自炊デビュー初めてでも出来る簡単レシピ!自分で作れば節約に!?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

自炊は、一から材料を揃えたり、切ったりしなければならず、面倒だと思いがちですが、実は節約になったり、ダイエットにもなるんですよ。

今回は、簡単に作れる節約レシピをご紹介します。

昼食の節約はお弁当持参!?独り暮らしでもお得な調理法

お弁当持参による節約の効果は、外食のランチ代が1食あたり800円と想定すると、週3回お弁当にすると月に約1万円の食費が節約可能です。

ここでは、お得な調理法をご紹介します。

まず、食材は基本的にまとめ買いする事をお勧めします。

スーパーによっては野菜や肉の特価の日が異なるなど、日によって目玉商品があるので安い食材を買う事が目的となり、週に1回以上スーパーで買い物をする方もいるでしょう。

しかし、買い物が頻繁であると、つい余計なものも買ってしまう傾向にある為、なるべく1週間分の食材を週に1回の買い出しで済ませるのも食費の節約につながります。

1週間で使い切れるだけの食材を買うように心がけましょう。

それでは、独り暮らしでも簡単に作れるレシピを二つご紹介します。

まずは、お弁当には欠かせない卵焼きを、Mサイズの卵一つで作る方法を見て行きましょう。

材料 (約6切れの2人前)

卵(Mサイズ):1個

砂糖:お好みの量の味付けで

片栗粉:小さじ1程度

作り方

1.卵を溶いたら砂糖、片栗粉を入れ混ぜます

2.1個ぶんなので、1度に全量流し込みます。

丸いフライパンでも、十分作れます。

3.片栗粉が、程よく卵を固めてくれるので、卵が巻きやすいです。

巻いたら出来上がりです。

コツ・ポイント

卵1個で卵の液自体は量が少ないので、1度に全量を入れた方がよくまとまります。

次に、簡単炊込みご飯の作り方をご紹介します。

材料 (2人分)

お米:一合

雑穀ミックス、もち麦など:1パック

シーチキン(水煮):1缶

きのこ(しめじor舞茸):0.5パック

乾燥ひじき:10g

醤油、酒、みりん:各大さじ1

薬味・ネギなど:適量

作り方

1.お米を洗米して目盛り通りに水を入れ、雑穀を入れる。

きのこは石突きを切り落し、適量入れる。

2.ひじきは水に戻さず、さっと水洗いして入れ、シーチキンは汁ごと入れる。

※顆粒出汁など不使用で自然な味わいになります。

3最後に調味料を入れて、炊けたら一度天地返しをして5分程、蒸らしたら出来上がりです。

コツ・ポイント

シーチキンをサバ水煮に変えてもいいし、余ったお肉を入れたり、余り野菜なども加えて冷蔵庫をスッキリ片付けられます。

Sponsored Link

朝詰めるだけ!?節約でお弁当用のおかずはまとめて冷凍保存

何かと忙しい朝は、お弁当を作る時間はありませんよね。

そんな時は、前日の残り物や、休日にまとめて作り置きしたおかずが大活躍します。

先程お話しした、簡単炊き込みご飯を前日に作っておにぎりにすれば、立派なおかずとなります。

冷凍保存がきくおかずは、きんぴら、ひじきの煮物、ほうれん草の胡麻和え、パスタ、ミニハンバーグ等で、冷凍する場合は、100均などで売っているお弁当用の小分けのカップなどに入れて保存しておくと、そのまま詰めるだけなので、便利です。

それでは、休日に作り置きしておくと便利な、お弁当おかずのレシピをご紹介します。

冷凍で作り置き 焼きカレーコロッケ

材料: 8 個分

ジャガイモ

(メークイン)

3個

合いびき肉

100g

玉ネギ

(みじん切り)1/4個分

カレー粉

小さじ2

少々

<衣>

パン粉

(細)2/3カップ

サラダ油

大さじ2.5

下準備

ジャガイモは皮ごときれいに水洗いし、濡れたままラップで1個ずつ包み、電子レンジで7~8分、竹串がスッと刺さるまで加熱する。

ジャガイモが熱いうちにボウルに入れ、マッシャー等でしっかりつぶす。

<衣>の材料をフライパンに入れて弱火で炒め、キツネ色になったら冷ましておく。

作り方

1.フライパンに分量外のサラダ油を熱し、合いびき肉をポロポロになるまで炒め、さらに玉ネギを加えて炒め合わせ、カレー粉、塩で味を調える。

2.ジャガイモに、(1)を加えて混ぜ合わせる。

まとまりにくい場合は、分量外の牛乳を足してください。

3.(2)の粗熱が取れたら8等分にし、丸型にまとめて<衣>を付ける。

密封が出来る袋に入れて冷凍する。

4.当日は、解凍したコロッケをトースターで8分焼く。

お弁当に詰めて分量外のウスターソース、またはケチャップを添える。

このレシピのポイント・コツ

・保存の目安は冷凍庫で2~3週間です。

お弁当を作る前日の夜に、冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍して下さい。

季節や食材によって解凍の具合が変わりますので、調節してください。

・残った<衣>の炒めパン粉は冷凍OK!グラタンのトッピングや、炒め物にも使えます。

まとめ

今回、冷凍保存出来る食材を上手く活用する事で、時短に繋がる事を学び、日常生活にも取り入れたいと感じました。