七五三の内祝いの相場!両親と親戚では内祝いを変えた方がいい?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

七五三で御祝いをいただいたら、内祝いはどのようにお返ししたらいいのでしょうか。

相場や返す時期などが気になりますね。

親戚にも相手の両親にも「常識がない人ね」と思われないようにしたいものです。

七五三に限らず、子どものお祝いごとの内祝いはだいたい同じように考えて大丈夫です。

これから入学祝などいろいろと行事があるので、ぜひ知っておきたい内容ですね。

目安として、一般的な内祝いの相場や、内祝いを贈る時期などを紹介します。

地方によって風習が異なることもあるので、参考にしてください。

七五三の内祝いならではの注意点も紹介しますね。

七五三の内祝いの相場や時期

七五三の内祝いの相場は、一般的にいただいた金額の半分を品物で返します。

(地域によっては3割だとか、主人の実家では半分商品券と品物、などほぼ全返しに近かったですね。だいたいそう言う時は姑さんが口出しして来るので、参考として聞いておきましょう)

内祝いを返す時期は、1週間ほどを目安にしてください。

時間がたちすぎると失礼になります。遅くとも2週間以内にはお返ししましょう。

直接渡せる方なら、子どもと一緒にご挨拶に伺うのが丁寧ですね。

相手が遠方の場合は添え状をつけて、すみやかに内祝いをお返ししましょう。

子どもの写真を添えるのも、お礼の気持ちが伝わっていいですね。

1)のし書きの書き方

七五三の内祝いののし書きは、「のし紙」「紅白蝶結び」の水引きを使います。

表書きは「七五三内祝い」、毛筆か筆ペンで書きましょう。

表書きの名前は子どもの名前(苗字は不要)で返すのが一般的です。

百貨店で相談したら、丁寧に教えてくださいます。

2)七五三の内祝いに喜ばれるベスト3

第一位:石鹸やボディソープの詰め合わせ
日用雑貨はどこの家庭でも使うもの。年代を問わず喜ばれるのもいいですね。
第二位:食品・調味料
季節のフルーツや油、醤油などの調味料もおすすめです。
地域限定品の調味料などは人気があるので、賞味期限に注意しながら贈りましょう。
自分では買わないようなちょっと高級な品や、変った品も面白いですね。
第三位:カタログギフト
沢山の品物の中から自分の好きなものを選べます。
好みに合った商品が選べるように、なるべく商品点数の多いカタログギフトをチョイスするのがおすすめです。
一緒に贈ると喜ばれるもの
七五三の内祝いに必ずつけておきたいのが「千歳あめ」と晴れ着を着た子どもの「記念写真」です。
千歳あめは七五三ならではのお菓子ですし、懐かしく感じる方もいるでしょう。
記念写真は見に来てくださった方にも、会えなかった方にも、何よりの思い出となります。
お参りをしたときの話や、着物を着た時の話など、ちょっとしたエピソードを書いたお礼状があると、お祝いを贈ってくれた親戚や両親も喜んでくれますね。
Sponsored Link

両親と親戚では内祝いを変えた方がいい?

親戚や両親から七五三のお祝いをいただいた場合は、親戚にはきちんと内祝いで品物などを返すのが一般的です。

しかし両親は品物を渡すのではなく、お参りにも来てもらって一緒に食事をするのもいいですね。

日が合わなければ、自宅やお店で内祝いの席を設けるのも喜ばれます。

かわいい孫と過ごす時間は非常に嬉しいものです。

近くに住んでいる場合でも改めてお祝いすると、両親、孫ともに記憶に残ります。

遠方でなかなか会えない場合には、まず品物を贈っておいて、機会を見て一席設けるのもいいですね。

七五三当日の子どもの様子を話したり、エピソードを話すときっと喜んでくれますよ。

お祝いのお返しですから、相手に喜んでもらえるように考えたいですね。

Sponsored Link

まとめ

七五三に限らず、子どものへのお祝いには、基本的に内祝いはいらないとされています。

しかし最近ではお祝いの半分を返す「半返し」が主流のようです。

定番の内祝いギフトに加え、子どもの名前入りのタオルやカステラなど、七五三にちなんだ商品も色々とあります。

お祝いの風習は地方によって異なるので、近所の方や親せきに相談してみるのもいいでしょう。

なによりもお祝いをしてくださった両親や親せきに喜んでもらえるような内祝いを準備したいですね。