サイクロンと紙パック結局どっちがいいの!?掃除機選びに失敗しないための徹底比較!!

掃除機

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

新生活に向けて掃除機はどんなものがいいのだろう…

掃除機もそろそろ買い換え時かなぁ…
 
 
なんてお考えの方はいらっしゃいませんか?
 
 
紙パックなんて古い!!古い!!
今はやっぱりサイクロンでしょ!?
なんてイメージをお持ちの方も多いかと思います。
 
 
しかしサイクロン式にも紙パック式にもそれぞれメリット、デメリットがあります。

何も知らずにサイクロンを選んで失敗した…
 
 
なんて事にならないようにしっかり違いを理解し自分にあった掃除機を選びましょう!!

 
 

サイクロンと紙パックの違いなに?

「紙パック式」と「サイクロン式」の最大の違いは名前の通り、紙パックを使うか使わないかの、ゴミの捨て方の違いですよね。

ですが少し詳しく比較してみましょう。

・紙パック式

吸い込んだゴミをそのまま紙パックへ集めます。

2~3ヶ月に一度、紙パックごとゴミを捨てます。
 
 
紙パックごと捨てられるので、ほこりなどが舞い上がることが少なげ、吸い込んだゴミに直接触れることもありません。

紙パック自体がフィルターの役割もしているため、空気の通り道が吸い込んだゴミと同じ道を通るため排気のにおいなどが気になる場合もあります。
 
 
さらに、空気の通り道が同じということは、ゴミが溜まっていくにつれて、吸引力も弱くなることがあります。

吸引力の「強さ」で言えば紙パックの方が強いと言えますが、サイクロンのようにこまめにゴミ捨てをしない分、吸引力の「持続」という面では弱いと言えるでしょう。
 
 

・サイクロン式

サイクロンとは竜巻というような意味が含まれているので、吸い込んだものを、円心分離により重いゴミと軽い空気に分けることが出来ます。

吸い込んだゴミは紙パックではなく、ダストボックスと言われるところに集められます。
 
 
そして吸い込んだ空気は掃除機内のフィルターを通るので排気がきれいと言えます。

ダストボックス内のゴミはこまめに捨てることができ、吸引力を持続させやすいと考えられます。

 
 

Sponsored Link

紙パック式とサイクロン式のメリットとデメリットのまとめ

紙パック式

メリット
・紙パックごと捨てられるので簡単で手を汚しにくい
・面倒なフィルター掃除などが不要(紙パックがフィルターの役割を果たしているため、ゴミ捨てと同時に捨てるだけでフィルターのお手入れが済む)
・ゴミ捨ての回数が少ない
・本体価格が安い
・故障しにくい
 
 
デメリット
・定期的に紙パックを買うコストがかかる
・排気される空気が吸い込んだゴミと同じく通過しているため、においなどの衛生面で気になる
・吸引力は強いが持続力に欠ける
・サイクロン式に比べると電気代が高くなることが多い

サイクロン式

メリット
・紙パックのように定期的なコストがかからない
・排気される空気がゴミと別のフィルターを通るためきれい
・吸引の持続力が高い
・紙パック式に比べ電気代が安く済む場合が多い

デメリット
・頻繁にダストボックス内のゴミ捨てが必要
・ゴミを捨てる際にほこりが舞ってしまうことがある
・定期的なフィルター清掃が面倒
・本体価格が高い

 
 

Sponsored Link

それぞれのタイプに向いている人とは?こんな方にはこっちがおすすめ!!

紙パック式
・吸い込んだゴミを見たくない方
・ゴミ捨てやフィルター清掃が面倒な方
・お手入れを簡単に済ませたい方
・ゴミを直接触りたくない方
・故障しにくいものを選びたい方
 
 
サイクロン式
・ペットなどを飼っていてペットの毛など吸い込むゴミが多い方
・ペットやお子さんがいて排気などが気になる方
・紙パックを買うコストを抑えたい方

 
 

Sponsored Link

まとめ

サイクロンを買っても、面倒でお手入れを怠っていて壊れてしまった…
なんて失敗にもなりかねないので、自分に合った掃除機を選んでみてくださいね!
最近では少し高価にはなりますが、紙パック式でも排気をきれいにするフィルターがついているものなども、販売されているようなので、お手入れが面倒だけど、排気も気になる…なんていう方はぜひチェックしてみてくださいね!!