時候の挨拶で1月中旬に使いたい言葉は?寒中見舞いに使える例文も!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

1月も中旬になると、お正月気分もだいぶ抜けてきますよね。

松の内が明けると、年賀状を出せなかった人などは寒中見舞いを出すようになります。

学校も三学期が始まり、役員さんはPTAの文書を作る機会が回ってくるかもしれません。

親戚や知り合いに成人式を迎える人がいたら、お祝いの手紙を送ったりもします。

そんな時の時候の挨拶に使える、1月中旬にふさわしい季節の言葉を紹介します。例文もあるので、参考にしてください。

1月中旬の時候の挨拶のポイント

1月中旬には、成人式の日や、どんど焼きなどのイベントがあります。

このようなイベントは季節限定のものなので、そのまま時候の挨拶に使うことができます。

成人の日は毎年変わるので、日にちを確認しておく方がいいですね。

成人の日:1月第2月曜

鏡開き:1月11日(地域によっては15日や他の日もあります)

どんど焼き(左義長):1月15日

小正月:1月14~16日の三日間(1月15日)

松の内:1月15日(関東では1月7日まで、地方により違いもあります)

小豆粥:1月15日の小正月に食べるといいです

これら日にち限定のイベントを意識して時候の挨拶に取り入れると使いやすいですね。

イベント以外にも気候を表す言葉として、「寒冷」「降雪」「寒風」「小寒」などがあり、使うことができます。

厳しい寒さが続きますね、やイベントにちなんだ言葉を使うことで、1月中旬の季節感が表現できます。

文書などに使える時候の挨拶

町内会や保護者会などの回覧用や配布用の文書を作成することもあります。

その年に初めて出す文書かどうかを確認しましょう。

その年に始めて出す文書の場合には、1月15日をめどにして、それまでに新年の挨拶を取り入れるといいです。

新年の挨拶を取り入れる場合

例文1:書き出し
「あけましておめでとうございます。皆様には健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます」
「寒冷のみぎり、今年の正月は例年以上に冷え込みました。皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じ上げます」
例文2:結び
「本年もよろしくお願い致します」
「皆様のご多幸をお祈りしますとともに、本年も変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます」

新年の挨拶を入れない場合

例文1:書き出し
「寒風の候、○○自治会各位におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます」
「成人の日も過ぎ寒さ厳しき折、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じ上げます」

寒中見舞いなどの手紙に使う例文

個人の手紙を送る場合には、寒さを表す言葉の外にもつかえる身近な言葉があります。

「振袖」「みかん」「インフルエンザ」などはこの季節の身近な風景や食べ物です。

時候の挨拶に上手に取り入れて、オリジナルな文章を作ってみましょう。

寒中見舞い

寒中見舞いを出す場合には、「寒中見舞い申し上げます」と書き出してから、その後に時候の挨拶をつなげるといいでしょう。

例文1:書き出し
「松の内の賑わいも過ぎ、寒さがまた一つレベルを上げたように感じます。皆様お変わりございませんか。」
「暖冬とはいえ、寒さが身にしみるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。」
例文2:結び
「これからさらに厳しい寒さになるようです。どうぞお体ご自愛くださいませ」
「今年もよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げます」

年賀状を出さなかった場合の寒中見舞いには、「今年もよろしくお願いいたします」といった言葉を付け加えるのもいいいですね。

その他のいろいろな手紙に使える例文

「新成人のにぎやかなお祝いも過ぎ、いよいよ街が正月から日常に戻ってきました。お風邪などひいていませんか。」

「今年もこたつから離れられない松の内を過ごしてしまいました。○○さんはいかがお過ごしでしたか」

「インフルエンザが猛威をふるっているようです。ますます寒くなるようなので風邪などひかないようお気を付けくださいね」

まとめ

1月中旬は1月15日の小正月を境にして、いよいよお正月気分が終わりになります。

成人式や小豆粥など、この時期限定のイベントや食べ物を挨拶に使うことで、季節感あふれる素敵な時候の挨拶になります。

無難に仕上げたい場合は、寒さを表現する言葉を使って挨拶を作れば問題ありません。

改まった場合や目上の方には、こちらの方がいいかもしれませんね。

1月下旬にむけてさらに寒さは厳しくなります。「厳冬」「極寒」など非常にきびしい寒さを表現する言葉は、次の機会に取っておいて、中旬らしい言葉を使いましょう。