男の子は宇宙人?ママが理解できないイライラは当たり前のこと!?

男の子は宇宙人

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

元気で、活発で、素直で、ちょっとおバカさん!?

男の子の育児に頭を抱えることはありませんか?
 
 
何度注意しても同じ事を繰り返したり、物を投げたり、飛んだり跳ねたり…
 
 
好きなものにはものすごい集中力を見せたり、興味を持たないことには全く無関心でやろうとしない…

どんぐりや松ぼっくりがポケットから大量に出て来たり…
 
 
何度怒られてもやっぱりママが大好きでいつも甘えてくる可愛らしさがあったり…
 
 
そんな不思議で理解しがたい男の子の生態に、悩まされているママも多いのでは?
 
 
どうしてこんなことするの?
こんなことをしているのは、うちの子だけ?
なんて不安に思うこともあるでしょう…
 
 

女の子の方が育てやすい。
男の子育児は大変!!
なんてよく耳にするものです。
 
 

そこで男の子の特徴をとらえ、男の子とはこういうものだと割り切って楽しく生活するために、現在小学生の男の子を育てている、私の経験を踏まえながら、男の子との関わり方を考えていきましょう。

男の子育児の何が大変?

研究によって、男の子と女の子の脳の性質に違いがあることは、発表されているものの、個性があるので性格などは、育った環境によって違いが出て来ます。
 
 
ですから、一概に男の子すべてが大変で、女の子すべてが育てやすいとは限りません。
 
 
まずは男の子育児の何が大変なのかを考えてみましょう。

すぐに思い浮かぶのはやはり体力勝負なところでしょうか…
 
 
もうどこからそのエネルギーが沸いてくるの?

いつになったら電池が切れるの?と思うほどに男の子は元気で活発です。
 
 
しかし本当に急に電池が切れてしまうこともあります。
電池が切れるまで、全力で遊びます。
 
 
そして大前提として子供であっても、異性だということ。

女の子を育てる上では、ママも昔は女の子だったので、女の子の気持ちを多少なりと理解してあげることが出来ますよね。

しかし男の子は、危ないことをするのが好きだったり、乗り物が好きだったり、戦隊ものが好きだったり、ママには興味が無かったものを好みます。
 
 
そもそもママには経験したことのない未知の世界で生きているのです。
そういう意味では、男の子にはママのおしゃれなども未知の世界なのでしょうね…
 
 
男の子はそのような自分の好きなものの世界に入ってしまうと、凄まじい集中力を発揮します。

その世界にいる間は、手を止めさせないと、何を言っても響かないほど…
 
 
そして男の子というのはすごく勝ちにこだわります。

じゃんけんひとつにしても、負けるなんてことは許されないようです。
 
 
自分が勝って終わるまで、終われません。

Sponsored Link

男の子あるある

もうなんで???

が連発する毎日です。
 
 
はじめは、こんなことをするのはうちの子だけなのではないか…と思いすごく心配したものです。

しかしいろいろな方と情報交換をする上で、あ。うちの子だけじゃないんだ…と安心したのを覚えています。
 
 
それからというもの、毎日のハプニングにも

「よし!今日も立派に男の子やってるな!!」
「男の子絶賛営業中!!」

などと気楽に考えることで、この未知で不思議な行動にも笑えてくるようになりました。
 
 
例としてうちの子の日々のあるあるを紹介します。

・服は二回に一回は、後ろ前反対に着る。
・ズボンも同様。
・ポケットから不思議なコレクションが出てくる。
・人形やフィギュアを見ると戦わせなければ気がすまない。
・乗り物などのタイヤが回るのを見ていたい。
・急に戦いごっこが始まる
・今やりたくなったことは、どうしてもすぐにやりたい。
・階段やソファーからは基本的に飛び降りる。しかもライダーキックのつもりで。
・水溜まりには基本的に入りたい。
・水溜まりに入ると怒られる…じゃぁ飛び越えよう!!…結局飛び越えられずにバシャーン。
・給食袋に消しゴム?
・帰る頃には鉛筆は筆入れではなく、直接ランドセルにイン!!
・プリントは基本的にぐしゃぐしゃ。
・先生からの連絡事項は忘れる。
・学校であったことを聞いても「わかんなーい」「わすれたー」
 
 
あるあると思うことはありませんか?

Sponsored Link

男の子はママが大好き

なんといっても男の子はママが大好きで甘えん坊ですよね。

それが可愛いところでもあります。
 
 
なんだかんだ怒られたってママが大好きなのです。
 
 
だからこそ大好きなママに怒られてしまうと、恐縮してしまうし、大好きなママにほめられると100倍頑張れたりする、ものすごく単純な一面を持っています。
 
 
女の子はやはり成長が早く、おませで早く大人になりたいという気持ちを持つのが、男の子より早い傾向にありますよね。
その一方でいつまでも甘えん坊で、子供らしさを持ち続けている男の子はかわいいものです。

Sponsored Link

男の子を満喫して楽しく子育てをしよう

このように、男の子というのはママにとってはわからないことばかり…

しかし実は男の子ならみんな通っている当たり前の道だったのかもしれません。
 
 
単純な男の子も声のかけ方をちょっと変えたり、お手伝いを競争感覚で楽しませてあげたりすることで、多少はイライラも軽減するのではないでしょうか。
 
 
そして不思議な行動のひとつひとつも
「やっぱり男の子だなぁ!」
「しっかり男の子の仕事してるんだなぁ!」

などと気楽に見守ってあげましょう!
 
 
よくわからないことを一生懸命に全力で頑張る姿も、面白くて楽しく思えるようになりますよ!