関のボロ市(せきのぼろいち)!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

関のボロ市

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

お祭りの規模出店される出店の数は330店舗。

来場者数は毎年8万人〜10万人

日にちが決まっているので、土日と重なると来場者数はかなり増えます。
 
 
関のボロ市の歴史270年もの歴史があり、もともとは古着屋で買ってきた古着の布を割いてわらじを作って売っていたり、金物や生活雑貨なども売っていたらしい。

ボロ市のボロはボロボロからきているとか。

関のボロ市の楽しみ方・見どころは?

見所灯篭行列!!

町内ごとに、灯篭を回しながらお祭りを練り歩き、最後は神社の境内前で輪を囲みパフォーマンスします。
 
 
町内ごと、それぞれにハッピも違うし、太鼓をたたくリズムも違う、灯篭の回し方も違う。

それから年齢層や性別も色々なので、若い男の人が力強く灯篭を回しているところもあれば、華奢な女性が全身を使ってかっこよく回してるところもある、可愛いキッズが頑張っていて応援したくなるようなところもあります。
 
 

冬の寒い時期のお祭りですが、灯篭行列を見ながら一緒に盛り上がっていると温まりますよ!!
 
 

交通状況の注意

武蔵関の駅前で行われるお祭りなので、駅周辺は通行止めになり歩行者天国になります。

ので、来場者は危なくなくて良いですが、車での来場は難しいと思います。
 
 

駅から少し離れた駐車場も満車だらけなので、電車で行くのがオススメ。

小さい子連れはベビーカーはなかなか大変です。
 
 
寒いし、抱っこ紐で行ったほうが親子とも暖かいですよ!かなりの盛り上がりようにお酒を飲まずにはいられなくなると思うので電車で行くべし!
 
 
出店数は330店とすごい数ですよ!

食べ物、飲み物、子供が楽しめるゲーム類、なんでもあります!

それから町内会で出している店もあるので、焼きそばやフランクフルトなど、安く売っていたりして嬉しいですね!
 
 

お腹を空かせてたらふく食べて楽しみましょう!

実際に行った感想

初めて行ったきっかけは、知り合いが灯篭行列に参加しているということで誘われて行きました。

電車で向かうと、電車の中から出店の灯りが見えてきて、ワクワクしました。

 
 
着いてビックリ!人の数と出店の数がすごかったです!

お祭りというとやっぱり夏なので、冬にこんなに盛大なお祭りはなかなかないので新鮮でした!
 
 
灯篭行列もすごく盛り上がっていて、一緒に、体を揺らしたくなるような雰囲気。
 
 

一度行ったら、絶対毎年来ようと思いました!
 
 

ただ!12月なので、防寒必須です!

暖かいモツ煮とか最高に美味しいですよ!

 
 
今年のボロ市も子供を連れて参戦する予定です!楽しみ!

Sponsored Link

開催場所と開催時期、日程

開催場所:
東京都練馬区の武蔵関駅南口駅前
 
 
開催時期:
毎年12月9日、10日の2日間

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:
西武新宿線 武蔵関駅

駅周辺は通行止めになるため、近隣の駐車場に止めるのは無理です。

Sponsored Link

混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

とても混雑しているので、ベビーカーはやめた方が良いかと思います。

Sponsored Link

まとめ

冬といえばイルミネーションですが、冬のお祭りも楽しいですよ!

練馬区の関のボロ市は330店も出店が出て、灯篭行列もかなりの数出ます!
 
 
盛り上がりと熱気がすごい!美味しいお酒と暖かいモツ煮で食べ歩きながら灯篭行列を見るのが最高に楽しいです!