豊田市五ヶ丘のしいのき公園ふれあい餅つき大会!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

江戸川区善養寺お餅つき大会

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

愛知県豊田市五ヶ丘のしいのき公園で、12月の第一土曜日に地域の人たちが公園の広場に集まっての餅つき大会があります。

地域の人と言っても、知っている人なら誰でも参加できます。

ただし、イベント事態は自治区費で開催しているので、遠方からの参加者はあまりいません。駐車場は無いので、徒歩での参加になります。

持ち物が必要で、箸と1回につき3種類(3個)受け取れるお餅がのせれる器(味が混ざると嫌な人は仕切りのあるバーベキュープレートか大きめのお皿か器がいいと思います)と、汁物が入れれる器(味噌汁のお椀より少し大きいと、1回に受け取れる量も多いし、注ぐ人のおたまが大きいのでこぼれが少なくなります)
を準備して参加しましょう。

 
 

○○の楽しみ方・見どころは?

・食べ方のスタイルはおまかせ

立って食べてもよし。用意された長テーブルに器類を並べて立って食べてもよし。敷物を持ってきて座って食べてもよし。アウトドア用品のテーブルと椅子を持ってきてもよし。自宅のものを使用する場合は、広場の隅の方で楽しみましょう。

・赤ちゃん、高齢者は要注意

誰でも参加できますが、オムツ交換台や多目的トイレはありません。食べ物は、お餅と汁物なので、喉につまらせることの無いように注意してください。

・お餅は出来立て

お餅はあんこ・きな粉・抹茶・大根おろし・ココアなど、毎年5~6種類のお餅をその場で餅米を蒸すところから作っていきます。出来立てなのでどれもやわらかくて美味しいです。タイミングさえ合えば、子供から大人まで誰でも杵でつくお餅つきを体験させてくれます。ただし、長蛇の列ができるので季節的にも日陰は寒いです。出来立てですが、既に冷えてしまっていることもあります。

・汁物もあります

お餅以外にも、豚汁も大鍋を借りてゼロから作っていきます。

毎年、野菜の切り方や入っている具材が違うので、子供たちと具材当てクイズをしながら楽しくたべれます。

豚汁にもプレーンバージョンとキムチの素を入れた豚キム汁も寒い季節なのでとても好評です。イベントの後半になると、白玉の入ったおしるこも大鍋で作ります。

おにぎり替わりのお餅と最後まで飽きのこない汁物をおかわり無制限でたべれます。と言うことは、お昼ご飯はこのイベントでお腹一杯にすればいりません。

主婦にとっては家族全員で参加して欲しいイベントになります。

・子供も楽しめます

公園なので、ブランコと滑り台、砂場、見晴らしのいい小山があるので、イベント中であっても自己責任にはなりますが、子供たちだけで遊べる場所もあります。

そして、地域のゆるキャラも来てくれるので、小学生以下の子供たちも飽きずに参加できます。

・一番の楽しみはやっぱり最後

イベントの最後には、自治区の回覧で配布される一家庭一枚のビンゴカード(不正防止の印鑑が押してあります)を使ってビンゴ大会があります。

ビンゴカードを持っている人だけになるので、参加者はぐっと少なくなりますが、一番盛り上がります。

目玉商品は、大人も子供も時期的にも嬉しいクリスマスのお菓子が入っているサンタブーツが大小合わせて20個近くあります。

他にもビールの6缶パックやポテトチップスなどの袋菓子、カップラーメン、カップ焼きそば、トイレットペーパー、箱ティッシュ、キッチンペーパー、500mlのペットボトルのジュースなどがあり、ビンゴした人が欲しいものを選んでうけとれます。

カードは1回ビンゴすると回収されるので、地域の家の数しかプレゼントが用意されていません。外れは無いのでいいのですが、受け取った人から帰宅してしまうので、早くビンゴしないととてもさみしくなってしまいます。

・持ち物は持ち帰りましょう

持ち物の箸、器類を捨てれるものにする人もいますが、耐熱性と耐久性とゴミの削減から普段使うものもしくは、プラスチック製のものを持参することをおすすめします。

 
 

Sponsored Link

開催場所と開催時期、日程

開催場所:

愛知県豊田市五ヶ丘のしいのき公園

開催時期:

毎年、だいたい12月の第一土曜日

 
 

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:

徒歩のみです。現地に駐車場や駐輪場はありません。
親戚やお友だちからのお呼ばれの場合は、自宅の駐車場に駐車してください。
最寄りのバス停は万葉の丘

住宅街の公園での開催になります。近隣にも駐車場はありません。スーパーなど商業施設の駐車場は使用不可です。

 
 

Sponsored Link

混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

多いときで200人以上になると思います。お餅と汁物を受けとるのに長蛇の列ができます。
年齢問わず誰でも参加できます。ベビーカーや車イスも入れる通路があります。
 
 

Sponsored Link

まとめ

12月の始めに地域住民対象のふれあい餅つき大会があります。
 
 
毎年あんこ、きな粉、抹茶、大根おろし、ココアなどのお餅を餅米から蒸して、臼と杵で作ります。

そして、大鍋で作る豚汁、豚キム汁とおしるこがおかわり無制限で食べれます。
 
 
とても寒い時期ですが、地域のゆるキャラで心を温めて、お餅と汁物でおなかを一杯にして温めて、ビンゴ大会で素敵なプレゼントをもらって帰れる楽しいイベントです。

ビンゴ大会は地域住民のみ対象ですが、食べ物は誰でも参加して食べれます。