これで決まり!油汚れが洗濯法によってみるみるとれる落とし方!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

食べこぼし等で汚れてしまった服は、何度洗濯しても、落ちにくいですよね。

今回は、そんな油汚れを簡単に落とす方法をご紹介します。

諦めないで!油汚れにやられた服が洗濯でよみがえる

さて、油汚れを付けてしまった時の対処法ですが、洗濯する前に下処理する事が大切となります。

油汚れのシミを落とす方法

油汚れのシミは、どの油であっても基本的に落とし方は同じです。

シミの面積が小さい場合は、シミの部分を少し濡らしてから、中性台所用洗剤を歯ブラシにつけてシミにトントンとなじませていきましょう。

歯ブラシの毛が寝てしまうくらいこすってしまうと、うまく汚れが落ちないばかりか、洋服の繊維が傷む恐れもあるので、優しく毛の先で叩くのがポイントです。

その後、お湯で洗剤と汚れをしっかり落として、洗濯機で洗って下さい。

シミの範囲が広い場合は、40度以上のお湯に弱アルカリ性洗剤を溶かして、30分ほどつけ置きにします。

たまに洋服ごとお湯をかき混ぜると、油がお湯に浮きやすくなります。

終わったら洋服をすすいで、洗濯機に入れて下さい。

油汚れの中には、黒いシミになってなかなか落ちない場合もあります。

これは、油汚れの上にホコリが付着して固まってしまった事が原因です。

ホコリの下に油のシミが隠れていますので、最初にホコリを取ってからシミを浮かせるようにしましょう。

まずは、中性洗剤をつけた歯ブラシで黒いシミを優しくこすり落とすイメージで、汚れをかき出していきます。

黒ジミがなくなって黄色くなって来たら、弱アルカリ性洗剤を溶かした洗濯水につけ置いて洗濯して下さい。

それでも、油汚れが落ちずにシミが残ってしまうなら、クレンジングオイルを使ってシミを落とす方法もあります。

女性なら多くの人が持っているクレンジングオイルは、オイルと界面活性剤が主な成分です。

油汚れは同じ油に吸着する特性があり、クレンジングオイルのオイルが油汚れにくっついて、そのあと界面活性剤がオイルと水を乳化させて汚れを落とします。

ひとつ注意したいのは、クレンジングオイルをつける前に洋服を濡らさない事。

クレンジングオイルは水に濡れると、直ぐに乳化する為、本来の洗浄力がほとんど発揮できませんので、乾いている状態のシミの上にクレンジングオイルを垂らしましょう。

歯ブラシでよくなじませてシミとオイルが混ざってきたら、水で洗い流しましょう。オイルが乳化すると水が白く濁りますので、濁りがなくなるまでしっかりと洗い流して下さい。

後は同様に、洗濯機に入れて洗濯をします。

Sponsored Link

ワイシャツの油汚れや、襟汚れ。パッと洗濯で消す方法教えます

特に目立つワイシャツの襟汚れですが、たった5分で軽い黄ばみを落とす
方法があります。

ここでは、その方法をご紹介します。

準備するものは

1. 食器用洗剤

2. 40度以上のぬるま湯

食器用洗剤以外で使えるもの

油汚れを落とすならこれ!と言う物を使って、頑固な油汚れを落とします。

食器用洗剤以外にも、女性が化粧を落とす際に使用するクレンジングオイルや、毎朝髭剃りの際に使用するシェービングクリーム等も有効です。

また、市販されている洗剤で、泥汚れや襟の汚れなど部分汚れ専用に作られた「ウタマロ石けん」という洗剤もよく落ちると評判です。

それでは落とし方の手順を見ていきましょう。

手順1:汚れている部分を軽くぬるま湯で濡らす

あらかじめ湿らせて置く事で、生地と食器用洗剤がなじみやすくなります。

手順2: 汚れている襟の部分に食器用洗剤(またはクレンジングオイル、 シェービングクリーム)を直接塗る

薄く、汚れている部分全体に塗ります。

大量につけると色や柄が落ちてしまう可能性があるので、注意が必要です。

手順3: 手でもみ洗いする

ワイシャツを両手で持ち、生地同士を優しくすり合わせます。

古くなって毛が柔らかくなった歯ブラシを使う事も出来ます。

ただし、固い毛の新しい歯ブラシを使ったり、力一杯ゴシゴシと生地をこすり合わせたりすると、生地が傷んだり、汚れが逆に奥に入り込んで取りにくくなる等の可能性があるので、優しくすり合わせる事。

手順4:ぬるま湯で食器用洗剤を洗い流し、いつも通り洗濯機へ

たったこれだけの事で、取れなかった襟の汚れが驚く程に落ちます。

Sponsored Link

まとめ

今回は、しつこい油汚れについてお話しして来ましたが、優しく手洗いする事が大切だと学び、私生活にも取り入れたいと感じました。