時候の挨拶で2月中旬で使える言葉は?季節感を意識しよう!

読了時間

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2月中旬の時候の挨拶で使える言葉は?季節感を意識しよう!

家庭で暮らしていると、季節ごとの贈り物やお祝いごと、内祝いなどのやり取りの機会が多くあります。

いただいた贈り物のお礼の手紙や、贈り物に添える手紙などを素敵に書きたい、そんな時には冒頭と結びに季節の挨拶を入れてみましょう。

メールや電話で済ませてしまうことが多い挨拶ですが、時候の挨拶を取り入れることでグッと大人なお手紙になります。

今回は2月上旬から中旬に使う時候の挨拶を、例文付きで紹介します。

2月上旬に使える季節の言葉

・立春 2月4日
・晩冬
・残寒
上旬では立春がポイントです。立春を過ぎると暦の上では春になります。実際は厳しい寒さが残っている、と言うことを表す言葉を時候の挨拶に使うといいですね。

目上の方に使う時候の挨拶

目上の方や改まった手紙を送る場合には季語の後に、「~の折」「~の候」をつけると、文章が決まります。

「残寒の候、皆さまいかがお過ごしでしょうか」

季語とその後の言葉を組み合わせて、相手や自分に合った文章を作りましょう。

手紙の本文も時候の挨拶と文体を合せて書くようにしましょう。手紙が引き締まってきます。

友人・知人に使う時候の挨拶

友人や知人にはもうすこし砕けた言い方にしてもいいですね。

季語を交えるのは同じです。

「立春とは名ばかりの寒さが続きます」
「積雪の庭に梅のつぼみを見つけ春の訪れを感じました」

友人に送る手紙には、自分の身の回りの出来事を伝えてもいいですね。

オリジナルな時候の挨拶

2月上旬のイベントと言えば
・雪まつり
・節分・豆まき 2月3日
・初午 2月上旬
・受験間際

などがあります。これらを使って、オリジナルの挨拶を作ってみましょう。

「娘の高校受験も近づき、家の中に緊張感が漂っています」
「スーパーの売り場がカラフルなハートで彩られ、季節を実感します」

季節を感じるフレーズを入れると、なんでも時候の挨拶になります。
堅苦しく考えずに、身近な季節を言葉にしてみましょう。

結びの言葉

また手紙の終わりには、季節の言葉と相手への気遣いで結ぶことで、よい手紙となります。

「春とは名ばかりの寒さ厳しきこの時節、皆様ご元気でお過ごし下さい」
「余寒はまだまだ続きそうです。どうぞご自愛くださいませ」

と結ぶことできれいにまとまります。

言葉一つでこれだけの表現が出来る日本語はなんてすばらしいのでしょう。
少しづつでも意識して使っていきたいですね。

Sponsored Link

2月中旬に使える季節の言葉

2月10~20日頃が中旬です。厳密な区切りではないので、目安として考えて下さい。

立春を過ぎ暦の上では春になる2月中旬ですが、全国的にまだまだ寒さが厳しいです。

早く春が来ないかなあと感じる季節でもあります。そんな気持ちを手紙にも表してみましょう。

「余寒」「残寒」「春寒」「春雪」「残雪」などがよく使われる言葉です。

目上の方に使う時候の挨拶

「余寒厳しき折、ご機嫌のほどはいかかでしょうか」
「残雪がお肌をさすこのごろですが、お健やかにお過ごしでしょうか」
「春寒に震える昨今ですが、変わりなくご健勝のことと存じます」

より改まった書き方にすると

「残寒の候、皆様に置かれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」
「春雪のみぎり、○○様にはご壮健のこと何よりに存じます」

友人・知人に使う時候の挨拶

「2月も半ばとなり、日脚が徐々に伸びてまいりました」
「寒のもどりが厳しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか」

オリジナルな時候の挨拶

「節分も過ぎ、日差しに少し春の気配を感じられるようになったこの頃です」
「梅のつぼみもほころび始め、ようやく春の足音が近づいてきましたね」
「春雪が思わぬ大雪となり、また冬が舞い戻ってきたようです。」

漢語調の言葉を入れると簡単に作れます。あなたらしさを出したいなら、口語体の挨拶がいいでしょう。

結びの言葉

「まだまだ寒さが厳しい折ですが、くれぐれもご自愛ください。」
「立春とは申しますが、ご家族皆様お風邪など召しませぬようお気を付け下さい。」
「お互い良き春を迎えられることをお祈りします。」

文頭で使った時候の挨拶にあわせて、結びの言葉を選びましょう。

Sponsored Link

まとめ

今ではメールや電話で簡単に連絡を取ることができ、改めて手紙を書く機会が少なくなっています。

せっかく挨拶やお礼状を送るのなら、正式な手紙の形に則って相手に送ってみましょう。

親戚や友達への手紙にも、時候の挨拶を取り入れてみてもいいですね。

2月の時候の挨拶は、新年度が始まるというタイミングでもあります。

疎遠になってしまった友人や知人、恩師などに手紙を出すいい機会です。

時候の挨拶はコミュニケーションのツールとして身につけておいて損はありません。

2月中旬はまだまだ寒さが残りますが、春を待ち遠しく感じる頃です。

関東辺りまでは梅のつぼみも見え始め、春を意識した挨拶に使えます。

大雪が降った後など無理に春めいた言葉を使うと違和感があるので、天候や地方によって使い分けでみるといいでしょう。

手紙を書いた後に読み返して、文頭と文末に不自然な言い方がないか、確認してから投函しましょうね。