インフルエンザで微熱が下がらない理由!外出はいつからできる?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

インフルエンザは高熱が出る、と思い込んでいませんか。

微熱が続いて下がらない場合もあります。

微熱だから、と思っても何日も続くと不安になりますよね。

インフルエンザの微熱で心配ないものもありますが、大きな病気が隠されている可能性もあります。

今回は、インフルエンザで微熱が下がらない場合についてお話します。

インフルエンザで微熱が下がらない理由

インフルエンザは3~4日間高熱が続くものだと思っていませんか。

高熱が出ないインフルエンザもありますし、微熱でもインフルエンザと診断される場合があります。

微熱が下がらずに、ずっと続く場合には、このような理由が考えられます。

・インフルエンザB型に感染

インフルエンザはA型とB型があります。高熱が出るのはA型、B型は発熱しますが高熱が出ることはあまりありません。

平熱かやや高めの平熱が1週間ほど続くので、おかしいなと思いながら日常生活を送ってしまうこともあります。

・初期の段階で薬を飲んだ

インフルエンザと風邪は症状が似ているため、風邪の初期症状と勘違いして、薬を飲んでしまうこともあります。

風邪薬を飲んだせいで、熱が上がらずウイルスが残ったままで微熱が続く場合があります。

解熱剤が効いて高熱にならず、微熱が続いている場合もあります。

市販薬には成分によって危険な場合や、薬の効果が切れると急に高熱が出る場合もあるので、使用には気をつけましょう。

・予防接種を受けた

インフルエンザの予防接種を受けた時には、微熱が1週間くらい下がらないことがあります。

予防接種はインフルエンザの感染を防ぐだけでなく、かかったときに症状を軽くする効果もあります。

・小さな風邪をひいた

インフルエンザに感染すると、体力を消耗し、体の抵抗力が弱くなります。

元気であれば撃退できるウイルスでも、インフルエンザで弱っているときには負けて、小さな風邪をひいてしまうこともあります。

高熱は下がってきたのに、微熱が続く場合には、インフルエンザと同時に、風邪をひいている可能性もあります。

Sponsored Link

合併症の可能性

インフルエンザの高熱はウイルスを撃退するために必要な体の防御機能です。

しかしインフルエンザで微熱が下がらないままだと、合併症を引き起こす可能性があります。

インフルエンザの合併症で危険なのは、気管支炎、肺炎です。

肺炎は最悪の場合、死に至ることもあります。

インフルエンザウイルスが原因の合併症は、高熱後に発症し、種類は多くありません。

細菌の二次感染による合併症が圧倒的に多く、「高熱が下がり、微熱が続くな」と思っていたら、咳が出てまた高熱が出る、症状が多いです。

1週間を越えても微熱が下がらない時には、合併症の可能性が高いので、病院でしっかりと調べてもらいましょう。

Sponsored Link

外出はいつから?

高熱の時は辛くて動けませんが、微熱なら大丈夫、なんて思っていませんか。

微熱ではあってもインフルエンザに変わりはありません。ウイルスが体内に残っています。

人に移す危険はおなじようにあるのです。

微熱の時も、熱が下がって2日間は、外出を控えて、マスクをつけましょう。

子どもの場合は、学校保健安全法で
・インフルエンザを発症してから5日間
・熱が下がってから2日(幼児は3日間)

を過ぎるまでは学校、幼稚園、保育園に行ってはいけないと決められています。

まとめ

大人の場合も、家族にインフルエンザ患者がいたら、会社を休まなくてはいけない場合もあります。

インフルエンザの症状が軽いからといって、ウイルスが少ないわけではありません。

微熱であっても、抵抗力は落ちていますし、細菌に感染して合併症を引き起こす可能性もあります。

外出を控えて、他の人にうつさないように気をつけましょう。

子どもは微熱でも元気なことがありますが、体力を消耗していることを忘れないでください。

熱・顔色・食欲・水分補給をよく観察して、小さな変化も見逃さないようにしましょう。

変ったことがあれば時間と一緒にメモしておくと、病院に行くときに役立ちます。