PTAの役員になると面倒なんだよなぁ!?嫌われない断り方とは!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

最近何かと話題の「PTA役員」

6年間の小学校生活の中で、任意とはいえPTA役員の順番が回ってきそうで憂鬱だな・・・と感じている人も多いのでは?

PTAはやることが多かったり、責任が重かったりと大変ですよね。
 
 
そこで今回は、PTAの役員免除になりやすい理由や、角が立ちにくい断り方、PTA役員に関するトラブルなどまとめてご紹介するので是非参考にしてみてくださいね。
 
 

pta役員は正直誰もがやりたくないと思うもの…

役員は正直誰もがやりたくない

PTAは立候補制や順番制がほとんどで半強制的な雰囲気もあり、あまりやりたくないですよね。

普段も仕事や家事に育児と大忙しなのに、そこでまたPTAの役員もとなると正直厳しいです。
 
 
絶対にやりたくない!と思っていても断り方を間違ってしまうとあとあとトラブルになってしまうので注意が必要ですよ。

 
 

Sponsored Link

pta役員同士のトラブルとか最悪…

トラブル

断り切れず嫌々PTA役員になった場合も、トラブルに悩まされることも。

ただでさえやりたくないのに、PTA役員同士のトラブルに巻き込まれたら最悪ですよね。

なかでも大変なのは、人間関係。
 
 
中でも積極的に会長などを引き受けてくれた、保護者の人がクセが強いと苦労するようです。

クセが強い人が、役職につくと他の保護者の方はいい人なんだけどなという場合でも、大変ですよね。
 
 
また、役員の辞退で子どもに影響が出てしまうケースもまだまだあります。

最近話題になっているPTA役員トラブルは、辞退したら子どもを登下校グループから外すと言われたなんて話も。
 
 
なので、やはりできるだけ波風立てずに、辞退出来る方が好ましいですね。

 
 

Sponsored Link

PTA役員を辞退しやすい理由は?

辞退理由

それでは、どんな理由あれば辞退できる可能性があるのか、さっそく一緒に見ていきましょう。
 
 

・PTA役員を辞退しやすい理由その1「直近でPTA役員を務めた経験がある」

PTA役員を辞退しやすい理由の1つ目は、「直近でPTA役員を務めた経験がある」です。

学校によってではありますが、だいたいが数年以内に役員を務めていたことがある人はPTA役員を免除されるという規定が。
 
 
周りも誰が役員をやってくれていたかは、だいたいわかると思うのでこのような場合はやんわりと伝えてみるとPTA役員を辞退できるかもしれません。
 
 

・PTA役員を辞退しやすい理由その2「妊娠中や乳幼児の子どもがいる」

PTA役員を辞退しやすい理由の2つ目は、「妊娠中や乳幼児の子どもがいる」です。

何かあった場合に大事になってしまうので、妊娠中や乳幼児がいる場合は役員に任命されることは少ないはずです。
 
 
特に妊娠中は、大事な命がお腹にいるので、そこはきっぱり断っていい場面ですよ。

ただし、「その代わりに○○はできます」であったり、「次回の○○はやります」というような代替案を言えるといいかもしれません。
 
 

・PTA役員を辞退しやすい理由その3「同居の家族に介護が必要な人がいる」

PTA役員を辞退しやすい理由の3つ目は、「同居の家族に介護が必要な人がいる」です。

同居の家族に介護が必要な家族がいることも、PTA役員の辞退理由に。
 
 
特に、手伝ってくれる家族などもいないということであれば事情を説明して理解してもらいましょう。

いずれにせよ、どうしても無理だという理由があれば、コミュニケーションをとりながら相談してみることは必要ですよ。
 
 

・PTA役員を辞退しやすい理由その4「シングルマザーまたはシングルファザーである」

PTA役員を辞退しやすい理由の4つ目は、「シングルマザーまたはシングルファザーである」です。

仕事に行ったり、子どもをみることができるのが自分しかいないという場合もPTA役員を辞退できる可能性が。
 
 
ただし、親が同居していたり、近くで面倒を見てくれる場合は難しい場合が多いです。
 
 

