お年玉切手シートの知られざる価値!知って得する意外過ぎる相場

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

お年玉切手シートってどんな切手のことなの!?

お年玉切手シートとは、お正月にやり取りをするお年玉がついた年賀状の景品であり、当選すると貰うことができる年賀切手の小さなシートのことです。デザインはお年玉切手シートと年賀切手では同様のものとなります。

普段郵便として使うときの違いはないので、同じように使うことが可能です。

お年玉切手シートが発行が開始されたのは昭和25年です。年賀切手の場合は郵便局に行けば誰でも購入することができます。

しかしお年玉切手シートの場合は景品として当たったときのみ手に入れることができるという特徴があるので、郵便局に行っても購入することはできません。

お年玉切手シートに描かれているデザインは毎年変わります。

その年の干支が描かれているシートに切手がいくつかセットになっているというのが特徴です。

切手であることには変わりがないので、シートから切り離すことで郵便物に貼って使うことができます。

その干支が描かれている年に年賀状として使用したり干支に関係がなく日常の郵便として普通に使用するのも良いです。

場合によっては価値が高く売ったときに高額で買い取ってもらえるケースもあるので、それぞれの状況に合わせて売るのか使用するのかを判断することが大切です。

Sponsored Link

どんなお年玉切手シートが高額になるのか?

お年玉切手シートは当選する確率が比較的高くなっています。

美しい状態で保存されているものの数も多いです。

そのため買取を行うときにあまり期待できないと考えられますが、ものによっては高額で買取をすることができる場合があります。

昭和25年から発行が始まったお年玉切手シートですが、初期の段階で発行されたものほど高額になりやすいという傾向があります。

価値が高く高額になりやすいのは昭和25年から昭和31年の間に発行されたものです。

初めて発行された年のものはおよそ4万円ほどの価値が存在します。

翌年の昭和26年になると8000円と下がってしまいますが、その次の年の昭和27年では約24000円です。

昭和28年のものは15000円の価値があると言われています。

売られている場所によってこの数値は前後しますが、一般的にはこのくらいの金額です。

それ以降になると価値は下がってしまい、1万円を超えるものはなくなってしまいます。

お年玉切手シートの額面を考慮すると、比較的新しい時期に出たものでも額面よりは高い価値になることもあります。

これらの価値は切手の状態によっても違ってくるので注意が必要です。

劣化が少なく美しい状態であったり、シートから切り離さずに保管してあることが大切です。

すぐ売るあるいは保管する!どっちがいいの!?

お年玉切手シートが当選してからすぐに売るという方法と保管してしばらく待つという方法があります。

すぐにお金にしたいと考えている人の場合はすぐ売るのも良いですが、切手を保管しておくことでさらに価値が高まる可能性があります。

オークションなどでは翌年にさらに値段が上がったというケースもあるので、保管しておくことがおすすめです。

切手を高く売りたいと考えている人は保管する方法も大切となってきます。

買取価格は切手の状態によって全く異なるので注意が必要です。

ただむき出しになった状態で保管していても意味がありません。

破けてしまったり色が褪せている、折れているといった状態だと価値が低下してしまいます。

切手は紙でつくられているので湿気を吸い込みやすいという性質があります。

たとえ箱に入れていても空気と触れている場合は様々な問題が生じてしまう恐れがあるので注意が必要です。

切手シートの状態で保存する際はクリアファイルなどを活用すると便利です。

大量に入れてしまうと密着感がなくなってしまい折り目がついたりうまく保存ができなくなってしまうので注意します。

このクリアファイルは立てて置いてしまうと切手が下部に寄って折れてしまうこともあるので、立てずに寝かした状態で置いておくことが重要です。

Sponsored Link

当選した場合の引き換えはどうしたらいいの!?

お年玉切手シートが当選して引き換えをしたいと考えたときは近くにある郵便局に行くと良いです。

その際に当選切手や当選はがきを持っていきます。受け取る際に本人であることが確認できる証明書の提出が求められるので注意が必要です。

本人であることが確認できる証明書は健康保険証や、官公庁が発行した免許証や資格証明、許可証などの運転免許証などが必要となります。

会社あてに送られてきたはがきが当選したという場合は会社の関係者であると分かる証明書を持参します。

具体的には登記簿謄本や保険証欄に会社の名前が書いてある健康保険証などです。

本人以外の家族や親戚が当選してその分を受け取りたいと考えている場合も受け取りはできますが、そのときは当選した人の証明書と代理人の証明書の両方が必要となります。

当選した家族と一緒に住んでいるときは不要となりますが、住所が異なっているときは委任状を書いて提出しなければいけません。

当選しているはがきが部分的に切り取られていたり壊れてしまっているものに関してはものによって対応が異なります。

切り取られていたり壊れている部分がほんの少しであり、確実に年賀はがきであると断定することができれば有効であると認められます。