今年こそクリスマスケーキを手作りしたい!誰でもできる簡単レシピ

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クリスマスケーキの手作りにチャレンジしてみたいという方も多いのではないでしょうか?

ケーキの作り方の手順は

材料として、デコレーションケーキ用のスポンジケーキ、ホイップクリームと果物を買います。

スポンジケーキはたぶん真ん中でスライスもしてあるはず。ホイップクリームは自分で泡だててもいいけど、泡だてて絞り袋に入って売ってるものもありどちらもスーパーで販売されています。

スポンジケーキにクリームを塗って、カットした果物…苺とか桃缶とか挟んでクリームを足してスポンジを乗せて、周りにクリームを塗ったあと、上の面に果物やらクリームやらで飾る。

とこんな感じになるのですが、少し手間がかかりそうですね…

でももっと簡単につくてる方法もあるんですよ!

その一例を紹介してみますね^^

ホットケーキミックスを使えば本格ケーキもこんなに楽ちん

クリスマスが近付いててくると、今年こそはクリスマスケーキを自分で手作りしたいという気持ちになるものの、面倒なので市販のケーキで済ませてしまうという人は少なくないでしょう。

手作りが面倒臭いと思ってしまう大きな理由の一つが、土台となるスポンジケーキを焼くのが難しいことです。

スポンジケーキは一見シンプルそうなのに、いざ自分で作ろうとすると上手く膨らまなかったり、外側が焦げ付いてしまったりすることがよくあるのです。

しかし、スポンジケーキを一から作るのではなく、ホットケーキミックスを素材として使うことにより、本格的なケーキを手軽に仕上げることが出来るようになります。

その作り方は簡単で、ホットケーキミックスに卵と砂糖を加えてからよく混ぜて、もったりするくらいの固さにしたものを型に入れ、180度のオーブンで25分から30分程度焼けば完成です。

そうやって作ったスポンジケーキを土台を何枚かに切り分け、生クリームを挟んだり、上からまとわせたりして、最後にいちごを乗せるとかなり見栄えの良い仕上がりになるでしょう。

また、薄く切ったスポンジケーキにクリームを塗って、小さく切ったフルーツなどの具を入れて撒くと、ロールケーキが出来上がります。

Sponsored Link

オーブンがなくてもケーキは作れる!レンジでチンするお手軽ケーキ

クリスマスケーキを手作りしたいと思っても、なかなか実行に移せない理由の一つが、自分の家にオーブンがないことです。ケーキを作るとなると、やはりオーブンで焼き上げるという印象があると言う人は大勢いるでしょうが、実はそれがなくても作ることは十分可能です。

オーブンがなくても電子レンジはあるという家庭は多いでしょうから、それを上手く使えば良いのです。

レンジでチンして作れるお手軽ケーキの代表例と言えるのがマグカップケーキです。

それを作る時にも、ホットケーキミックスを使えばとても簡単になります。

ホットケーキミックスに卵・牛乳・砂糖・サラダ油を適量加えてマグカップの中で良くかき混ぜてから、電子レンジで2分ほど加熱すれば完成です。

ただ、それだけでは見た目が寂しくてクリスマスには物足りないかも知れません。

そこで、よく泡立てた生クリームでデコレーションしたり、粉砂糖を雪のようにまとわせたりといった工夫をすると良いでしょう。

マグカップの中にチョコチップや潰したバナナを加えて、バナナチョコカップケーキにするというやり方も考えられます。

さらに、溶かしたチョコレートを混ぜることで、フォンダンショコラを手軽に作ることも可能です。

材料をそろえるのが面倒くさい?そんなときは市販のキットが大活躍

クリスマスにケーキを作るためには、普段の料理では使用しないようなものを含めて、色々な材料を揃えなければなりません。

そのため、自分で作りたいという気持ちはあるものの、それらの材料の準備が面倒臭くなって諦めてしまう人もいるでしょう。

そのような場合には、誰でも手軽に手作りが出来るように工夫が凝らされた、市販のキットを使うというやり方があります。クリスマスケーキ用の市販のキットには色々なタイプのものがあるので、自分の希望やスイーツ作りの腕前に合ったものを選ぶことが出来ます。

例えば、あまり手先が器用ではないので、出来るだけ自分で行う工程を減らしたいと思う人は、土台となるスポンジケーキやデコレーションするためのホイップされたクリームなどが、最初から用意されているキットを選ぶと良いでしょう。

クリームを塗るくらいしか自分でやることはありませんが、それでも手作りをしたという気になって、満足感を得ることが出来ます。

また、出来るだけ自分なりのケーキ作りがしたいという場合には、スポンジケーキの材料だけが入ったキットも用意されています。それを用いて作ったスポンジケーキに、自分で工夫してアレンジを施せば、より大きな満足感が得られるでしょう。

Sponsored Link

甘いものが苦手な彼にはお寿司ケーキでアイデア勝負

女性の中には、クリスマスケーキを手作りしようというやる気は十分なのに、一緒に食べて欲しい彼氏が甘いものが苦手なので、断念しなければならないと言う人もいるかも知れません。

そのような場合には少し視点を変えてみて、お菓子ではないクリスマスケーキを作るというやり方を検討するのが良いでしょう。

甘いものが好きではない男性が喜びそうな、お菓子ではないクリスマスケーキの代表例として挙げられるのが、ケーキのように見えるように工夫して作るお寿司、言うなればお寿司ケーキです。

お寿司というと握り寿司がイメージされやすいですが、この場合にはちらし寿司をベースにすると、よりクリスマスケーキっぽさが出ます。例えば、酢飯に食紅を加えてピンク色にし、それを土台にすると見た目が華やかできれいになります。

その土台に、錦糸卵で黄色い色を、いくらやサーモンで赤い色を、きゅうりで緑色をといったように様々な色を足して行けば、とても見栄えの良いお寿司ケーキが出来上がるでしょう。

また、色々なネタを使ってサンタやクリスマスツリーに見立てたデザインに仕上げたり、形に工夫を凝らしたりといったように、自分のアイデアを上手く生かして作れば、彼氏が大いに喜んでくれることが期待出来ます。