引っ越しの挨拶はどこまでしたらいいの?これで挨拶のマナーは完璧!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

夢のマイホームの購入や仕事の都合で

引っ越しをする機会は一度はあると思います。

そうなると気になるのは、引っ越しの挨拶まわりではないでしょうか?

「どこまで挨拶にいけばいいのかわからない。」

そんな方必見!

今回は引っ越しの挨拶の範囲などについてお話ししたいと思います。

引っ越し先のアパートや一軒家ではどこまで挨拶するべき?

引っ越し先で、これから関わりを持つことになる

ご近所さんには、挨拶に行くのがマナーです。

今後、良好な関係を築くためにも、

できる限り挨拶には行きましょう。

挨拶をする範囲は、自分達が生活していくうえで

関わりを持つ人に対しておこないます。

その範囲は一軒家と

アパートやマンションといった集合住宅で異なります。

まず一軒家の挨拶の範囲は

向こう三軒両隣」です!

この言葉の意味は

自宅から向かいの3軒と左右2軒のお宅を示しています。

それにプラスして、

新居の裏にもお宅があるようであれば、

そのお宅にも挨拶をしておきましょう。

ですから一軒家に引っ越した場合、

5軒から6軒が挨拶まわりの範囲となります。

あとは、引っ越し先の

自治会の有無についても調べておきましょう!

地域によって、自治会ごとにルールがあったり、

回覧板などをまわす地域もあるようです。

ですから自治会があるところでは、

その地域の自治会長さんにも

引っ越しの挨拶をしておくといいかと思います。

次にアパートやマンションの集合住宅です!

アパートやマンションの引っ越しの挨拶をする範囲は

上下と両隣」となります。

集合住宅の場合、特に上下階にする人への挨拶が重要です。

なぜかというと、足音や掃除機の音といった

生活音で迷惑をかけてしまう可能性があるからです。

後々トラブルにならないよう、

上下のお宅に住んでいる人への挨拶は必須といえます。

もちろんお隣さんも

顔を合わせる機会が多いと思うので、

忘れずに挨拶してくださいね。

Sponsored Link

引っ越しの粗品には何が人気なの?

引っ越しの挨拶でおくる粗品は

500円〜1,000円が相場です。

あまり金額が高いものをあげてしまうと、

逆に相手に気を遣わせてしまいます。

ですから、気軽に受けとれる金額の品を

粗品に選びましょう!

粗品で人気なものをいくつかご紹介します。

・お菓子

粗品として1番人気なのがお菓子です。

なかでも日持ちする

クッキーやおせんべいの詰め合わせを

粗品に選ぶ人が多いです。

詰め合わせであれば、

色々な種類のお菓子が入っていますし、

みんなで分け合って食べることもできますよね。

引っ越しの挨拶の粗品として

1番無難な品だと私は思います。

・洗剤類

これは主婦の人なら

もらって嬉しい品ではないでしょうか?

私は結構嬉しいです!

食器用洗剤や洗濯洗剤はほぼ毎日使います。

そのため、もらっても邪魔になりません。

・タオル

タオルも何枚あっても困らないアイテムです。

サイズや価格帯の種類が多いので、

自分の予算にあった品を見つけやすいと思います。

タオルが数枚入ったギフトセットを

挨拶まわりの粗品に選ぶ人が多いです。

引っ越しの挨拶に来られた!お返しはどうすればいいの?

まずはじめに答えを言ってしまうと

お返しはしなくてOKです!

なぜなら引っ越しの挨拶は

「これからよろしくお願いします」

という意味をこめてするものです。

そのためお返しは不要というのが基本です。

渡す側の人もそれをふまえて

気軽に受けとってもらえる粗品を選んでいると思います。

ですから

「ご丁寧にありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。」

などと言って、粗品を受け取ってしまってかまいません。

Sponsored Link

まとめ

新しい環境で、快適な生活を送りたいと思いますよね。

そのためには、引っ越しの挨拶まわりが必要です!

この挨拶まわりが

仲良くなるきっかけにつながる場合だってありますしね。

今回ご紹介したマナーを参考にして、

挨拶まわりに行ってみてください。