・PTA役員を辞退しやすい理由その5「自分が稼ぎ頭としてお金を稼がないといけない」

PTA役員を辞退しやすい理由の5「自分が稼ぎ頭としてお金を稼がないといけない」です。

理由として配偶者が病気になってしまって働けないという場合や失業中の場合、多くの借金ができてしまいフルタイム以上に働かないといけないなどの理由がある場合など。
 
 
デリケートな理由になるので、相談しにくいかもしれませんが理解を得られれば辞退できる可能性が高まります。
 
 

Sponsored Link

PTA役員も内容は様々?簡単な役員になるのも手!

簡単な役員

そもそもPTA役員とひとくくりに言っても、内容は役職によって様々。

大きく分けて、本部と学年、専門の役員に分かれます。
例えば・・・
 
 

・本部役員の内容

会長:総括役。大きな行事ごとで挨拶をしたり、指示進行のリーダー。

副会長:会長の補佐役。会長が不在の時は代理役に。

会計:PTA活動の会計を管理する役。

書記:PTA会議の議事録や文書の作成役

監査委員:会計が正しく行われているか年度末に審査し報告する役
 
 

・学年役員の内容

学年委員長:各学年での行事進行や会議の司会などのまとめ役

学年副委員長:学年委員長の補佐、代理役

学年会計:学年行事などの会計の管理役

学年会計監査:学年行事での会計を年度末に審査、報告役

学年書記:学年の会議の議事録や文書の作成役
 
 

・専門役員の内容

広報:PTA新聞の作成役

教養部:保護者向けの講演会や、子ども向けの料理教室などの学びの場を提供する役

体育部:PTA親睦の体育大会の開催や子どもの運動会の運営、競技参加役

保安部:子どもたちの登下校の安全パトロールをする役

施設部:校庭の遊具や柵などの安全管理やグラウンドの整備役
 
 
このように、役員によって仕事の内容は様々。

もちろん、各仕事の内容によって責任の度合いや難易度も変わってきます。

本部は、いうまでもありませんがひとりひとりの責任の度合いが高いので、大変です。
 
 
専門役員は、やることや活動期間が限られていて内容的に楽そうに感じますが、学年役員と兼任になるケースがほとんど。

同時に2つの担当になるということで、負担は意外に多いのです。
 
 
そこでこの役員の仕事は楽だと感じた人が多いのが、副会長や副委員長です。

会議の出席回数も兼任する人よりは少なく、基本的な仕事は会長、委員長のサポート。
 
 
思いのほか、ねらい目なのかもしれません。

ただし、会長や委員長がどんな人なのかによって、仕事内容の大変さは変わってきます。
 
 
会長、委員長がかなりクセの強い人だったり、人任せにするような人の場合かなり大変になる可能性も。

そういった部分を上手く見極めて、引き受けられるといいですね。

 
 

Sponsored Link

意外といいことも?!PTA役員のメリット

メリット

毛嫌いされているPTA役員ですが考え方によってはメリットも。

なかなか、多くの保護者や先生方とコミュニケーションをとることは難しいですがPTA役員になれば可能です。
 
 
そうすることによって、普段自分の子どもがどんな学校生活を送っているのかや、学校が普段どんな雰囲気なのか知ることができます。

また、意外と自分の親を学校で見かけたときには嬉しく感じ、安心するものです。
 
 
子どもの成長にもプラスになり、自分も貴重な体験のできるので意外にPTA役員はお得な役割かもしれません。

 
 

他の保護者や先生と上手くコミュニケーションを

コミュニケーション

PTAの役員の仕事内容やどうしてもやりたくないときの断り方、PTA役員のトラブルについてなどご紹介しましたがいかがでしたか?

どうしても事情がありPTA役員を引き受けるのが難しい場合は、毅然と断るのもひとつです。

しかし、考え方によってはPTA役員が素晴らしい経験になるかもしれませんよ。

以上、pta役員になると面倒なんだよなぁ…嫌われない断り方とは!でした。