インフルエンザの検査を鼻でする理由?他の検査場所はある?

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

病院でインフルエンザの検査したことのある人は多いのではないでしょうか?

私は、新型インフルエンザが流行ったときと、去年インフルエンザの検査をしました。

新型のときは、インフルエンザではなかったけれども、初めての検査にびっくり。

去年は子供と一緒にかかりつけの小児科に行って、検査されました。

息子から検査しましたが、「ちょっと上向いて」の言葉にあごを挙げると、ググーと先生が鼻の奥に綿棒を突っ込みます。

身体をビクッと振わせて涙目になった息子。

「どうしてお鼻にいれるの?」う、どうしてだろう。

「泣かずにえらかったね」と慰めながら、考えました。

インフルエンザの検査はどうして鼻でするのでしょうか?

インフルエンザの検査を鼻でする理由

ずばり、インフルエンザのウイルスが最も多く増殖する場所、その場所が鼻の奥なのです。

検査キットのメーカーさんの説明書にも、鼻粘膜の奥が最も陽性率が高くなると書かれています。

妊娠検査のように検尿で分かれば痛くもなんともないのに、鼻の奥に突っ込まれるのは非常につらいですね。

病院の先生でなかったら、突き飛ばして逃げ帰ってしまうところでした。

Sponsored Link

鼻以外の検査場所は?

鼻以外にも、喉の奥や鼻汁で検査する方法もあるようです。

しかし鼻の奥程の感度ではないため、陽性率が落ちますし、唾液などがつくと正常な検査ができません。

せっかく検査してもその結果が信頼性に欠けるのでは、意味がないですよね。

今のところ、インフルエンザの検査は鼻の奥が一番確かなようです。

検査薬キットのメーカーさんに聞きました

Q:鼻以外の検査方法はないですか?
A:喉で検査することもできますが、鼻に比べて感度が低くなります。鼻に綿棒を入れる検査がつらい、痛いという声をよく聞きますが、この方法が一番確実です。
小さいお子さんの場合、どうしても嫌がるお子さんには、細い綿棒を使ったり、喉から粘液をとる病院もあるようです。

Q:鼻水をラップなどに入れて検査することもできると聞いたことがあります。簡単そうですが?
A:鼻水で検査することもできますが、やはり感度は下がります。
簡易検査では、結果をすぐに見せることが必要です。陽性になればインフルエンザに感染している。陰性であっても、絶対に感染していません、とは言いきれないのです。
その為には、出来るだけ感度の高い方法、鼻の奥を検査する方法が一般的です。

Q:どうしても鼻で検査できない人は、喉で検査することもできますか?
A:鼻から検査、喉から検査、などは、検査キットメーカーがどのように申請したかにもよります。どこから検査するか、は医師の判断でするには構いませんが、保険支払の関係もあり、変更が認められるかはわかりません。

Sponsored Link

自宅で出来る検査方法

インフルエンザの時期、病院の待ち時間を考えると、それだけで疲れてしまいますよね。

体が弱っているときに、他の人の病気を貰ってきそう、なんてしり込みします。

自宅で検査ができたらいいなあ、なんて思ったことはありませんか。

実は、インフルエンザ簡易検査キットを販売している薬品メーカーがあるのです。

その簡易検査キット、販売しているのに、市販されていないんです。なぜ??

特に難しい手順もなく、簡単に陽性か陰性か判断できる検査キットですが、「対外診断用医薬品」に分類される医薬品です。

インフルエンザは検査キットによる反応結果だけでなく、患者の症状や周りの状況を含め、医師による総合的な判断により診断される病気です。

インフルエンザにならないように、普段から予防対策をしっかりしたいですね。

Sponsored Link

まとめ

一般的な風邪とは違い、インフルエンザは小さな子供やお年寄りがかかると、治るのに時間がかかります。重大な合併症を引き起こす場合もあります。

安易な自己判断は家族や周りの人の迷惑になり、インフルエンザを蔓延させる危険性があります。

かかりつけの病院などで、診察・検査をしてもらいましょう。

まずは、インフルエンザにかからないように、体力をつけ、手洗いうがいをしっかりする。インフルエンザウイルスに負けない身体作りを目指しましょう。