洗濯物が臭い原因は生乾きだけじゃないって知ってた?

洗濯もの

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

お風呂上がりや洗顔後などにタオルを使った時に、「あれ?なんか臭い!」という経験ありませんか?
 
 
しっかり洗濯しているのに、洗濯物がにおうという悩みを持たれている人も多いのではないでしょうか。
 
 
しかもやっかいなことに、一度ついてしまったにおいはなかなか取り除くことができません。
 
 
その原因は生乾き以外にもあったのです!

そこで今回は洗濯物のにおいの原因や対策についてお話ししていきたいと思います。
 
 

洗濯物のにおいがあなたのにおいになる前に!

洗濯物のにおい

生乾き臭は、たたんでいる時には気がつかず、タオルを使った時に気がつくことが多いと思います。

つまり、知らないうちに生乾き臭のする服を身につけてしまっている可能性があるのです。
 
 
生乾き臭は相手に不潔なイメージを与えてしまい、あなたのイメージダウンに繋がることもあります。

そんな洗濯物の嫌なにおいは、生乾き以外にも原因があったのです!

 
 

洗濯物の保管方法

汚れのついた洗濯物を洗濯機の中や、通気性の悪いカゴにいれていませんか?

においの原因となる雑菌は、湿気の多い場所を好み、繁殖します。
 
 
ですから、すぐに洗わずに通気性の悪い場所に放置してしまうと洗濯物に雑菌が繁殖してしまい、においを発生させてしまう場合があるのです。
 
 

洗濯機のフタを閉めっぱなしにしている

洗濯機を使い終えたあと、すぐにフタを閉めてしまうのもにおいの発生の原因になりかねません。

なぜかというと洗濯を終えた直後の洗濯機の中は、水分と熱でいっぱいです。
 
 
つまり雑菌が好む環境になっているのです。

そのためすぐにフタをしてしまうと、カビや雑菌が増殖してしまいます。

一度に洗う洗濯物の量

洗濯物を洗う際、洗濯機いっぱいになるほどの量を一気に洗っていませんか?

実はこれもにおいの原因になってしまうのです。
 
 
一度に大量の洗濯物をいれてしまうと、洗剤がすみずみまで行き渡らず、汚れ落ちが悪くなります。

汚れが落としきれていないと、 雑菌が皮脂をエサにして増殖してしまい、においの原因になる可能性もあるのです。
 
 

洗剤の使用量が多い

汚れをしっかり落としたいなどの理由で、規定量より多めの洗剤を使用している人も多いのではないでしょうか。

実はこれも雑菌を増殖させてしまう原因の一つなんです。
 
 

お風呂の残り湯ですすぎをする

節約のためにお風呂の残り湯で洗濯をする人も多いと思います。

お風呂の残り湯には、皮脂や雑菌がたくさん潜んでいます。

そんな水ですすぎをしてしまうと、雑菌が洗濯物に付着してしまい、

嫌なにおいの原因になることも。

お風呂の残り湯は洗いの時のみ使うようにしましょう。

・洗濯物をびっしり干している

洗濯物を干す際に、間隔をあけずにびっしり干していませんか?

服と服との間隔が近いと、乾くのに時間がかかってしまいます。
 
 
するとそのあいだに雑菌が増殖し、生乾き特有の嫌なにおいを発生させてしまうのです。
 
 

Sponsored Link

洗濯物の臭いにおいは乾燥機で改善できる!?

乾燥機で改善

洗濯物のにおいを防ぐには、早く乾かすことがポイントです。

そのため乾燥機を利用するのは、生乾きなどのにおい対策には効果的な方法です。
 
 
しっかり乾燥させなくても、干す前に一番低い温度で10分程乾燥機にかけるだけでも、乾かす時間を短縮できます。
 
 
においの予防には家庭の乾燥機でOKですが、すでににおいがする洗濯物の場合には、家庭用乾燥機では温度が低いので、
高温で乾かしてくれるコインランドリーの乾燥機を使って乾かすと熱風で雑菌を死滅させることができます!
 
 

Sponsored Link

まとめ

洗濯物がにおう原因は、生乾きはもちろんですが、それ以外にも原因が潜んでいます。
 
 
洗濯物の嫌なにおいで悩まされている人で、今回紹介したNG行為をしている人も多いのではないでしょうか。
 
 
においを発生させないために、今回紹介した原因や対策を是非参考にしてみてくださいね。