節分はなんで鬼を退治するの?みんなに自慢できる節分雑学

豆まき

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2月3日といえば節分!

毎年の恒例行事として、
芸能人が神社で豆まきをしている
光景をテレビなどで目にしたことありませんか?
 
 
また、子供達にとっても
節分は楽しいイベントの一つです。
 
 
楽しそうに豆をまく姿は微笑ましいですよね。
 
 
節分は豆まきというのが決まりですが、
どうして節分に豆をまくのか、
何で鬼を退治するのか、ご存知ですか?
 
 
それにはちゃんとした意味があるんです。

そこで今回は節分に関する雑学を

ご紹介したいと思います!

節分の由来は昔話?

節分の由来

節分とは、季節の移り変わりなどの
節目をあらわす言葉です。
 
 
季節の節目をあらわす言葉として、
立春、立夏、立秋、立冬の4つがあります。
 
 
なかでも立春は旧暦では一年の始まりとされ、
特に大切にされていました。
 
 
そのため、悪い気はその年のうちに追い出し、
新たな年を迎えるため、立春の前日に当たる
2月3日に、豆まきがおこなわれていたのです。
 
 
つまり、立春が元旦で節分が大晦日だったのです。
 
 
昔、穀物には「穀霊」の力が宿っているとされていました。
 
 
その力によって
邪気を払うことができると言われていたのです。
 
 
その力は大きいものほど力も大きいとされていました。
 
 
そのため、穀物のなかで大きい大豆には
強い力が宿るとして、
豆まきに使われるようになったのです。
 
 
そして、平安時代には
「豆打ち」という宮中行事で
目に見えない悪いものを鬼に例えて、
豆を鬼に当てることで邪気払いをしていました。
 
 
これが節分に鬼に豆を当てる原型とされていますが、
もう一つの由来として、昔話があります。
 
 
その内容は、
昔、京都の鞍馬に鬼が出た際、
毘沙門天のお告げによって、大豆を鬼の目に投げつけ
目をつぶし、退治したという話がありました。
 
 
そのことから、鬼の目は「魔目(まめ)」、

豆には魔を滅する力「魔滅(まめ)」という、
言葉の語呂合わせも由来の一つと言われています。
 
 
どちらの由来にしろ、
豆まきには、
その年を健康で幸せに過ごせるように、
豆をまいて
邪気を追い払うという意味があるのです。
 
 

Sponsored Link

なんで恵方巻を食べるの?方角の意味とは

方角の意味

節分の季節になると
スーパーやコンビニに沢山の恵方巻が
ズラッと並んでいます。
 
 
最近だとロールケーキの恵方巻なんかもありますよね。
 
 
この恵方巻にも食べる理由があるんです。
 
 
恵方巻は節分に食べる縁起物で、
丸かぶりすると、
厄除けや願いが叶うと言われています。
 
 
元々は江戸時代から明治時代にかけて、
関西地方でのみおこなわれていた風習でした。
 
 
恵方巻きを食べて、立春を迎えるお祝いや、
商売繁盛を祈って食べたことが始まりです。
 
 
一本丸かじりして、
幸運を一気にいただくという意味もあります。
 
 
それが全国に広まっていき、
今のように定着しました。
 
 
恵方巻の恵方とは、
その年の福を司る神様「歳徳神(としとくじん)」
がいる方角をさします。
 
 
歳徳神とはお正月にやってくる神様で、
この神様のいる方角に向かってすることは
全て吉になると言われています。
 
 
この神様がいる方角は、毎年異なるので
恵方巻を食べる方角も毎年違うのです。
 
 
恵方巻の意味は方角だけではありません。
 
 
長い形には長寿祈願、
そして中には七福神になぞらえて、
 
 
7種類の具材が入っています。
 
 
節分に恵方巻を食べることが、
当たり前になっていますが、
恵方巻を食べることには、
 
 
ちゃんとした意味が込められていたのです。

Sponsored Link

まとめ

現在では、2月3日の節分には、
豆まきをして恵方巻を食べるのが
当たり前の行事となっています。
 
 
ですが節分に豆をまいたり、
恵方巻を食べることには
それぞれ由来や理由があったのです。
 
 
子供がいらっしゃる人は、
ちゃんとした理由を教えて、
一緒に豆まきしてみるのもいいのではないでしょうか。