんです。

手紙の場合、誰が出したのかを特定されると、逆恨みなどで仕返しをされてしまう
危険があります。
 
 
直接口頭で注意するのもその危険はありますが、手紙という遠回しなやり方に、
卑怯だなどという言い分で怒る人もいるんです。
 
 
手紙だと入れた犯人を見つけようとする人も少なくはありません。

安全に思える手紙での注意ですが、気を付けた方がいいことも多いんですね。
 
 

Sponsored Link

まとめ

誤飲所トラブルの騒音は、最終手段としては通報してやめさせるという手もありますが、
警察に話す前に、耳栓だけで我慢できるのであれば耳栓を使用する、管理会社や
大家さんに注意してもらう、直接自分が注意をして騒音に気を付けてもらうなどの
方法を試しましょう。
 
 
自分で注意する方法のひとつに手紙がありますが、手紙は出した人が自分だとわかったら
仕返しをされてしまう危険も。
 
 
口頭注意もそうですが、問題にならないよう、気を付けてください。

無事に騒音被害がなくなって、快適に過ごすことができるようになるといいですね。