お正月料理には意味があるって知っていた? ちょっと素敵な日本文化

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

お正月料理に使われる縁起がいいといわれる食材あれこれ

お正月料理といえばおせち料理で、おせちには縁起がいいとされる食材が沢山使われます。

紅白のかまぼこは紅白餅にも通じる、見るからに縁起がいい色の組み合わせです。

紅色はおめでたさを表していて、白は神聖な色として用いられています。

昆布は喜ぶと掛けたいわゆるダジャレですが、お正月料理にはなくてはならない食材でしょう。

味が染み込んだ昆布は美味しく、家族を幸せにしてくれますから、そういった意味でも外せない一品です。

黒豆はまめに働けますようにと、語呂合わせの良さからおせち料理に加えられた食材です。

まめは本来、健康や体の丈夫を意味する言葉なので、お正月料理にベストだといえます。

エビは、長いヒゲを蓄えている様子と腰が曲がったように見えることから、長寿の象徴として用いられています。

エビはまさに、家族が揃って長生きをお祝いするお正月の食材の代表格です。

数の子は小さな卵が集まった特徴的な食材で、子宝と子孫繁栄を連想させることから縁起がいいとされます。

古くからおせちに使われてきましたから、歴史的に見てもお正月料理に相応しいものです。

錦糸卵は黄身と白身を金銀に見立て、こちらも縁起ものとして昔から人気があります。

お正月料理には、他にも沢山縁起ものが入りますから、是非とも口にしてその年の幸せを願いたいところです。

Sponsored Link

なんでお正月に食べるの? おせち料理に込められた意味

おせちはお正月用のお祝い料理で、漢字では御節と書くのが特徴です。

元々おせちは暦上の節句・節供を指す言葉で、その時に作られる料理をおせち料理と呼んだのが始まりです。

お正月は1年における一番最初の節句で、現代においてはお正月料理をおせち料理と呼んでいます。

日本には、ひな祭りや端午の節句に七夕などと重陽など、全部で5つの節句があります。

本来、おせちはこの5つの節句の料理を指しますが、今では1年で最初の節句を代表するお正月料理を指す言葉となっています。

五節句の料理は平安時代に生まれ、節会と呼ばれる行事で神様に供えたり、ご馳走としていただいたのが始まりです。

ご馳走のことをおせちくといい、それが後になまっておせちとなりました。

おせちがお正月料理の定番となったのは江戸時代の頃で、現在と同じように家族で集まり、食べられてきた歴史があります。

おせち料理は重箱に詰めますが、実はそれにも意味があって込められています。

重箱に詰めるのは重ねる為で、おめでたさを重ねる縁起の意味があります。

元は4段重ねが基本でしたが、地方によっては5段のものも珍しくないです。

1段目には祝い肴、2段目には甘いものを中心とした口取りを入れます。

3段目は海の幸の焼き物などで、4段には山の幸を用いた煮物が定番ですが、4は死を連想するので与の重といいます。

5段目は、将来の更なる繁栄を願ういわゆる控えなので、あえて空にしておいたりします。

所かわれば品かわる? 地方ならではのお正月料理エピソード

おせちは全国的に知られるお正月料理ですが、地域によって中身が違ってくるのも特徴的です。

北海道や東北の沿岸部地方では、鮭の鼻先の軟骨を使った、氷頭なますを加えたりします。

氷のように透き通った見た目をしていて、お祝いの際に手間暇を掛けて作るいわば定番料理です。

塩をまぶし酢で漬け置きますし、大根や人参と合わせていただきますから、紅白のおめでたさと軟骨の食感やあっさりした味が魅力的です。

山形県ではカラカイの煮物という、エイの干物を戻して醤油で煮た、煮付けを加えることがあります。

この料理は郷土料理の一種で、鮮魚が手に入りにくい地方の人達にとって、特別な席での貴重なたんぱく源でした。

お正月だけでなく、お祭りでも食べられてきた料理なので、どれだけ愛されてきた特別なものかが分かります。

中国地方のおせち料理では、なんとワニの刺し身が入れられることもあります。

ただ、ワニといっても爬虫類ではなく、軟骨魚類でサメの一種、フカを指していることに要注意です。

淡白でモチモチとした食感は独特ですが、ハマれば癖になること請け合いの魅力があります。

このように、お正月料理にはその地域ならではの料理があって、他の地域では味わえない特別な一品が入ります。

Sponsored Link

時代かわれば味かわる? お正月料理の現代アレンジ

地域だけでなく時代でも変化するおせちは、現代では時代に合わせてアレンジされています。

レンゲに一品ずつ盛り付けられている料理は、ヨーロッパの料理を思わせる趣があります。

甘いスイーツが採り入れられているのも、現代らしいアレンジによる変化の一つで、過去にはなかった大きな違いです。

ワンプレートに様々な料理が乗せられている、少人数向けのおせちも登場していますから、最早これまでのおせちとは一線を画します。

現代アレンジのおせち料理では、洋風スタイルをふんだんに採り入れているのがポイントです。

食材や味付けに盛り付けなども、全体的に洋風化しているのが現代のトレンドでしょう。

チーズやロブスターにハムなどは、当然ながら伝統的なおせちでは見られませんから、食材からして変化したと見ることができます。

料理の縁起やおめでたさは何処にいったのか、という疑問が生じますが、今では家族が無事に集って同じ料理を食べる、これが縁起を担ぐことになっている印象です。

国産の牛肉や高級な海産物にキャビアやフォアグラなど、高級料理化しているのも現代おせちらしいところです。

日本らしい醤油ではなく、ソースで味付けも珍しくありませんから、全体的に別物に変化しているといえるでしょう。