出雲大社神在祭の交通規制と駐車場情報!見学した感想と楽しみ方のポイント

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

出雲大社神在祭へのアクセス

公共の乗り物では

鉄道
・JR出雲市駅
・一畑電車 出雲大社前駅
があります。

一畑電車でのアクセスが便利で、松江市または出雲市中心部からのアクセスになります。

出雲大社前駅からは徒歩で出雲大社に向かうことができ、道中は土産物店が立ち並ぶ「神門通り」で歩くのと同時に観光も楽しめます

JRの場合、JR出雲市駅からは「一畑バス」を利用することになります。

出雲大社の正門前まで走るバスは「出雲大社・日御碕・宇竜行き」で、通常であれば30分に1本の間隔で出ています。

詳細な情報は公式ホームページで2週間くらい前に発表されるようです。

Sponsored Link

出雲大社神在祭の交通規制と駐車場情報

車を利用する場合は周辺に無料駐車場が用意されるので、そちらを利用しましょう。

出雲大社には
大駐車場(385台収容)
第2駐車場(360台収容)
第3駐車場(20台収容)

の3つの駐車場があります。

ただし、神迎祭ではほぼ満車になることが予想されるので周辺の駐車場も利用してみてください。

無料駐車場
「島根県立古代出雲歴史博物館」
「みせん広場北側」
「神門通り広場」

などにも駐車場が用意されています。

そんなに大きな町ではないので一度に人が集まるこの日は必ず渋滞します。

当日は時間に余裕を持って向かう方がいいでしょう。

また状況によっては駐車場の規制がかかってしまうことも。

出雲大社周辺渋滞・駐車場情報提供

で常に最新の情報をチェックしておきましょう。

Sponsored Link

出雲大社神在祭を見学した感想

出雲大社 神在祭の時期には、あらゆるところの駐車場が混雑し、交通規制も行われますので、その点も気を付けて計画しました。

もちろん、この時期の出雲空港は大混雑という情報も踏まえて、岡山空港発着という選択をして正解でした。

神聖な場所である出雲大社であるが故、そのお祭りの規模や混雑状況にも圧巻でした。

もともとの目的は出雲大社の荘厳な雰囲気を感じるということでしたが、大社駅から出雲大社の鳥居まで続いている参道にもたくさんの見どころがありました。

さすが出雲といった感じの古き良き街並みが見られたのも、この神在祭の時を選択したからこそだったかもしれません。

当たり前かもしれませんが、お祭りなので交通規制がしっかりとされていました。

そのため、人混みも手伝って、大きな道は通れないので、あえて、細い道を選択すると、その街並みと人情を感じる場面もたくさん存在しました。

夜神楽祈祷祭は行く予定がありませんでしたが、地元の方と思しき女性が教えてくださったので、これも堪能することができました。

参拝やご祈祷だけでなく、古くから続くお祭りの雰囲気を味わい、建物の歴史なども調べつつ大変有意義な時間を過ごすこともできました。

混雑するからこそ見られる風景や、その良さを肌で感じることができ、昔ながらのあたたかさを実感できる良さにも気づけました。

言葉では言い表せない感情を持ち、感動が続く旅となったことは言うまでもなく、とてもいい思い出となりました。

Sponsored Link

出雲大社神在祭の2018年行事日程

出雲大社神在祭の公式サイトはこちらです

出雲大社神在祭の紹介