遺産相続は知らないと損しちゃう?税金対策などの対処法

遺産相続

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

遺産相続は、おそらく誰もが人生で一度は直面する問題ですよね。
誰が受け取るのか、どうやって分けるのか、様々な問題がありますが、その中でも大きな問題が、税金。
 
 
自分で稼いだお金ではないとはいえ、遺産を相続すると必ず税金が跳ね上がってしまいますよね。
 
 
国のためだとしても、遺族が自分たちに残してくれたお金を払うのはなんだか気がひけてしまいますよね。

今回は、そんな遺産相続でかかる税金や、その対策法などをご紹介したいと思います。

遺産相続の税金はいくらくらいかかるの?

遺産相続の税金はいくらくらいかかる

遺産相続の税金はいくらくらいかかる

遺産相続の際にかかる税金のことを、「相続税」といいます。
相続税は財産を相続すると発生し、その金額は遺産の総額、相続する人数などによって変わります。
 
 
財産とはお金だけではなく、土地や建物、生命保険金なども含まれます。

相続税は、遺産相続をしたら必ず払わなければならない、というわけではなく、一定のラインを超えた場合のみ、支払う義務が生じます。
 
 
相続税には「基礎控除額」というものがあり、その金額よりも遺産の総額が上回っている場合に、相続税がかかってしまうのです。
基礎控除額の計算方法は、「3,000万円+600万円×相続人の人数」です。

この金額よりも遺産総額が多い場合は相続税がかかり、少ない場合は相続税がかかりません。

 
 
相続税の計算方法は、相続した金額によって変わり、1,000万円以下なら10%の税率が、3,000万円いかなら15%の税率かつ50万円の控除が、5000万円以下なら20%の税率かつ200万円の控除が、1億円以下なら30%の税率かつ700万円の控除があります。
 
 
これらの計算で出た金額が、相続税として納めなければならない金額です。

Sponsored Link

遺産相続は確定申告可能?

税金を控除する方法

税金を控除する方法

遺産相続をしたら、確定申告をしなければならないのか、どうやってすればいいのか
なども、よく皆さんが疑問に思うところですよね。

遺産相続をして、相続税が発生した場合は申告が必要になります。
 
 
先ほどご紹介した計算で、控除額よりも遺産総額の多いときに、申告をしなければ
ならないんですね。
 
 
また、遺産相続で土地や建物を相続し、それらを売却した場合には相続税ではなく
所得税としての確定申告も必要です。

遺産相続をした場合、自分には申告が必要なのか
どうか、しっかりと確認しましょう。

Sponsored Link

税金を控除する方法とは?

税金を控除

税金を控除

相続税に関する控除は先ほどご紹介した通り、基礎控除と相続金額によってかわる
控除額があります。

これらは相続人が誰であっても控除でき、特別な申請なども必要なく、遺産を
相続すれば自然に控除されます。
 
 
これとは別に、特別な控除が他にもあります。
ひとつは配偶者控除というもので、相続人が配偶者である場合に限り、控除が
受けられます。
 
 
妻であれば夫の遺産相続の場合、夫であれば妻の遺産相続の場合ですね。
相続金額が1億6,000万円以下だと、相続税が控除されるのです。

配偶者の遺産相続だとほとんどの方が控除されるのではないでしょうか。
ふたつめの控除は、未成年者控除です。

 
 
相続人が未成年の場合、「(20歳-今の年齢)×10万円」が控除されるというものです。
もう一つの控除は、障碍者控除といって、相続人が障碍者の場合、「(85歳-今の年齢」×
10万円」が控除されます。
 
 
これらの控除があることを知っていると、払う税金の金額が大きく減るかもしれないので、
自分に当てはまるものがないか、しっかりとチェックしておいてください。

Sponsored Link

まとめ

遺産相続をしたら相続税がかかりますが、全員にかかるのではなく、基礎控除額を
超えてしまった人にのみ、支払う義務があります。

しかし、払わなくなってしまっても基礎控除や配偶者控除など、様々な控除が
ありますので控除のおかげで相続税がなくなるということも。
 
 
遺産相続をした際は余計な税金を払ってしまうことのないように、相続税のことを
しっかりと理解しておきましょう。