インフルエンザになるとお風呂に入れない!いつから入っても大丈夫!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

インフルエンザになると、医者から「しばらくお風呂に入らないでね」と悲しい宣告を受けます。

ある意味子供は喜んでいる?のかもしれませんが、親としては非常につらい。

風邪なら2日くらいで良くなるのですが、インフルエンザとなると1週間くらいはかかりますよね。

冬で汗をかきにくいとはいっても、全くお風呂に入らないのは非常に抵抗があります。

病気の時は清潔にしないといけないのでは?なんて思います。

お風呂に入ってはいけない理由と、もし入る時の注意点をまとめてみました。

このポイントを守れば、快適な闘病生活がおくれます。

インフルエンザでお風呂に入れない時

インフルエンザだからお風呂に入れない、ということではありません。

お風呂のお湯で、家族にインフルエンザがうつる訳でもありません。

熱が出ているので、お風呂に入るのをやめておいたほうがいい、ということです。

・お風呂を控える理由

元気な時にはわかりませんが、お風呂に入ることは体力を使います。

高い熱が出ているのは、体がウイルスと戦っているからです。

お風呂で体力を使ってしまうと、ウイルスと戦う体力がなくなってしまう可能性があります。

そのため、症状が落ちついて体力が回復するまでは、お風呂を控えましょう、ということなのです。

・お風呂に入る目安

目安の一つは、熱が下がってから2日後です。

ウイルスとの戦いが落ちついたころですね。

熱が下がっていても、体がだるかったり、食欲がない時には、体力温存のために入浴は控えましょう。

また、多少微熱があっても本人が元気で、特に不調がなければ、軽くお風呂に入ってもかまいません。

Sponsored Link

お風呂に入る時の注意点

症状が落ちついた、軽くなったといっても、元気な時とは違います。

以下のことに注意しましょう。

・短時間ですませましょう:長時間入ると体力の消耗が大きくなります。
・脱衣所を暖房などで温めましょう:温度の急変は体力を奪います。
・風呂上りはドライヤーなどで髪の毛をはやく乾かしましょう。
・部屋を暖めましょう:湯冷めを防ぎます。
・入浴後は水分補給しましょう:入浴で水分が奪われます。
・すぐに布団に入って安静にしましょう。

身体は熱を出すことでウイルスと戦っています。そう、ウイルスは熱に弱いのです。

お風呂に入って体が温まったら、体が冷えないようにすぐに布団に入りましょう。そしてウイルスと戦う体を応援しましょう。

元気な時と違って、インフルエンザにかかると、普段より気をつけなければいけないことがいろいろとあります。

お風呂に入るなら、短時間で体を冷やさないようにしましょう。

タオルで体をふくだけでも気持ちがいいものです。

Sponsored Link

まとめ

ある程度体力が回復してくると、お風呂に入ってさっぱりしたくなる気持ちもわかります。

入浴は思った以上に体力を使うので、早い時期に入ってしまうと、ぶり返してしまうこともあります。

病気を治すのも、お風呂に入るのも焦らずじっくりと。

熱が下がってから2日後が目安、と言われるのはこのためです。

焦らずに治したいですね。