革靴に適したお手入れ方法とその頻度は?

革靴 手入れ

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ビジネスマンの必需品の一つともいえる革靴。

あなたはどのようなお手入れをしていますか?
 
 
革靴はお手入れの仕方で寿命を伸ばすことも縮めてしまうこともできます。

そのため、正しいお手入れをするのが大切なポイントです!
 
 
ですがなかには、革靴のお手入れ方法がわからない人もいるかと思います。

そこで今回は革靴のお手入れ方法についてご紹介します!
 
 

革靴の手入れにブラシは必須?

革靴の手入れにブラシ

革靴の手入れには、

「普段おこなう手入れ」「しっかりした手入れ」

2種類があります。
 
 
このどちらの手入れにもブラシは必需品です。

なぜブラシが必須なのかというと、ブラシには汚れを払いおとす役割があるからです!
 
 
革についたチリやホコリ、泥などの汚れを靴につけたまま放置してしまうと、チリやホコリは革の油分を吸い取り、乾燥させてしまいます。
 
 
すると革靴のシワの原因になってしまうのです。

そして泥などの汚れは、シミになる可能性があります。
 
 
それを防ぐためにも、汚れをブラッシングで取り除いてあげるのが重要なポイントです。
 
 
革靴の手入れにブラシが必須なのは、このためなんです!

 
 

Sponsored Link

革靴の手入れにブラシは?

革靴の手入れにブラシ

上で革靴の手入れには、2種類あると紹介しました。

まず普段おこなう手入れは、毎日革靴を履いた後におこないます。
 
 
ですが、手入れといってもすぐ終わる簡単な作業です。

脱いだ靴を馬毛ブラシでブラッシングをして、シューキーパーをいれておくだけです。
 
 
次にしっかりしたとした手入れは、月に1回おこないます。

この手入れは、月に1回以外にも「擦り傷や色落ちができた」「雨などで水に濡れた時」もしっかり手入れをする合図です。
 
 
しっかり手入れの手順も合わせてご紹介しますね!

〈やり方〉

①馬毛ブラシを使って、全体についているチリやホコリ、

泥などの汚れをキレイに払いおとします。

ヒールと革の間は汚れが溜まりやすいので、この部分もしっかり

ブラッシングしておきましょう!

 
 
②クリーナーを布にとり、全体の汚れ(ヒール部分も)を拭き取ります。

 
 
③シューキーパーをいれて、靴の形を整えます。

 
 
④布やスポンジに革靴用の保湿、補色効果のあるクリームをとり、手早く全体にまんべんなく伸ばしていきます。

 
 
⑤豚毛ブラシを使って、全体をツヤがでるまでブラッシングしてください。

これによって、全体に薄く均等にクリームを馴染ませることができるので、

隅々までしっかりブラッシングしましょう!
 
 
⑥キレイな布で全体を磨き上げ、

仕上げに防水スプレーをかけたら完了です!

これがしっかり手入れの手順となります!
 
 
月に1回、リムーバーで汚れを落として、クリームで栄養を与えてあげることで、革靴をいい状態で長持ちさせることができるのです。
 
 
ただ、この手入れを頻繁にしてしまうと、革が柔らかくなりすぎてしまい、型くずれをおこしたりと逆効果になるので気をつけてくださいね。

 
 

Sponsored Link

革靴の手入れに必要な道具一覧!

道具一覧

・馬毛ブラシ(ほこり落とし用)

・豚毛ブラシ(ツヤ出し用)

・革靴用クリーナー

・革靴用クリーム

・布やクロス

・シューキーパー

・防水スプレー

革靴の手入れには、上の道具があればOKです!
 
 
それにプラスして、においが気になる人は靴用の消臭アイテムなどを加えて使用してください。

消臭アイテムのなかには、消臭だけでなく、除菌や防カビ効果があるものもあります。
 
 
ですから、梅雨や夏場だけ手入れグッズに加えてみるのもいいと思います。

 
 

Sponsored Link

まとめ

革靴は、履けば履くほどその人の足に馴染んだり、風合いが出たりと、味がでてくる靴です。
 
 
そんな革靴を長持ちさせるためには、お手入れ方法が重要なカギとなっています!

今回ご紹介した2つのお手入れ方法を実践すれば、革靴の寿命はグッと伸びます!
 
 
是非参考にしてみてくださいね。