東伏見盆踊り祭り!地元民が伝える見どころや近隣の駐車場!

東伏見盆踊り祭り

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

小さいですが、ちゃんと櫓を建てて盆踊りのテーマ曲みたいのを常にながしているので周りで盆踊りを踊って楽しんでいます。
 
 
小さい子から年配の方まで浴衣を着て集まって来てます。
オバQ音頭が名物みたいで頻繁に流れてるので覚えてしまいます。

 
 
盆踊りが終わって1回だけガリガリ君が数量限定で配られます。ソーダ味のみ!とにかく小中学生メインで群がります。可愛いです。
 
 

東伏見盆踊り祭りの楽しみ方・見どころは?

 
 

屋台が豊富

屋台の出店数が、地元のお祭りにしてはかなり豊富で色々な種類の屋台があるので相当楽しめるし食べ過ぎてしまいます。
飲食系からスンパーボールすくい、ヨーヨー釣りまで多種多様です。
 
 
座って食べ飲み出来るスペースもかなりあるので、大人も楽しめるお祭りです。
家から近い安心感からか、本気で酔っ払いがいっぱいいますが、決して危ない雰囲気はないのも良いところです。

 
 

駅近便利

東伏見のアイスアリーナの駐輪場と空いたスペースを利用してやっているので、駅近で明かりもかなりあるし安全面も高いと思います。
スペースがある分、適当に座って食べたりも出来るし小さい子も走り回れるし昔からやっているお祭りですが変わらない楽しさを感じれます。
 
 
地元祭りなだけあって、自転車で行く人が多く駐車場はかなり必要になりますが、そのスペースも確保されているので、ギツギツに詰められてはしまいますが、だいたい困らず止めれます。

自転車では無理でも駅近なので1.2駅電車出来ても電車を降りたらすぐお祭り会場に着きます。

 
 

地元密着ならではの楽しみ

小学生の頃も毎年通い、大人になった今でもなるべく毎年行ってます。

地元にそのまま残っている同級生に会えたりして久しぶりに盛り上がってみたり、子どもが出来ている子がいたり、旦那さんや奥さんを連れている同級生を見かけたり大人になってから行く楽しみもまたありきです。
 
 
里帰りしてる時に子どもと来ている人もいるので、昔から変わらない感じが本当にいいと思います。

 
 
屋台も年季が入っていてテーブルや椅子も長年使っている感じがめちゃくちゃでていてキレイさには気を配っては一切ありませんが、それがまた良いんです。

 
 

車もなく安全

アイスアリーナ内と隣接地帯なので、車が通ることもなく小学生くらいだと子どもだけで来ている子も結構いますが、安全な場所ではあると思います。
 
 
メイン入り口付近に飲み食いスペースがあって大人がワイワイしていて1番奥に盆踊りスペースなので、自然と大人の視界に守られているというのもあったのかもしれません。
 
 
出入り口自体は数カ所あり、出入りも混んたりしているイメージもあまりありません。
小さい子ども連れ、ベビーカーで来ても大丈夫なくらいのスペースが確保されていたりするので、誰でも気楽に楽しめるんだと思います。

 
 

小さい子メイン?

高校生くらいがわりと少ない印象ですが、それがまた小さめの子には楽しめるポイントなのかもしれません。

ちょっと粋がった高校生には面倒な子もいるので、、、

 
 

Sponsored Link

開催場所と開催時期、日程

開催場所:

東京都西東京市東伏見アイスアリーナ

開催時期:

2019年7月27日28日

 
 

Sponsored Link

アクセスは?公共交通機関(電車・バス)と車のどっちがおすすめ

アクセス:

電車が1番便利
西武新宿線東伏見駅徒歩30秒の駅近く。

駐車場はタイムズが20台くらいはあるはず。
お祭り会場としては、特別な駐車場の準備はありません。

 
 

Sponsored Link

混雑具合、来場者数など子供やお年寄りと行って大丈夫か?ベビーカーはOK?

混雑はしますが、地元住民が多いので子どもからお年寄りまでベビーカーありきでも大丈夫です。
 
 

Sponsored Link

まとめ

とにかく地元住民に密着している地元祭りです。
長年続いているので、安全なんだと思います。
 
 
駅近なので交通の便も便利ですし、自転車で行っても駐輪場は確保されています。
出店の種類の豊富さは食いしん坊の私はかなりオススメです。
 
 
お酒も用意されているので大人も普通に楽しめるし、実際に相当毎年楽しんでいる人沢山います。
子どもだけで行っても安全だと思ってます。
 
 
私も小学生から友達だけで毎年通ってました。
盆踊りもあるので浴衣が映えます。