髪の手入れは女子だけじゃない!メンズにおすすめの手入れ方法

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

最近では、男性でも髪のダメージが気になる方がたくさんいらっしゃいますよね。
中でも多くの方が悩んでいるのが髪のパサつきです。
 
 
体質だから仕方がない、と諦めてはいませんか?
そのパサつきは、正しい手入れをすることで防ぐことができます。
 
 
今回は、そんな気になる髪のパサつきの原因や、お手入れ方法などをご紹介したいと思います。

髪のパサパサ原因は日々の偏った栄養にあり?

髪のパサつきには様々な原因がありますが、誰にでもあり得るのが栄養の問題です。
生活習慣は体のあらゆるところに影響がありますが、髪も例外ではありません。
 
 
過度なダイエットでの栄養不足や偏った栄養ばかり取ることで、髪にも栄養が
いきわたらず、その結果パサついてしまうのです。
 
 
髪をきれいに保つにはたんぱく質が欠かせません。
そのたんぱく質を日々の食生活で取り入れられなければ、パサつきだけではなく、枝毛、切れ毛、くせ毛の原因にもなります。
 
 
たんぱく質の豊富な食材は、肉や魚、大豆製品、乳製品、海藻類などです。
髪がパサついている、栄養が足りていないかもしれないと思う方は、これらの食材を積極的にとるようにしてみてください。

Sponsored Link

乾燥する冬も髪をパサパサにするの?

髪には推移分が含まれていることで潤いがありますが、乾燥する冬にはその水分が減少し、髪のパサつきの原因になります。
これの対策には、まず頭皮の血行を良くする方法があります。
 
 
頭皮のマッサージをしたり、温めることで欠航がよくなり、髪に栄養が届きやすく
なります。

この際に注意したいのが、温めるからといって熱すぎるお湯で頭を洗わないことです。
熱すぎるお湯は髪にダメージを与えてしまい、さらに潤いが逃げていってしまいます。
 
 
湯船につかるなどで温めるようにしましょう。
また、冬のパサつきを防ぐもう一つの方法として、髪のコーティングがあります。
 
 
髪はキューティクルで水分が逃げないように覆われていて、キューティクルが
はがれてしまうと水分がそこから出ていきます。
 
 
髪をコーティングすることでキューティクルのはがれてしまった部分を補修し、水分が逃げていかないようにするのです。
オイルやトリートメント、クリームなどで、このコーティングをすることができます。

メンズの髪にもトリートメントが必要!パサつかない使用方法とは

先ほどご紹介した通り、髪のパサつきには髪のコーティングをしてくれる
トリートメントはとても効果的です。
 
 
トリートメントは髪の表面だけでなく、内部のダメージも補修できる優れものです。
しかし、正しい使用方法でないと、その効果を最大限に発揮することができません。
 
 
正しい使用方法をご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。
通常のトリートメントはシャンプーの後に行いますが、ここでポイントとなるのが、トリートメントをつける前に、タオルで髪の余分な水分を落としておくことです。
 
 
こうすることで、しっかりと髪全体にトリートメントがいきわたるのです。
トリートメントを手に適量とり、薄くのばして髪全体に揉みこみます。
 
 
すぐに流してしまうのではなく、5分ほどそのままにして、髪に浸透させます。
最後にトリートメントを洗い流して完了です。
 
 
頭皮にトリートメントが残っていると炎症を起こしてしまうことがあるので、しっかりと
洗い流しましょう。

この方法で毎日続けていると、髪の潤いを取り戻すことができますよ。

Sponsored Link

まとめ

髪のパサつきの主な原因は、栄養不足や乾燥などです。
髪に栄養を与えるには、日ごろからタンパク質を積極的に摂取することが大事です。
 
 
乾燥には、髪にコーティングをして水分が逃げていかないようにしましょう。
トリートメントなどを正しく使用することで、表面のキューティクルも、内部の
ダメージも補修ができます。
 
 
正しいお手入れで、いつでも潤いのある、きれいな髪を手に入れましょう。