卵一個のサイズ別(S・M・L)の重さとは!カロリーはどれぐらい?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

料理のレシピを見ていると、材料「卵〇個」とよく書かれています。

卵あるある、と思うのですが、ふと疑問に感じました。「卵の数は一緒でもサイズが違うと重さが違う。料理の出来上がりや味に違いが出るんじゃないの?」

そんな疑問を感じたあなたは、大正解です。

まさにその通り。卵1個の重さが変わると、当然カロリーも変ってきます。料理やお菓子の出来上がりや味も変ってくる可能性があります。

今回はサイズ別の卵1個の重さやカロリーなどについて紹介します。

卵の個数はあっているのに、分量の違いで料理やお菓子作りに失敗した、なんてことが防げますよ。

卵1個のサイズ別の重さ

お菓子や茶わん蒸しなど、卵が重要な料理には、卵の重さを正確に把握する必要があります。

卵は規格により重さ別にサイズが分かれているのですが、案外知らないものです。一番大きい卵はLL、一番小さい卵はSSに分けられます。
LL  70g以上76g未満
L   64g以上70g未満
M  58g以上64g未満
MS  52g以上58g未満
S   46g以上52g未満
SS  40g以上46g未満

パック詰めの卵は、このサイズに従って分けられ販売されています。

Sponsored Link

卵1個のサイズ別のカロリー

では卵1個のカロリーはどうでしょうか?

殻を除いた食べられる部分100gあたり151キロカロリーです。

殻は卵の全体量の11~13%ですので、それをもとに計算します。サイズ別のカロリーは次の通りです。
LL  約64g 約97キロカロリー
L   約59g 約89キロカロリー
M  約54g 約81キロカロリー
MS  約48g 約72キロカロリー
S   約43g 約65キロカロリー
SS  約38g 約57キロカロリー

パック詰めの卵はMサイズやLサイズが中心です。卵1個約80キロカロリーと覚えておくと便利ですね。

★うずら卵や烏骨鶏の卵のカロリーは?

卵と一口に言っても、殻が白色の卵の他にも、茶色の赤玉やウズラの卵、烏骨鶏の卵などいろいろあります。

値段が高い卵はカロリーも高いのでは?と思いますが、カロリーは同じです。

参考にウズラの卵と烏骨鶏の卵のサイズとカロリーは以下の通りです。
ウズラ卵(小) 約8.9g  約16キロカロリー
ウズラ卵(大) 約10.5g 約19キロカロリー
烏骨鶏の卵   約40g  約60キロカロリー

烏骨鶏は卵を産む回数がとても少ないので、卵1個の栄養価が高いと言われています。

黄身の量は同じ

卵のサイズが違うと重さも違うので、黄身の大きさも違うのでしょうか?

実はSサイズでもLサイズでも黄身の大きさは同じです。

重さで違うのは、白身なのです。

黄身と白身のバランスで、黄身が多いほうが好きな人は、小さいサイズを選ぶといいですね。

黄身と白身ではそれぞれのカロリーが違います。

卵Lサイズ1個64g(殻含む)の場合、卵白が約39g、18キロカロリーに対し、黄身が約18g、71キロカロリーです。

黄身の方が軽いのに、カロリーは高いのですね。

Sponsored Link

料理レシピの卵1個とは?

料理の本やレシピでは、卵1個と書かれていることが多いですね。この場合の1個は殻込みで約60gです。

Mサイズや小さめのLサイズなら、そのまま1個を使っても失敗することは少ないです。

ゆで卵なら重さにそれほどこだわる必要はありませんが、ケーキなどは卵の分量が違うと仕上がりに響いてきます。

例えばレシピで卵3個のところ、Sサイズの卵を3個使うと、約40gもの差が出てしまいます。その場合は卵をもう一つ追加するなどの調整をした方がいいですね。

Sponsored Link

まとめ

冷蔵庫に常備されている身近な卵ですが、詳しく見てみるとサイズやカロリーで知らないこともいろいろあります。

個数はあっていてもサイズが違うと料理の成功が左右されます。

私は依然、卵の分量を気にせずにケーキを作って失敗したことがあります。以来お菓子作りの時には卵の重さを気にするようになりました。

レシピ通りに作っているのにうまくいかない、お菓子の仕上がりにバラツキがある、という場合には、卵の重さを一度考えてみるのもいいですね。