以外と知らないお寿司の人気ネタ!子供と大人でランキングは違う?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

年代問わず食べられている寿司ネタですが、今回はどんなネタが人気があるのか調べてみました。

多くの方は寿司のネタって、世代で好みって違うんじゃないかなって思ってると思っていないでしょうか?

お年寄りと子供とでは当然好みは違うだろうし・・・

でもよく考えてみると、それって実際はそうなんだろうか?、って気になってしましました。

というのも人気のあるトロとかサーモンって年代関係なって思えて仕方ないんですよね^^;

好まれている寿司ネタのランキングと一覧

まず、お寿司のネタの好みとで子供の好きなネタと言っても、お店や性別でも変わって来ませんか?

一般的な寿司ネタで人気があるものを調べてみたところ

ベストテンは

10位:ホタテ
9位:イカ
8位:イクラ
7位:エビ
6位:エンガワ
5位:ネギトロ
4位:ハマチやブリ
3位:マグロの中トロ
2位:マグロの赤身
1位:サーモン

と言う結果になりました。

寿司ネタ全体でも、サーモンが取り分け取り分け人気です。

年代別でみてると、10~30代ではサーモンが人気であるのに比べ、40代以上ではやはりマグロの赤身に人気が集まっています。

でもどの年代でも、マグロの各部位は人気があります。

性別で見てみると、男性が好む好きなネタはマグロの中トロで、女性がサーモンと言う結果になり、この二つが圧倒的な人気と言う事が分かりました。

Sponsored Link

旬の寿司ネタと季節

まず、10位のホタテですが、青森や北海道で養殖されているので、年中美味しく食べられていますが、本当に美味しい時期は、産卵の為に栄養を蓄えている1月頃の寒い時期です。

9位のイカの旬ですが、種類毎によって違い、紋甲イカの旬は冬から春にかけて、アオリイカの旬は春から夏、ヤリイカの旬は1月頃です。

また、3月から5月に現れるホタルイカも美味しいのでお勧めです。

8位のイクラは、9月から11月頃までの旬の時期が美味しく食べられるので、お勧めします。

7位の海老も、イカと同様に種類によって違いますが車海老は、6月から8月が旬で、ボタンエビは、11月から3月頃が美味しく食べられます。

6位のエンガワは、寒い12月頃が旬です。

5位と3位のマグロですが、これも、輸入品や、冷凍等もある為、本当に美味しい本マグロは、12月から2月が旬です。

4位の、ハマチは、ブリの若魚で回転寿司では、養殖したブリをハマチと呼び、夏から初秋が旬です。

2位のマグロは、基本的に12月~2月が旬ですが、回転寿司で出てくるマグロの赤身は「ビンナガマグロ」が殆どなので、11~12月が旬です。

1位のサーモンですが、鮭とは少し違いがあり、ニジマスを海で養殖した「トラウトサーモン」と呼ばれる物です。

日本の北海道で獲れる鮭の旬は産卵のために生まれた川に戻ってくる9~10月が旬です。

お寿司が健康に良いと勧められる理由!

寿司は、低カロリーで、ネタによって、動脈硬化を和らげたり、老化防止になると言うメリットがあり、非常に栄養価の高い食品です。

人気の高かった、サーモンには摂り過ぎると、水銀中毒や神経障害を招くので、注意が必要なのだそうですよ^^;

ダイエット効果や、余分な塩分を体内から出す働きがあり、血圧を下げたり、炎症を押さえる効果もあり、他にも骨粗しょう症になりにくくしたり、美肌にも役立つので、女性には嬉しい食材ですよね。

サーモンと同様に、人気があったマグロの赤身も、タンパク質も豊富で、しかも低脂肪でカロリーも低いのでダイエット食として女性にも人気で、タンパク質においては、牛肉や豚肉よりも優れていると言われています。

動物性脂肪が多い為、食べ過ぎると肥満の原因になると言うデメリットがありますが、緑黄色野菜と一緒に摂る事で、栄養バランスが取れます。

また、その他の寿司ネタについても、ブリやアジは心筋梗塞の予防に効果的だと言われ、シャコや赤貝は肝機能を良くし、糖質をエネルギーに変える働きがあります。

マグロ、カツオ等は炭水化物を燃焼させやすく、口内炎や皮膚炎にも効果的で、うつ病の予防する事も出来ます。

Sponsored Link

まとめ

今回、寿司についてお話して来ましたが、美味しいだけではなく、ヘルシーで低カロリーである事が分かったので、積極的に取り入れたいと思いました。