毎年繰り返す手の乾燥によるひび割れ!原因を知って今年こそ解決

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

肌寒くなってくると、水仕事をする人にはツラい季節になりますよね。

水が冷たいのもツラいのですが、

それよりもっとツラいのは手のひび割れです。

一度パックリひび割れしてしまうと、なかなか治りません。

治りかけてもまた割れての繰り返し…。

私も毎年ひび割れに悩まされています。

そこで今回は

ひび割れの原因や対策方法をご紹介していきたいと思います!

そもそも手が乾燥する原因とは?

・バリア機能の低下

バリア機能とは、

汗や皮脂によって作られている膜をさします。

この働きによって、手の水分の蒸発を防いで、

潤いを保つことができるのです。

ところが様々な原因によってバリア機能が低下すると、

手の水分は蒸発してしまい、

角層の表面はカサカサになってしまいます。

すると手は外部からの刺激を受けやすくなります。

そのため、手荒れの要因につながるのです。

・洗剤

主婦の人は特に

食器用洗剤や住居用洗剤などを使う機会が多いかと思います。

このような洗剤類には、油汚れを落とす成分が含まれているんです。

この成分が手の油分も落としてしまい、

手荒れの原因になるのです。

油汚れが落ちやすい洗剤ほど、

手の油分も奪われやすくなっています。

・お湯を使う

油汚れを落としたい時や

寒い時期などは、水が冷たいので

お湯を使う機会が増えますよね。

お湯は水よりも油汚れを落としやすいです。

つまり、手の油分も落としてしまいます。

その結果、手の水分が蒸発してしまい

手荒れを引き起こす原因につながります。

・手洗いのし過ぎ

冬場は風邪やインフルエンザが流行します。

そのためいつも以上に

手洗いの回数が多くなりがちです。

風邪対策をすることは決して悪いことではありません。

ですが、手洗いのし過ぎは

本来必要な皮脂や角質まで

洗い流されてしまうのです。

その結果、手は乾燥してしまい

手荒れを引き起こしてしまいます。

・ダンボールや紙をよく触る

洗剤以外にも、ダンボールや紙類も手荒れの要因なんです。

これらに触れることによって

紙に手の油分を奪われてしまいます。

Sponsored Link

手の乾燥に化粧水が効果的って本当?

ハンドケアというと、ほとんどの人がハンドクリームや

ひび割れ用クリームなどを使用していると思います。

ですが、しっかりケアしているのに

なかなか手荒れが改善されないと感じた経験ありませんか?

私はまさにそれです。

いくらクリームを塗っても全然よくならなくて

毎年ガサガサの手に悩んでいます。

それはケアの方法に間違いがあったのです!

手荒れは手の水分が蒸発して、カラカラの状態になっています。

ですから手の乾燥には、

保湿より先に保水をしなくてはならないのです。

まず化粧水で十分に水分を与えていきます。

そのあとにハンドクリームで

保水した水分が逃げないように

フタをするのが効果的なハンドケアなんです!

実際にハンドモデルの人達は

化粧水とハンドクリームを使って日頃のケアをしているそうです。

手の乾燥に効果抜群のオイルを徹底比較!

ハンドクリームで保湿が物足りない時や

乾燥がひどい場合には、

オイルも使うと保湿効果が高まります。

そこで手荒れに

おすすめのオイルを2種類ご紹介させてください!

・オリーブオイル

オリーブオイルは低刺激のため、

敏感肌の人でも使用することができます。

オリーブオイルには

「オレイン酸」と呼ばれる成分が含まれています。

実はこの成分、私達の皮脂成分にも含まれているんです。

そのため肌になじみやすく、手の保湿にも効果的なんです。

ただ、使用する際の注意点が2つあります。

まず1つ目は「拭き取ること」です。

オリーブオイルは空気に触れると酸化してしまいます。

ですから、手になじませたあと、

表面に残ったオイルは拭き取るようにしてください。

そして2つ目は、できればスキンケア用の物を使用するです。

食用のオリーブオイルでも使用できるのですが、

料理に使うことを目的としているので、

風味や成分が多く残るよう精製されています。

そのためニオイが気になったり、成分が肌に合わない可能性もあります。

そういったトラブルを防ぐためには、

スキンケア用のオイルがおすすめです。

余分な成分などは全て取り除いてあるので、安心して使用できます。

・馬油

馬油はその名の通り、馬の油です。

馬油に含まれる「a-リノレン酸」には、

血行促進作用によって新陳代謝を高める働きがあります。

そのため、肌のバリア機能を修復する手助けをしてくれるのです。

さらにすごいのが、浸透力の高さです!

手にのせた時は、他のオイルと同じベタつきがあるのですが、

少しすると手の表面はサラサラになります。

ですから、ベタつきが気になる人は馬油がおすすめです!

ただ、馬油によっては

少しニオイがあるものもあるので無香料を選ぶのがいいでしょう。

Sponsored Link

まとめ

ハンドケアにはハンドクリームと思っていましたが、

保湿の前の保水が大切だったのです!

私も今年は保水をしてから保湿をしてみようと思います。

毎年手荒れで悩んでいる人は、

保水と保湿どちらもしっかりして、

今年こそは手荒れの悩みから解放されましょう!