ハロウィンの傷メイクを自分で作ってみよう!ティッシュで作る傷メイク

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ハロウィンの季節になりましたね。毎年さらに盛り上がりを見せるハロウィン。

衣装を着るだけじゃ物足りないあなた、他の人と被ってしまわないか心配なあなた。

ハロウィンの仮装と一緒に、リアルな傷メイクなどいかがでしょうか。

そんな難しいこと出来ないわ、と思っているあなた、家にある身近なものでリアルな傷メイクが作れるのです。

頬から口元に伸びる裂け傷、腕の切り傷など、プロ顔負けの傷メイクを自分で作ってみましょう

水のりとマーカーで作る傷メイク

用意するもの:水のり(速乾性木工用ボンドでも可)、水性マーカー(赤、ピンク、オレンジ、茶、黒など何色でも可)、綿棒(筆)、爪楊枝

1.傷メイクを作りたい場所に水性マーカーで色を付けます。
 ポイント:傷が深い部分は濃い色、傷が浅い場所は淡い色と強弱をつけると、リアルさが増します。

2.綿棒か筆に水を含ませて、水性マーカーで色を付けた場所をぼかします。

3.色を付けた場所とその周りに水のりをつけ乾かします。
 ポイント:水のりは、赤い傷には薄く平らに、めくれた皮膚には多めに塗るとリアルさが増します。

4.水のりが完全に乾く前に、色を付けた場所周辺を綿棒や爪楊枝でこすり、めくれた皮膚を作ります。

5.色と形を整えリアルに見えるようにしましょう。

ティッシュで作る傷メイク

メイク道具とティッシュを使って、より深い傷を作ることも出来ます。

用意するもの:ティッシュ、木工用ボンド(アイプチでも可)、赤系口紅、アイシャドー、ファンデーション
1.木工用ボンドを作りたい場所に、作りたい大きさ形にして塗ります。

2.ティッシュを細かくちぎって貼りつけます。
ポイント:真ん中から貼っていきましょう。徐々に広げながら、凸凹感がある方がリアルに見えます。

3.ティッシュが乾いてから、全体を赤く塗りましょう。白い部分をところどころに残しましょう。
ポイント:盛り上がったティッシュを、切ってもリアル感が出ます(肌を切らないように、はさみがいいでしょう)

4.ファンデーション(アイシャドーでも可)で肌とティッシュの境目をぼかします。

5.ティッシュの白い部分を、茶、黒、紫のアイシャドーでリアルな傷に塗っていきます。

6.仕上に上から赤を塗り足します。

ハロウィンで盛り上がってる印象があるところはどこだと思いますか?
  • 別の選択肢を追加する

シールで作る傷メイク

自分で傷を作るのは苦手な人、ちょっと不安な人、今すぐ出かけたい人には傷メイクがすぐに出来るシールがあります。

キーワード検索:特殊メイク用タトゥシール、リアルなメイクシール などネットで便利な特殊メイクシールが販売されています。

使いたいときにすぐに届くとは限らないので、使うかも、、と思っている人は早めにチェックしておきましょう。複数のシールを使うとよりリアルに見えます。

さて、オリジナルのリアルな傷メイクが出来た方、これで満足でしょうか?

よりリアルに見える、傷口から流れる真っ赤な血のりがあった方がさらに怖いかも。

リアルな血のりも自宅で作れたら、よりリアルな雰囲気が出るので、ハロウィンの傷メイクにはぜひ使いたいものです。

これも自分で作れるので、紹介します。

【血のり】
用意するもの:片栗粉、食紅(赤、黒、緑)、お湯
1.片栗粉にお湯を入れてドロドロにする。
2.食紅(赤、黒、緑)をいれる。
ポイント:黒と緑を入れると血に近い色になりリアル感が増します。様子を見ながら調整しましょう。
食紅は食品なので、口に入っても安全です。
傷口から垂らしたり、衣装につけてもリアル感がでます。

さて、楽しいパーティーが終った後、どうやって傷メイクを落としたらいいでしょうか。

水のりや木工用ボンドは、乾いているメイクをはがせば大丈夫です。

無理にはがすのが痛い場合は、水やぬるま湯で流せば落ちます。

メイク道具を使った場合は、化粧と同じく、クレンジングオイルで優しく傷メイクを落としましょう。

ゴシゴシこすると肌を傷つけるので、優しく落としましょう。

いずれも、傷メイクを落とした後は、しっかりと保湿をして肌をいたわることを忘れないでください。

まとめ

最近はハロウィンがとても盛り上がっていますね。衣装もいろいろと出ています。

そこに傷メイクつけると、さらにパワーアップ。オリジナルの傷メイクなら、他の誰にも負けません。

アイシャドーを普段使わない人は、百均でも大丈夫。すべてを百均で揃えても、数百円で傷メイクが出来ちゃう、ってすごくないですか?

特殊メイクは映画の世界、と思っていませんでしたか?

自宅にある物でもわりと簡単に傷メイクが作れるのです。

少々うまくできなくてもそこはご愛敬。ちょっと暗い場所なら全く気になりません。

今年は、自作の傷メイクで、ハロウィンパーティーに参加してみましょう。