時候の挨拶で3月中旬に使いたい!卒業で先生へのお礼状も!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

3月も中旬になると、幼稚園の卒園式や小学校の卒業式などを迎えるご家庭が多くなりますね。

卒園や卒業のお祝いやお礼状、先生への感謝の手紙などに使える、季節の言葉を紹介します。

先生へのお礼のお手紙に使える時候の挨拶を、例文付きで紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

3月中旬の時候の挨拶のコツ

3月21日の春分の日を境に、使う言葉や季語などが変わってきます。

春分の日より前までを目安に、その年の気候などに合せて時候の挨拶を考えると分かりやすいですね。

3月中旬になると、寒さよりも暖かさを感じる日が増えてきます。朝晩はまだ冷え込むものの、日中は日差しの暖かさを感じる日も増えてきますね。

そんな季節を言葉でも感じるように

「解氷」「向春」などの春に向っていく言葉がいいでしょう。

「早春」「浅春」「初春」などは、春分の日よりも前までに使っておきたい言葉です。

先生や目上の方に送る手紙には、「拝啓」から始まり「敬具」で終わるようにしましょう。

あらたまった感じが出ます。

Sponsored Link

幼稚園の卒園:お世話になった先生へのお礼状

幼稚園は先生と子どもの距離が近く、第二のお母さんのような存在です。お母さん以外で初めてお世話になった先生です。

入園当初は泣いていた子ども、やんちゃで脱走しては先生を困らせていた子どもも、無事に卒園式を迎えるとなると、感動もひとしおです。

書き出しの例文

「早春の候、○○先生におかれましては卒園に際しますますご多忙かと存じます。」
「向春の候、○○幼稚園の皆様方におかれましてはご健勝とのことお喜び申し上げます」
「寒さもようやく衰えはじめ、ついに娘の卒園式となりました」

結びの例文

「日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、くれぐれもお体ご自愛ください」
「初春のみぎり、朝晩の冷え込みに風邪など召されませんようお過ごしください」
「卒園式に新学期の準備にとご多忙かと存じますが、くれぐれもお体を大切にお仕事されてくださいね」

Sponsored Link

小学校の卒業:お世話になった先生へのお礼状

6年もの長い年月を過ごした小学校の卒業は、我が子の成長をひしひしと感じますね。最終学年を受け持ってくださった先生は、卒業生のことをよく覚えているものです。

多くの生徒がいるなかで、それだけ気にかけてくださっているのですね。

卒業後も年賀状のやり取りなどが続くこともある、特にかかわりの深い先生だとも言えます。

先に紹介した卒園のお礼の言葉も参考になりますが、幼稚園の先生よりも年齢が高い場合もあります。

やや年配の先生に使える挨拶も紹介します。

やや年配の先生にも使える挨拶

書き出し
「梅の花も散り、桃の花のつぼみが膨らみ始めました。○○先生におかれましては変わらずご健勝のことと存じます」

結び
「暑さ寒さも彼岸までと申します、○○先生のますますのご盛栄をお祈り申し上げます」

あらたまった雰囲気が出て、いいですね。

Sponsored Link

お世話になった先生の異動がわかった時

公立学校の教職員の異動は、例年3月中旬に告示されます。

お世話になった先生が異動や退職となった時には、手紙の結びに新任地での活躍を祈る言葉を添えるといいですね。

結びの言葉
「年度末の慌ただしい最中、お体を大切に、新任地でのご活躍をお祈り申し上げます。」
「早春の息吹を感じる昨今、新天地でのますますのご活躍をお祈り申し上げます」

時候の挨拶+今後の活躍の祈り、という組み合わせです。

学校の先生だけではなく、新しい環境に変わる方に共通して使うことができますので、覚えておくと便利です。

Sponsored Link

まとめ

先生にお手紙を書く、と思うとどうしても気構えてしまいます。

しかし形式にこだわる必要はありません。

お礼のお手紙をきっかけに、我が子の成長を先生と一緒に分かち合うのもいいことです。

身の回りの出来事をうまく使うことで、友人や親しい間柄の人に向けたオリジナルな言葉で表現が簡単にできます。

時候の挨拶を使う時には、季節を感じることが大切です。

3月中旬でも、地方や年によっては、気温や気候が変化するのは当然です。

時候の挨拶は前後の時期の言葉もつかえるので、目を通しておくと選択肢が広がっていいですね。