ジョギングは朝がおすすめって本当?意外と知らないダイエット効果

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

近年、マラソンブームにより

マラソン大会やマラソンイベントなどが増えています。

ラン活や朝ランなどの言葉も使われるようになりましたよね。

その分走ることに関心をもつ人がいる証拠です。
 
 
そんなジョギングなんですが、

朝にすると効果的って知っていましたか?
 
 
そこで今回はなぜ朝ジョギングがおすすめなのか

お話ししたいと思います。

ジョギングは朝することで効果アップ?

ジョギングは朝にすると効果アップするのは本当です!

朝は1日のうちで最も低体温で代謝も低い状態です。
 
 
この時にジョギングをすると、

体温が上昇し、新陳代謝も活発になります。

すると体内の脂肪が燃えやすくなるのです。
 
 
この効果はジョギングした時だけではありません。

日中も脂肪燃焼効果は持続します。
 
 
つまり、朝ジョギングすることで、

その日の代謝を高め、脂肪を溜めにくい体づくりができるんです。

Sponsored Link

ジョギングを朝するなら時間はどれくらい?

朝ジョギングをする際の時間は、20分〜40分でOKです!
 
 
ジョギングなどの有酸素運動は、

走り始めてから20分経過すると脂肪燃焼が始まります。

ですから、最低でも20分以上は走るようにしてください。
 
 
いきなり長時間走ってしまうと筋肉痛やツラいなどが理由で続かない人も多いと思い思います。

ですから20分〜40分程度のジョギングであれば続けやすいのではないでしょうか。

初心者でも大丈夫!始め方と必要な道具とは?

いざジョギングを始めるとなっても、

やり方や必要な道具が揃っていなくてはなりません。
 
 
これからジョギングを始めようという人のために、

始め方と必要な道具をご紹介しますね。

Sponsored Link

ジョギングの始め方

・ジョギング前に水分補給をする

起床時は、睡眠時に汗をかいたりして

体内の水分は少ない状態です。

また、血流も悪いのでこのままジョギングをしてしまうと、

体に大きな負担となってしまいます。

最悪の場合、

心筋梗塞などを引き起こしてしまう可能性もあるのです。

このような事態を招かないためにも

ジョギングする前にコップ1杯の水を飲みましょう。

冷水だと体を冷やしてしまうので、

常温の水や白湯がベストです。

・空腹時は軽食を食べる

空腹のまま走ってしまうと、

血糖値が下がり、めまいや低血糖症を引き起こす場合があります。

空腹時はジョギング前に、バナナやヨーグルト、野菜ジュースなどの

消化のよい軽めの食事をしてから走るようにしましょう。

・準備運動をしっかりと!

朝は体の筋肉や股関節は硬くなっているので、

準備運動が不十分だと、ケガをしてしまいます。

ジョギング前は肩周りや股関節を回したりして、

凝り固まった筋肉や関節をほぐしましょう。

・スロージョギングで走る

ジョギング初心者の人は

スロージョギングで走るのがおすすめです。

この走り方は、体への負担が少ないので

膝や筋肉を痛めることなく、ジョギングができます。

スロージョギングのやり方は歩幅を狭くして、小走りをするだけです。

Sponsored Link

ジョギングに必要な道具

・ランニングシューズ

ジョギングに最低限必要なアイテムです。

走るのに不向きな靴で走ってしまうと、

筋肉を痛めてしまったり、足にマメや靴擦れができてしまいます。

ですから、自分の足にあったランニングシューズで

ジョギングするようにしましょう。

・ウインドブレーカー

朝は気温や体温が低いので、

体が温まるまでの保温アイテムとして1着持っておくといいですね。

体が温まったら腰に巻いてもいいですし、

コンパクトにまとめられるものだとかさばらないので、

ジョギングの邪魔になりません。

まとめ

ジョギングは朝にするといいのには

ちゃんとした理由があったのです。

ダイエット効果はもちろんですが、

ジョギングは健康的な体作りにももってこいの運動です!

始めるかどうか悩んでいる人は、是非始めてみてください。