人見知りを克服したい!セミナー、本、教室、どうしたらいいの?

人見知り

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

知っている人なら気軽に話せるのに、相手が知らない人となると急に緊張してしまう
人見知り。
 
 
会社やご近所づきあい、学生の頃には友達作りなどで苦労した方も多いのでは
ないでしょうか。
 
 
なくしたいと思っても、なかなか簡単になくなるものではないですよね。

克服するためのセミナーや本などもありますが、本当にこれらで人見知りを克服できるのか、不安で手を出せない方もいらっしゃると思います。
 
 
そこで、今回はそんな人見知り克服のセミナーや本は効果があるのか、他の克服方法をご紹介したいと思います。

人見知りの克服には本やセミナーは有効なの?

相手の心理を読む

人見知りの克服には、セミナーや本も有効だと考えられています。

人見知りを克服するための考え方などを、セミナーや本から学ぶことで、相手との関わり方が変わり、人見知りが克服されるかもしれません。
 
 
また、セミナーは同じような人見知りを克服したいと思っている人が集まり、
その人たちと交流することで、客観的に自分を見られるようになって、改善されることもあります。

 
 
人見知りの多くは、「相手が怖い」「どんなふうに思われているか不安」などの感情からくるものなので、考え方次第で克服することも可能なのです。

Sponsored Link

人見知りの克服には相手の心理を読む心理学がおすすめ?

人見知り

先ほどもご紹介した通り、人見知りは相手が何を考えているかを不安になりすぎて、知らない人を前にすると緊張してしまいます。
 
 
相手が何を思っているかを分かるようになれば、人見知りは克服できるかもしれません。

そこでおすすめなのが心理学です。

心理学は人の心を学ぶもので、相手が何を考えているか、また、自分がどうして人見知りをしてしまうのかも心理学をとおしてわかるかもしれません。
 
 
初対面で相手のことを何も知らなくても、ちょっとした動作でも、思っていることはでやすいものです。
 
 
そこから相手の思っていることを読み取ることができれば、不安に思って緊張してしまうこともなくなるかもしれません。

心理学を学ぶことも、人見知りの克服方法のひとつといえるでしょう。

Sponsored Link

バイトで克服した事例も多い?

相手の心理を読む

人見知りの克服方法として、意外にも多いのがアルバイトです。

荒治療ともいえる克服方法ですが、接客業などのアルバイトだと、人見知りの人がもっとも苦手とする知らない人との会話が必須となります。
 
 
また、接客をしない裏方のアルバイトでも、同じバイト仲間や店長など、少なくとも新しく知り合った人と関わることになります。
 
 
このように知らない人と何度も繰り返し関わっていくことで、知らない人との会話に慣れ、だんだんと人見知りが克服されていくのです。
 
 
社会人になる前に人見知りを克服しようと、学生のうちにアルバイトで人見知りをなおす人も少なくありません。

社会に出てからも人見知りのままでは、仕事もしにくいですからね。
 
 
人見知りも克服できてお金も稼ぐことができる、アルバイトは一石二鳥の人見知り克服方法ですよ。

しかし、アルバイトは面接時から知らない人の中に飛び込んでいかなければなりません。
 
 
これは人見知りにとってはとても大変なこと。

アルバイトを始める前に、しっかりと心の準備をしておきましょう。

Sponsored Link

まとめ

人見知りの克服には個人差はありますが、セミナーや本、心理学も有効です。

相手に対する考え方を学ぶことで、緊張を和らげる効果があります。
 
 
アルバイトも荒治療ですが、何度も知らいない人と関わる状況を作ることでそれに慣れ、結果的に人見知りを克服できることも多いです。
 
 
いままで人見知りのせいで損をしてきたという方も少なくないと思います。

ぜひこれらの方法を試して、人見知りな性格を変えていきましょう。