断熱材といえばグラスウール!適正価格を徹底検証!

グラスウール

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

こだわって購入した持ち家でも、住んでいるうちに後悔するポイントがでてきたり、
補修したい部分が出てきたりしますよね。
 
 
毎日過ごす我が家、リフォームして居心地の良い場所にしたいですよね。
 
 
居心地の良い環境にするには、断熱性は重要なポイントですよね。
 
 
断熱が不十分だと、夏は暑く冬は寒く、
さらに家の中で結露も起こりやすくなってしまいます。
 
 
せっかくリフォームをするなら断熱材をしっかりと施工したいものです。
 
 
と言っても色々とリフォームしたい部分はあるし、
断熱材にあまり莫大な費用はかけたくない…
 
 
そんな方の為に、断熱材の中でも比較的安価と言われる
グラスウールについてご紹介します!
 
 

断熱材のdiyを極める秘訣は床にあり!

断熱性能を高める為には、家をもれなく覆ってしまうように、
断熱材を施工することが重要です。
 
 
壁や屋根の断熱は以前から当然のようにされていましたが、
現在では床にも断熱材を施工した断熱性の優れた住宅が多く建てられています。
 
 
一箇所でも断熱が不十分な場所があると、断熱性能は一気に下がってしまいます。
 
 
床下からのすきま風、冬場の底冷え、お風呂のお湯がすぐに冷めてしまう…
こういったお悩みを抱えている住宅では、床に断熱材が施工されていないか、
断熱が不十分な可能性がありますので、一度確認してみましょう。
 
 
床下に断熱材がない住宅では、暖房をつけたとしても床は冷たく、
スリッパや厚手の靴下が必須になりますよね。
断熱材を施工することで床の表面温度は約6度も上昇し、
足元から身体が冷えてしまうことがなくなりますよ。
 
 
床に断熱材を追加することは、diyでも可能です。
 
 
少し大掛かりになっても構わない場合は、床材の張り替えを同時に行いましょう。
断熱材を床下の枠の大きさに合わせてカットし、
床下の木材の間に充填して、新しい床材を載せます。
 
 
床を剥がさずに施工する場合は、
床下に潜り込んで床の木材の間に断熱材をはめ込みます。
 
 
グラスウールを床に施工する際は、

*隙間なく施工すること
*垂れたり落ちてしまわないように金物を設置したり、
 ボードタイプを使用する
*湿気に弱い素材なので、室内側に防湿層を設ける
*湿気を閉じ込めてしまわない為に、十分な換気をしながら施工する

こういった点に注意して行いましょう。
 
 
グラスウールは比較的安価と言っても、価格は様々ですよね。
あまり安すぎるものでは効果が不安ですが、
口コミなどを参考にすると、
密度10キロのもので、厚さ50ミリ9.5坪分で7,000円~
厚さ100ミリ5坪分で10,000円
このあたりが適正価格と言えそうです。
 
 

Sponsored Link

断熱材のdiyの新たなルールは窓から変わる!

窓は家の中で、最も熱の出入りが激しいところだと言われています。
 
 
一般的なアルミサッシの窓の場合、気密性や断熱性が不十分で、
室内の温かい空気を約6割も逃がしてしまうのです。
 
 
これを防ぐには、新しい空気の層を作ることが有効です。
 
 
最近では、2重窓や3重窓が取り付けられている住宅も多く見かけるようになりましたね。
 
 
このような窓は、断熱性を高めるだけでなく、防音や結露防止にも効果を発揮します。
 
 
大手サッシメーカーから、現在ある窓に追加で施工できる商品が発売されており、
特殊な窓出ない限りは取り付けも簡単なので、diyも可能ですよ。
 
 
メリットは大きいのだろうけど、高価な窓を購入するのは厳しい…
もっと手軽にできる方法を知りたい!
 
 
そんな方には、窓ガラスに断熱シートを貼り付けるのがおすすめです。
 
 
断熱シートとはいわゆるプチプチのようなものですが、
緩衝用では効果があまりありませんので、断熱用のものを使用してくださいね。

 
 
また、窓ガラスだけでなく、アルミサッシからも熱は逃げていきますので、
サッシにも断熱用のテープ等を貼りましょう。
 
 

Sponsored Link

まとめ

断熱性を高めて、一年中健康に過ごすことができる、
居心地の良い家へとリフォームすることができると良いですね!