住吉大社の初詣に全国から参拝に来る人が多い理由!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

なぜ住吉大社には全国から人が参拝に訪れるのか!?

住吉神社は、全国にある住吉神社の総本社です。

親しみを込めてすみよっさんと呼ばれています。

年間の産廃者数は230万人ととても多いことがわかります。

1800年もの歴史があり、古くから親しまれてきたことも多くの人が全国から参拝に訪れる理由の一つでしょう。

また、最近はパワースポットとしても注目を集めています。

いろいろなネット上のサイトを見ると、パワースポットとして注目されていることがわかります。

これは何故注目されるようになったのかは不明ですが、御利益があるとして人々に信仰されてきた住吉大社だからかもしれません。

住吉大社はアクセスが良く比較的行きやすいのも魅力です。

南海電鉄の住吉大社駅がありますし、阪堺電気軌道の住吉鳥居前駅がありますので、あまりあるく歩くことなく訪れることができます。

通いにくければ多くの参拝者を集めることはできませんので、通いやすさという点も多くの参拝者を集めている理由の一つでしょう。

本殿の4棟は国宝にも指定されていて見ごたえはばっちりです。

他にも重要文化財や大阪府指定文化財に指定されたものなどがたくさんあります。

歴史ある住吉大社なので、歴史を感じられる建物や収蔵品を楽しむことができ、それも人を集めるゆえんです。

Sponsored Link

他の神社にはないご利益!?実は個性的な住吉大社

住吉大神は海の中から現れたので、海の神として信仰されています。

古くから漁業関係者や航海関係者に航海の安全や海の安全の奇岩がなされてきました。

古くは遣唐使が派遣される際には、航海の無事が祈られていたそうです。

海上安全の神としての信仰は、海上運送が盛んになった江戸時代には海上運送関係の人にも広まって信仰されるようになり、現在境内にある600基あまりの石燈籠の多くが運送専業の関係者から奉納されたものだそうです。

和歌の神としても信仰されています。これは住吉大社が白砂青松の風光明媚だということで歌に詠まれることが多く、和歌を志す人が参拝に訪れるようになったのが始まりのようです。

境内には多くの歌碑が建てられていて、和歌の神でも信仰されているのがよくわかるようになっています。

祓の神としても祭られています。住吉大神が現れたのが禊祓の最中だったということで、神道で大切な祓をつかさどる神となりました。

住吉大社の夏祭りである住吉祭は、単におはらいとも呼ばれています。

これは、祓いの神ということで崇敬されてきたことの表れです。日本中をお祓いする意義もあるなど、単なる祓いではありません。

このように、複数のことで崇拝されています。

アクセス便利な住吉大社!参拝時間や交通手段など概要

住吉大社はアクセスが便利なのもよいところです。

南海電鉄の住吉大社駅、住吉東駅、阪堺電気軌道の住吉鳥居前からすぐの場所にありますので、交通の便は非常に良いです。

正月期間や住吉祭を開催している時期は、周辺の交通が規制されることになり、公共交通機関しか利用できません。

したがって、これらの時期には鉄道を活用するのがアクセスがしやすいです。

開門は4月から9月までは午前6時で、それ以外の時期は午前6時30分です。

ただ、毎月一日と初辰日はそれ以外の次期であっても開門は午前6時となります。

閉門は、外周門は午後4時、御垣内午後5時となります。

正月期間や住吉祭の時期はそれぞれ異なる場合がありますので、事前に確認する必要があるでしょう。

住吉大社内の施設については、ホームページに詳しい営業時間がかかれているので、そちらを参照しましょう。

利用開始できる時間はそれぞれ異なりますが、いずれも閉門するまでには閉鎖されますので、利用する場合は時間に余裕を持つ必要があります。

有料駐車場はありますので、普段は車でアクセスすることもできます。

ただし前述のとおり、一定の時期は交通規制がされて有料駐車場が利用できなくなることには注意が必要です。

Sponsored Link

屋台も人気!初詣の屋台営業時間

初詣の屋台営業時間は、基本的に住吉大社が開かれている時間帯とリンクします。

大みそかの日は閉門はいつも通り5時に行われますが、22時に再び開門されます。閉門後に屋台の準備は行われますので、開門と同時に初もうでの屋台は利用できるようになっています。

そのまま元日は22時まで開門されているため、このときだけは24時間空いていることになります。

1月2日から3日は開門が午前6時、閉門が21時です。

4、5日になると閉門が18時までとなり、6日は17時までです。

それ以降は普段通りの開閉門になります。

大みそかから元日は屋台もやっている時間が長いですが、2日目からは大体午前10時ころから始まって閉門の1時間くらい前まで営業しているようです。

屋台では定番のベビーカステラや焼きそばなどいろいろあります。

珍しいのが七味唐辛子の屋台です。

例年出展されており、自分好みの辛さにブレンドして購入できるようになっています。お土産にピッタリです。

住吉大社は屋台を楽しみながら初詣ができますので、とても楽しめるでしょう。

駅からのアクセスもしやすく、行きやすいのも魅力です。祓の神としてご利益も非常に大きいので、初詣にお勧めの場所です。