十日市(氷川神社酉の市)!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

氷川神社酉の市

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

武蔵一の宮・氷川神社は、日本各所に点在する氷川神社の総本山です。

この氷川神社は「大いなる宮居」という意味を成し、この地「大宮」の由来となった場所です。
 
 
今から2400年以上前に創立され、古くから地元の人に愛されて来ました。
日本有数のパワースポットとしても知られており、日本各地から参拝客が来ます。
 
 
日本一長い参道がある神社としても有名で、その全長は約2km。
 
 
さいたま新都心駅の近くから続くこの参道にも、十日市の日は屋台が軒を連ねます。
この長い長い参道に沿って、約1000店もの出店が並びます。
 
 
十日市が開催される12月10日は、0:00~23:00まで神札授与が行われます。
 
 

十日市(氷川神社酉の市)の楽しみ方・見どころは?

食べ物

大宮駅東口から氷川神社へ向かう道では、氷川神社へ近づくほどに屋台が増えてきて、お祭り気分が味わえます。

参道までの道では、地元の飲食店が食べ歩きできるものを特別販売していたり、美容院や洋服店が商品を割引価格で販売していたりします。
 
 
参道では、多数の屋台が軒を連ねており、いろいろなお店を見比べて、たくさん美味しいものを召し上がってくださいね。
 
 
大宮には、地域ならではの美味しい食べ物屋さんやおしゃれなカフェがあるので、お気に入りのお店を見つけてみてください。
 
 

熊手編

屋台が続く参道を抜けると、たくさんの熊手が販売されており、まさに圧巻。一見の価値ありです。
企業や商売をやっている方は大きな熊手を購入し、これからの商売繫盛を願います。
 
 
大宮には、この熊手を飾っているお店がたくさんあるんですよ。
また、個人でも1000円以下で小さな熊手を買うこともできます。
 
 
十日市に来た記念に、また自身の願いを叶えるために是非買ってみてくださいね。

店舗によって熊手のデザインが違うので、いろいろと見比べて、お気に入りを見つけてくださいね。
 
 

子連れ・お年寄りと一緒の場合

十日市は非常に混雑しています。特に氷川神社の近くは前に進むのもやっとというほど。

そこで、小さい子供と一緒に行く場合やお年寄りと行く場合は、午前中から昼過ぎに行くのがおすすめです。
 
 
夕方から夜にかけては混雑のピークになりますので、日中でしたら比較的落ち着いて楽しむことができます。

 
 
みどころはやはり、熊手です。

空高くまで飾られて、所せましと並ぶ大小さまざまなデザインの熊手は、見るものを圧倒します。
 
 
熊手を購入すると、音頭をとって祈願してくれるので、方々から音頭が聞こえて来て、とても賑やかです。

もちろん熊手を購入するのもおすすめですが、購入しなくても、見ているだけで楽しくて、こちらまで縁起が良くなりそうな気持ちになります。
 
 
写真映えするスポットなので、写真を撮ってもいいと思いますが、人がとても多いので、十分注意してくださいね。

この十日市は、大宮では一年の中で最も盛り上がる行事です。
 
 
是非この機会に大宮に来てみてくださいね。
そして十日市で福をもらって、2019年がより素敵な一年になるように祈りましょう!

 
 

Sponsored Link

開催場所と開催時期、日程

開催場所:
大宮駅東口の氷川神社とその周辺

開催時期:
2019年12月10日

 
 

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:
JR各線、東武野田線、ニューシャトル大宮駅東口から徒歩15分

コインパーキングはありますが、人でごった返していて交通規制されているので、公共交通機関の利用がおすすめ。

 
 

Sponsored Link

混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

非常に混雑している。
 
 

Sponsored Link

まとめ

大宮にある武蔵一の宮・氷川神社で行われる酉の市です。
福を望む多くの人が訪れ、屋台で食事や遊びを楽しんだり、熊手を買ったり、神社で祈祷したりします。
開催場所は日本でも有数のパワースポットで知られる、氷川神社ですので、とてもご利益がありそうです。
屋台は約1000軒もの出店が並ぶので、いろいろなものを食べ歩くのもいいですね。
屋台で定番の焼きそばやたこ焼き、ベビーカステラだけではなく、地元企業も出店しているのでぜひチェックしてみてください。

一年の中で最も大宮が盛り上がる、特別な日に、是非来てくださいね。